308件中 11 - 20件表示
  • クラシック・ロック・ロール・オブ・オナーズ賞

    クラシック・ロック・ロール・オブ・オナーズ賞から見たエアロスミスエアロスミス

    イベント・オブ・ザ・イヤー:エアロスミスクラシック・ロック・ロール・オブ・オナーズ賞 フレッシュアイペディアより)

  • モトリー・クルー

    モトリー・クルーから見たエアロスミスエアロスミス

    9月にはメンバー全員がドラッグを絶ち、初めて正常な状態で制作された5thアルバム "Dr.Feelgood" を発表。エアロスミスのスティーヴン・タイラー、スキッド・ロウ、ブライアン・アダムスらがゲストとして参加したこのアルバムは遂に全米チャート第1位を記録し、アメリカだけで700万枚以上のセールスを記録した。収録曲の「ドクター・フィールグッド」と「キックスタート・マイ・ハート」はグラミー賞のベスト・ハード・ロック・パフォーマンスにノミネートされるも受賞は逃している。10月からのワールドツアーでは、ヴィンスは白衣を羽織りナスティ・ハビッツはナース姿で歌い踊り、ナース姿の観客も見られることもあった。トミーのステージ衣装は、ほぼTバックの黒のレザーブリーフ一丁というものであった。(サポート・アクトはホワイト・ライオン、スキッド・ロウ、ウォレント、ファスター・プッシーキャットなど)モトリー・クルー フレッシュアイペディアより)

  • ウォーク・ディス・ウェイ

    ウォーク・ディス・ウェイから見たエアロスミスエアロスミス

    「ウォーク・ディス・ウェイ」(Walk This Way)は、1975年8月28日に発売されたエアロスミスのシングル。発売元はColumbia Records。邦題は「お説教」(おせっきょう)。ウォーク・ディス・ウェイ フレッシュアイペディアより)

  • ミス・ア・シング

    ミス・ア・シングから見たエアロスミスエアロスミス

    「ミス・ア・シング」 (I Don't Want to Miss a Thing) はアメリカのロック・バンドであるエアロスミスが1998年に発表したパワー・バラード。ミス・ア・シング フレッシュアイペディアより)

  • リヴ・タイラー

    リヴ・タイラーから見たエアロスミスエアロスミス

    リヴ・ラングレン・タイラー(Liv Rundgren Tyler, 1977年7月1日 - )は、アメリカ合衆国の女優。父親はロックバンド、エアロスミスのボーカルのスティーヴン・タイラー。母親はモデルのビビ・ビュエル。リヴ・タイラー フレッシュアイペディアより)

  • アルマゲドン (映画)

    アルマゲドン (映画)から見たエアロスミスエアロスミス

    ヒロイン役のリヴ・タイラーの父親スティーヴン・タイラーが率いるエアロスミスが歌うテーマ曲「ミス・ア・シング (I DON'T WANT TO MISS A THING)」も全米ヒットチャートで4週連続1位を記録した。アルマゲドン (映画) フレッシュアイペディアより)

  • トーキング・モジュレーター

    トーキング・モジュレーターから見たエアロスミスエアロスミス

    トーキング・モジュレーターは1970年代から使用され始め、ピーター・フランプトン、ロジャー・トラウトマン、初期のエアロスミスやリッチー・サンボラ、ヤン・アッカーマン、ジェフ・ベック、ジョー・ウォルシュ、スティーヴィー・ワンダーらの使用で有名になった。トーキング・モジュレーター フレッシュアイペディアより)

  • IN THE LIFE

    IN THE LIFEから見たエアロスミスエアロスミス

    稲葉は「アメリカのロックバンドを意識した」と述べている。実際、エアロスミスの楽曲「What It Takes」に酷似していると指摘されている。IN THE LIFE フレッシュアイペディアより)

  • AC/DC

    AC/DCから見たエアロスミスエアロスミス

    1976年、バンドはアトランティック・レコードと世界規模のレコード契約を結ぶ。これによりバンドはレインボー、キッス、エアロスミス、スティクス、ブルー・オイスター・カルトらの前座としてイギリス、ヨーロッパのスタジアムクラスの会場をサーキットすることとなる。1976年9月28日には「ハイ・ヴォルテージ」と「T.N.T.」の楽曲から再構成されたコンピレーション・アルバム『High Voltage』をアトランティック・レコードから全世界でリリース、現在まで600万枚以上を売り上げている。同年には、早くも次のアルバム『悪事と地獄 (Dirty Deeds Done Dirt Cheap)』をリリース。このアルバムは現在流通している通常盤の他にオーストラリア盤が存在し、ジャケットと収録曲がそれぞれ異なっている(なお、このアルバムがアメリカでリリースされたのは1981年であり、その前年に発売され、売れに売れていた『バック・イン・ブラック(Back in Black)』の余波を受けて、この作品もロングセラーを記録している)。この様なバージョン違いの存在は、次のアルバム『ロック魂 (Let There Be Rock)』まで続いている。AC/DC フレッシュアイペディアより)

  • カート・コバーン

    カート・コバーンから見たエアロスミスエアロスミス

    離婚後、最初は父の元へ引き取られる。トレーラーハウスの中で、ブラック・サバス、レッド・ツェッペリン、エアロスミスを聴いて育ち、自身の音楽に強く影響を与えた、と後に何度かインタビューで語っている。カート・コバーン フレッシュアイペディアより)

308件中 11 - 20件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード