308件中 91 - 100件表示
  • トラッシュ (アリス・クーパーのアルバム)

    トラッシュ (アリス・クーパーのアルバム)から見たエアロスミスエアロスミス

    ボン・ジョヴィとの仕事で知られるデズモンド・チャイルドがプロデュースした。本作のレコーディングには、過去にアリス・クーパーのバンドのメンバーだったキップ・ウィンガーやケイン・ロバーツに加えて、ボン・ジョヴィやエアロスミスのメンバーも参加している。トラッシュ (アリス・クーパーのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ニューヘイブン (コネチカット州)

    ニューヘイブン (コネチカット州)から見たエアロスミスエアロスミス

    2003年に取り壊されるまでは、ニューヘイブン・コロシアム(New Haven Coliseum)はロック・コンサートのメッカであった。コロシアムではエアロスミス、グレイトフル・デッド、ブルース・スプリングスティーンなど様々なアーティストが公演を行なった。取り壊し後は、こういった公演はブリッジポートのアリーナ・アット・ハーバー・ヤード(Arena at Harbor Yard)で行なわれるようになった。ニューヘイブン (コネチカット州) フレッシュアイペディアより)

  • トミー・セイヤー

    トミー・セイヤーから見たエアロスミスエアロスミス

    1984年8月、Black 'n Blueはエアロスミスのバック・イン・ザ・サドル・ツアーで前座を務め、同年11月には来日。トミー・セイヤー フレッシュアイペディアより)

  • ラダー (イエスのアルバム)

    ラダー (イエスのアルバム)から見たエアロスミスエアロスミス

    エアロスミスやボン・ジョヴィで有名なブルース・フェアバーンがプロデュースした最後のアルバム。ラダー (イエスのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ウォルサム (マサチューセッツ州)

    ウォルサム (マサチューセッツ州)から見たエアロスミスエアロスミス

    エアロスミス ? ロックバンド、1970年代のボストン地域からデビュー、ウォルサムにウェアハウスと呼ぶスタジオがあったウォルサム (マサチューセッツ州) フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・レイヴン

    マリオン・レイヴンから見たエアロスミスエアロスミス

    彼女の苗字は海賊に由来し、またRavnは英語表記でRaven(カラス)という意味にもなり彼女の芸名とロゴに使われている。女性歌手と共にノルウェーでポップデュオM2Mとして活躍。M2Mは2002年に解散。その後、レイヴンは2005年に世界市場向けにアルバム『Here I am』を発表。ソロのポピュラーロックシンガーとして再デビューした。2006年にはアメリカのインディーズレーベルEleven Seven Musicと契約しアルバム『Heads Will Roll』を制作。2007年に入ってからは欧州市場を開拓すべく『Set me free』を発表。ドイツ、イギリス、オランダなどを重点的にプロモーション活動を行っている。その音楽性はアラニス・モリセット、エアロスミス、AC/DC、フィオナ・アップル、フリートウッド・マック、ジャニス・ジョプリン、サラ・マクラクランなどの影響を受けている。マリオン・レイヴン フレッシュアイペディアより)

  • The Bunny's

    The Bunny'sから見たエアロスミスエアロスミス

    The Bunny's(ザ・バニーズ)は、日本のロックバンド。ローリング・ストーンズ、AC/DC、エアロスミス、キャロルなどの普遍的なロックをベースにしている。The Bunny's フレッシュアイペディアより)

  • ヘビメタさん

    ヘビメタさんから見たエアロスミスエアロスミス

    熊田曜子 - 番組では「21世紀のメタルクイーン」を目指すために猛勉強していた。メタルのことを全然知らないと発言したが、エアロスミスは大好き。2005年7月26日放送分(テレビ東京)では初めてギタープレイを披露。ヘビメタさん フレッシュアイペディアより)

  • サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド

    サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドから見たエアロスミスエアロスミス

    2007年5月23日、アメリカのオーディション番組『アメリカン・アイドル』シーズン6のフィナーレにて、ケリー・クラークソンとエアロスミスのギタリスト、ジョー・ペリーがこの曲をビートルズメドレーの中で演奏した。サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド フレッシュアイペディアより)

  • ブラッド・ギルス

    ブラッド・ギルスから見たエアロスミスエアロスミス

    19歳の時、地元サンフランシスコのファンク・ロック・バンド:ルビコンのジェリー・マルティーニと、後にナイト・レンジャーに参加するジャック・ブレイズから誘いを受け、オーディションの末、加入する。1978年にアルバム『RUBICON』でデビューを果たすこのバンドは、同じくサンフランシスコで活躍していたタワー・オブ・パワーのような音楽性だったこともあって、このアルバムではまだブラッドらしい派手なプレイは聴くことはできなかった。続く2ndアルバム『AMERICA DREAMS』(1979年)ではロック色が強くなっており、ブラッドのギター・パートも格段に増えていたが、アルバムを聴く限りでは、後にトレードマークともなるアーミング・プレイは未だ開拓されていなかったと言える。このルビコンはエアロスミスなどと共にカリフォルニア・ジャム2にも出演した。ブラッド・ギルス フレッシュアイペディアより)

308件中 91 - 100件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード

  • ハリウッド・ヴァンパイアーズ スペシャルラインナップ・フェア

  • ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

  • Hard Rock Cafe Tokyo