308件中 171 - 180件表示
  • パパにはヒ・ミ・ツ

    パパにはヒ・ミ・ツから見たエアロスミスエアロスミス

    ポールの甥。ポールの死後、エアロスミスの追っ駆けを理由にヘネシー家にバンを止め、そこで暮らしていたが追っ駆けをやめてそのままヘネシー家に居着いてしまう。最初は自分のバンで寝てたが、ジムのタバコの不始末により燃やされてしまい、一時期は地下室のジムと同じ部屋で寝泊りをしていた。ずっと定職に就かずブラブラしていたが、失恋とケイトの励ましを機にカレッジスクールへ入学。学生寮に住むことになりヘネシー家から独立すると見られたが、すぐに舞い戻ってしまう(寮にいた頃も、スクールが近所なために食事をヘネシー家の世話になっていた)。しかし、スクールには通い続けているようで、モールの警備員などの色々な職業にもつく。C.J.がなんの略かは不明だが、ブリジットに『死ぬほど邪悪なチクリ魔』と皮肉られた事がある。パパにはヒ・ミ・ツ フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市九電記念体育館

    福岡市九電記念体育館から見たエアロスミスエアロスミス

    クイーンやキッス、エアロスミス、エルトン・ジョンなどといった海外のアーティストが福岡国際センターが完成するまでコンサートでも使用していたほか、プロレス、プロボクシングなどの興行も行われていた。プロボクシングでは1975年3月27日のWBC世界ジュニアライト級選手権:柴田国明 対 オールド・マクルフィー(アルジェリア)戦、2006年1月29日のWBC世界フェザー級選手権:池仁珍(大韓民国) 対 越本隆志戦などがこの体育館で開催され、近年でも亀田和毅・黒木優子のダブルユース王座戦などが行われている。福岡市九電記念体育館 フレッシュアイペディアより)

  • ディープ・パープル マシン・ヘッド・トリビュート:リ・マシンド

    ディープ・パープル マシン・ヘッド・トリビュート:リ・マシンドから見たエアロスミスエアロスミス

    プロデュースは、レッド・ツェッペリンやエアロスミス、アイアン・メイデンらを手がけてきたケヴィン・シャーリーが担当している。ディープ・パープル マシン・ヘッド・トリビュート:リ・マシンド フレッシュアイペディアより)

  • 冴木 杏奈

    冴木杏奈から見たエアロスミスエアロスミス

    アルマゲドン?愛のテーマ-I (SONYMUSIC/1999)ANという歌手名でリリース、エアロスミスの「ミス・ア・シング」の日本語カバー冴木杏奈 フレッシュアイペディアより)

  • ナンシー・スパンゲン

    ナンシー・スパンゲンから見たエアロスミスエアロスミス

    17歳で家を出てニューヨークに移り住む。タイムズスクエアの近くでストリッパー、さらに売春宿で働く。当時はエアロスミス、ニューヨーク・ドールズ、ラモーンズなどのファンであった。1977年にロンドンに移住し、セックス・ピストルズに出会う。リードシンガーのジョニー・ロットンは彼女を嫌い、遠ざけようとしたが、彼女はシド・ヴィシャスについて回り、やがて一緒に生活するようになった。ナンシー・スパンゲン フレッシュアイペディアより)

  • シャキーラ

    シャキーラから見たエアロスミスエアロスミス

    2002年9月に"Whenever, Wherever"のスペイン語版である"Suerte"でMTV Video Music Awardsの"International Viewer's Choice Award"(現在は廃止)を受賞した。そして、その年の10月には"MTV Video Music Awards Latin America"の5つの賞、すなわち最優秀女性アーティスト、最優秀ポップアーティスト、最優秀アーティスト(北部)、ビデオ・フォー・イヤー(「Suerte」によって)、アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞した。また、同年のエアロスミスのMTV Iconにて「Dude (Looks Like A Lady)」を歌った。更にセリーヌ・ディオン、アナスタシア、シェール、ディクシー・チックスなどとも共演した。シャキーラ フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンエイジ・ヒップホップ

    ゴールデンエイジ・ヒップホップから見たエアロスミスエアロスミス

    この時期、ヒップホップの人気が高まると共に、次々と新たなスタイルと様式が出現してきた。Run-D.M.C.は、エアロスミスの代表曲の一つ「ウォーク・ディス・ウェイ」で、スティーヴン・タイラー、ジョー・ペリーの2人と共演を果たした。今では珍しく無くなってきたロックとヒップホップの融合ではあるが、この共演はその先駆け的存在である。また、1985年の「ショウストッパ」を発表した黒人女性トリオのソルト・ン・ペパが登場した。1986年には、初めて西海岸ヒップホップが音楽シーンに登場した、アイスTの「シックスン・ダモーニング」が発表された。この曲は、後のNWAらのギャングスタ・ラップの足がかりとなった。1987年にパブリック・エネミー、翌年にはブギ・ダウン・プロダクションズがデビューを果たした。両者ともラジカルで政治的な作品を世に送り出した。1988年と89年には、ネイティブタン一派がアルバムを発表し、意識の高いヒップホップも登場。彼らの楽曲はジャズバンドの音をサプリングし、そこに多様で風変わり、かつ政治的な色合いを帯びた詩をのせたものであった。また70年代から活動していたアフリカ・バンバータによるズールネーションが発したアフリカ中心主義思想からも、大きな影響を受けていた。1988年、パブリック・エネミーの2枚目のアルバムが発売され、当時のヒップホップアルバムのとして賞賛を受ける。彼らの特徴は、無機質なトラックに、過激な政治的歌詞が絡み合うことで、それまでのヒップホップではあまり見られなかった、新しい楽曲を提供したことにある。ゴールデンエイジ・ヒップホップ フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・スコット・ソート

    ジェフ・スコット・ソートから見たエアロスミスエアロスミス

    エアロスミス//Cryin'、One Way Streetをカヴァー。ジェフ・スコット・ソート フレッシュアイペディアより)

  • 菊地英昭

    菊地英昭から見たエアロスミスエアロスミス

    エアロスミスのギタリストであるジョー・ペリーを敬愛しており、彼のスタイルはジョーの影響を強く受けている。菊地英昭 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァン・ヘイレン

    ヴァン・ヘイレンから見たエアロスミスエアロスミス

    バンドはパサデナを中心に、ロサンゼルスやハリウッドなどのクラブでライヴを重ね、徐々に人気を集めていく。この頃のレパートリーは、ディープ・パープルやキッス、ZZトップ、エアロスミスなどのカヴァー曲を中心に、オリジナルを織り交ぜたものだった。ヴァン・ヘイレン フレッシュアイペディアより)

308件中 171 - 180件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード