308件中 101 - 110件表示
  • ランクセス・アレーナ

    ランクセス・アレーナから見たエアロスミスエアロスミス

    1998年に完成。ハンドボール・ブンデスリーガのVfLグマースバッハのホームアリーナであり、2007年の世界男子ハンドボール選手権の決勝会場であった。また、コンサートとしての使用も多く、エアロスミス、マライア・キャリー、ブリトニー・スピアーズ、バックストリート・ボーイズ、デスティニーズ・チャイルド、ブルース・スプリングスティーン、カイリー・ミノーグなど数多くのアーティストがコンサートを行った。ランクセス・アレーナ フレッシュアイペディアより)

  • バズ・オズボーン

    バズ・オズボーンから見たエアロスミスエアロスミス

    ワシントン州モンテサノ出身。少年時代より、エアロスミスやテッド・ニュージェントに傾倒していたが、やがてパンク・ロックにも関心を持ち始める。高校時代、同級生であるマイク・ディラード、マット・ルーキンとともにバンドを結成。当初は、ジミー・ヘンドリックスやザ・フーなどのカバー・バンドとして活動していたが、のちに自作の楽曲も発表するようになった。ディラードが一身上の都合でバンドを離脱したのち、後にバンドで二人三脚で活動していくこととなるデイル・クローヴァーを新たなメンバーとして迎え入れる。バズ・オズボーン フレッシュアイペディアより)

  • 藤田琢己

    藤田琢己から見たエアロスミスエアロスミス

    東京の三多摩生まれ。中学・高校時代をカリフォルニア州で過ごす。帰国後は都立国際高校へ編入。卒業後はテニスコーチをしていた。その後、得意の英会話を生かし、マライア・キャリーやエアロスミスなど、数々の来日アーティストのインタビュアーを担当し、やがてラジオDJとしても活動するようになる。藤田琢己 フレッシュアイペディアより)

  • むらなが吟

    むらなが吟から見たエアロスミスエアロスミス

    2001年渡米。グレッグ・オールマンバンド、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのメンバーらとサンフランシスコにてレコーディング。エンジニアにエアロスミス、Mr.Big等を手掛けるトムサイズが参加。帰国後ミニアルバム「No Name Blues」発売。同年度より、NHK-FM「FMトワイライト」のパーソナリティを4年間務める。むらなが吟 フレッシュアイペディアより)

  • 第36回グラミー賞

    第36回グラミー賞から見たエアロスミスエアロスミス

    Livin' On The Edge - エアロスミス第36回グラミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • エース・フレーリー

    エース・フレーリーから見たエアロスミスエアロスミス

    フレーリーは、ハワード・スターンのPPV番組に2005年に出演した際、自身がキッスを脱退したのは少なくとも部分的にはシモンズとスタンレーがエアロスミスの前座をやりたがり、実際に1974年の3月24日と4月7日に前座を務めたからだと述べた。それまでキッスは最大のライバルの前座を務めたことは無かった。実際には、この2バンドは共演を楽しんだ。ジョー・ペリーはツアーの終盤で2回「ストラッター (Strutter)」で共演し、キッスのメンバー以外では唯一ステージ上でキッスと共演した者となった。フレーリーはまた、セイヤーを彼が作り出したキャラクターに起用することは「問題ではない。なぜなら、そのキャラクターを作り出したのは自分だからだ」と述べた。フレーリーはスターンの番組に自身の映画『Remedy』のDVDリリースについて話をするつもりで出演したが、スターンはキッスの話をし続けたため、フレーリーのマネージャが番組に電話し、キッスに対する言及は「エースを立腹させる」と述べた。舞台裏では、フレーリーは『Kiss & Tell』(ゴードンG.G.ジェバート、ボブ・マックアダムス著)や『Into The Void... With Ace Frehley』(ウェンディ・ムーア著)については言及しないという条件で番組出演に同意していた。スターンの番組スタッフはゴードン・ジェバートとボブ・マックアダムスを電話で待機させて、フレーリーと対決させようとしていた。また、スターンは何度もフレーリーに、彼がジーン・シモンズを嫌っていると言わせようともした。フレーリーはこれには「それは違うな。俺はジーンを大好きだよ。」と答えた。フレーリーは隠されていた対決を知ると、番組出演を途中でやめた。ゲイリー・デラベイトは「フレーリーのインタビューはハワード・スターンの汚点の一つとなるもの」で、「私がここで働いている限り2度とフレーリーは戻ってこないだろう」と述べた。エース・フレーリー フレッシュアイペディアより)

  • ワイアード (アルバム)

    ワイアード (アルバム)から見たエアロスミスエアロスミス

    本作発表後のツアーは、1976年5月23日のロンドン、ラウンドハウス公演から始まる。ツアーはヤン・ハマー・グループとのジョイント・ツアーの形で行われた。7月からのアメリカ・ツアーではエアロスミスとも共演している。本ツアーの様子は次作『ライヴ・ワイアー』で発表されることとなる。ワイアード (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 山本潤

    山本潤から見たエアロスミスエアロスミス

    趣味は、ゴルフと舞台・映画鑑賞、料理、トライアスロンで、特技はトランペット、跳び箱、パン作り(ブレッドマイスター取得)である。好きな言葉は「一期一会」、「小さなことは流行に従い、大きなことは道徳に従い、芸術は自分に従う」。好きなアーティストはエアロスミスとレッド・ホット・チリ・ペッパーズ、オアシス。高校野球好き、プロ野球の読売巨人軍のファンでもある。山本潤 フレッシュアイペディアより)

  • ホンキン・オン・ボーボゥ

    ホンキン・オン・ボーボゥから見たエアロスミスエアロスミス

    『ホンキン・オン・ボーボゥ』(Honkin' on Bobo)は、エアロスミスが2004年に発表したカバー・アルバム。ホンキン・オン・ボーボゥ フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス濃縮極極ベスト

    エアロスミス濃縮極極ベストから見たエアロスミスエアロスミス

    『エアロスミス濃縮極極ベスト』(エアロスミスのうしゅくごくごくベスト、原題:Devil's Got a New Disguise - The Very Best of Aerosmith)は、アメリカのロックバンド、エアロスミスのベスト・アルバム。スペシャル・トラックとして、新録された2曲が加えられている。ゲフィン・レコード時代の音源も収録し、レーベルを超えて収録されている。エアロスミス濃縮極極ベスト フレッシュアイペディアより)

308件中 101 - 110件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード