308件中 141 - 150件表示
  • 鶴 (バンド)

    鶴 (バンド)から見たエアロスミスエアロスミス

    バンドの音楽性の基盤となっているのはTHE YELLOW MONKEYであることを公言しており、高校生時代にTHE YELLOW MONKEYのコピーバンドを結成して音楽活動を始めた経緯がある。また、秋野はCHAGE and ASKA、神田はCHAGE and ASKA・Earth, Wind & Fire・Aerosmith、笠井はMr.Children・山下達郎・ユニコーン・advantage Lucyに、それぞれ影響を受けたと語っている。音楽性はファンクにも影響を受けており、最初にファンクに触れたのがJackson 5の「I Want You Back」であることを公言している。ただ「I Want You Back」は、どちらかというとファンクというより、典型的なモータウン製のポップソウルである。。鶴 (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • JILL

    JILLから見たエアロスミスエアロスミス

    1960年1月25日、東京都台東区生まれ。高校時代に見たエアロスミスやKISSの来日公演を見て、ロックに目覚める。その後アマチュアバンドを経て、1983年、本田毅(ギタリスト)とNOTHING PERSONALを結成。その後、渡邉貢(ベーシスト)と藤田勉(ドラマー)を加え、1984年6月、PERSONZを結成。ライブハウスを中心にライブ活動を展開しインディーズで人気を博す。1986年、アナーキーのギタリストで元夫の逸見泰成に刺され重傷を負う。1987年9月に復帰し、PERSONZのヴォーカルとしてデビュー。現在もPERSONZでの活動を続けている。また1993年12月には初のソロアルバムを発表し、ソロのヴォーカリストとしても活躍している。JILL フレッシュアイペディアより)

  • 空山基

    空山基から見たエアロスミスエアロスミス

    エアロスミス『ジャスト・プッシュ・プレイ(Just Push Play)』「Sexy Robot #22」がアルバムのジャケットとして使用された。空山基 フレッシュアイペディアより)

  • きーぽん

    きーぽんから見たエアロスミスエアロスミス

    日本史と三国志の書物を好む。音楽では洋楽ロックが好きで、特にエアロスミス、ボン・ジョヴィのファン。日本のロックではB'zのファン。きーぽん フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・グリーン (ミュージシャン)

    ピーター・グリーン (ミュージシャン)から見たエアロスミスエアロスミス

    1967年にリーダー・グループ、ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マックを結成、グリーンは演奏と作曲面でも中心的存在を担った。1968年にマイク・ヴァーノンのブルー・ホライゾンとレコーディング契約、CBSからファースト・アルバム『ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マック』を発表する。同年発表のシングル曲「ブラック・マジック・ウーマン」は、後にサンタナのアルバム『天の守護神』(1970年)でカヴァーされた。1968年8月発表のセカンド・アルバム『ミスター・ワンダフル』には、後にゲイリー・ムーアやエアロスミスがカヴァーした「ストップ・メッシン・ラウンド」収録。1968年11月にリリースしたシングル「アルバトロス (あほうどり)」が翌年、全英1位のヒットとなる(2008年にはギター・アンビエント・ミュージックとして再評価されている)。また1970年のシングルEP「グリーン・マナリシ」は、後にジューダス・プリースト『殺人機械』(1978年)でカヴァーされた。ピーター・グリーン (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • ニーロ・セヴァネン

    ニーロ・セヴァネンから見たエアロスミスエアロスミス

    ハードロック/ヘヴィメタルの楽曲に初めて触れたのは、7歳の頃にラジオ番組で聴いた、キッスかW.A.S.P.の楽曲だった。しかしながら、それから音楽への興味は失っていったという。12歳の頃に、クイーンやエアロスミスを聴いて、再び音楽への興味を持つようになった。この時期によく聴いたアルバムとして、ニーロはメタリカの『メタリカ』、『ライド・ザ・ライトニング』、セパルトゥラの『ケイオスA.D.』を挙げている。1994年に、ニーロはタパニ・ペソネンと他の友人2名の計4名でバンド活動を始める。この時点で、ニーロには楽器の経験がなかったが、タパニが既にギターとドラムセットの演奏ができ、メタリカの楽曲を複数演奏できるほどであったため、ニーロがベースを担当することが決まる。夏ごろには、バンド名をPaiseに決めている。このPaiseは、メタリカやニルヴァーナ、セパルトゥラといったヘヴィメタルバンドの楽曲や、フィンランドのパンク・ロック・バンドの楽曲を演奏するコピーバンドであった。オリジナル楽曲も書いていたが、パンクロックの楽曲が主であった。ニーロ・セヴァネン フレッシュアイペディアより)

  • ビルボード

    ビルボードから見たエアロスミスエアロスミス

    ビルボードの知名度を世界的なものに押し上げた人気ラジオ番組「American Top 40」もこのような流れの中で、HOT100がセールス重視を打ち出したのとほぼ時を同じくしてHOT100をチャートソースから外し、エアプレイ主体のランキングに切り替えたものの、その後は同じくエアプレイ主体である「ラジオ&レコーズ」をチャートソースとする「Rick Dees Weekly Top40」や「Casey's TOP40」に人気を奪われる形となり、1995年にいったん番組が打ち切られてしまう。1998年に復活した「American Top 40」もビルボードではなく、ラジオ&レコーズのCHR/Pop Chartをチャートソースに使うようになってしまった。また、1998年にはグー・グー・ドールズの「Iris」が、8月1日付けのチャートから12月5日付けまでの間、10月3日付けのエアロスミスの「I Don't Want to Miss a Thing」を除いて約4ヶ月に渡り、HOT100 AIRPLAY史上最長となる18週1位を記録したのだが、発売されていないということを理由にランキングに載せられていないという事態が発生。このような状況の中、ビルボードは1998年12月5日付で、エアプレイとセールスの比率を3:1に再変更した。この初のチャートで「Iris」は9位にランクインした。ビルボード フレッシュアイペディアより)

  • デッド オア アライブ2

    デッド オア アライブ2から見たエアロスミスエアロスミス

    エアロスミス "Dream On" ソニー・ミュージックレコーズデッド オア アライブ2 フレッシュアイペディアより)

  • パール・ジャム

    パール・ジャムから見たエアロスミスエアロスミス

    ニール・ヤングを敬愛している。ニール・ヤングのアルバム『Mirror Ball』にメンバー全員がサポートとして参加したり、ライブでは彼の曲のカバーを何度も演奏するなどしている。また、他にもザ・フーやザ・クラッシュなど、ライブでは彼らが支持するバンドのカバー曲をたびたび演奏している。逆に、パティ・スミスやR.E.M.などにより曲をカバーされることもある。他に影響を受けたアーティストとして、ザ・ドアーズ、レッド・ツェッペリン、ピンク・フロイド、キッス、エアロスミス、ラモーンズ等を挙げている。パール・ジャム フレッシュアイペディアより)

  • 野獣生誕

    野獣生誕から見たエアロスミスエアロスミス

    野獣生誕 (原題:Aerosmith)は、アメリカのロックバンド、エアロスミスのファースト・アルバム。1973年1月発売。日本の発売元はソニー・ミュージックレコーズ。野獣生誕 フレッシュアイペディアより)

308件中 141 - 150件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード