エアロスミス ニュース&Wiki etc.

エアロスミス (Aerosmith) は、マサチューセッツ州ボストン市を拠点に活動するハード・ロック/ヘヴィメタル・バンド。 (出典:Wikipedia)

「エアロスミス」Q&A

  • Q&A

    70,80年代の洋楽HR/HM専門のラジオとかあったりしませんか? 具体的にはディー…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年2月14日 01:56

  • Q&A

    洋楽のタイトル教えてください 店の有線?でかかってました僕でも聞き覚えがあるので有名…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年2月11日 15:53

  • Q&A

    ジョジョについて スタンドって、自由に大きさを変えられるんですよね? 例えば、ジョセ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年2月6日 20:19

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「エアロスミス」のつながり調べ

  • ヒップホップ音楽の歴史

    ヒップホップ音楽の歴史から見たエアロスミス

    ランD.M.C.が、ハードロックバンドのエアロスミスとコラボレーションした曲「Walk This Way」は、ロックとヒップホップの融合の一例である。この曲はMTVでヘビーローテーションとなり、ビルボードのトップ5になった最初のヒップホップの楽曲と考えられている。1984年、デフ・ジャムレコーディングスは、ランD.M.C.のジョセフ・シモンズの兄弟、ラッセル・シモンズによって創設された、最初の独立系ヒップホップ・レーベルであった。デフ・ジャムからデビューしたビースティ・ボーイズは、1987年のアルバム「Licensed to Ill」で、ブラック・サバスやレッド・ツェッペリンの曲をサンプリングした。続く1989年のアルバム「Paul's Boutique」でもサンプリングが多用され、ユーモラスなパンチラインとセンテンスがラップされた。このことは、ヒップホップ界にブレイクビーツやスクラッチという手法以上に、サンプリングの可能性を見せた。同レーベルからはLL・クール・Jも成功を収めた。(ヒップホップ音楽の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 竹松舞

    竹松舞から見たエアロスミス

    実はロックも好き。デビュー当時、『炎』誌で酒井康と対談し、デフ・レパードが好きと語っていたが、典型的なヘヴィ・メタルは苦手らしい。自身の作品にもエアロスミス「エンジェル」、ジョン・レノン「イマジン」、ビートルズ「ノルウェーの森」「サムシング」といった曲を収録した。(竹松舞 フレッシュアイペディアより)

「エアロスミス」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「エアロスミス」のニューストピックワード