255件中 11 - 20件表示
  • キッス

    キッスから見たエアロスミスエアロスミス

    日本においては1970年代後半を代表するバンドとしてエアロスミス、クイーンと共に「ミュージック・ライフ」誌などで特集が組まれ、大人気であったが、このころからバンド内部の衝突も起こりはじめた。キッス フレッシュアイペディアより)

  • ジョーン・ジェット

    ジョーン・ジェットから見たエアロスミスエアロスミス

    American Top 40もこれに続き、ポリス、クイーン、エアロスミス達と帯同したツアーは、ソールドアウトとなった。ジェットは1969年、ルーマニアのブラッド・スウェット・アンド・ティアーズに続き、あらゆるジャンルを含めて鉄のカーテンを越えて演じた2人目のアメリカ人となった。彼女は、パナマとドミニカ共和国でプレイした最初の英語圏ロッカーの1人でもある。ジョーン・ジェット フレッシュアイペディアより)

  • IN THE LIFE

    IN THE LIFEから見たエアロスミスエアロスミス

    稲葉は「アメリカのロックバンドを意識した」と述べている。実際にエアロスミスの楽曲「What It Takes」に酷似している。IN THE LIFE フレッシュアイペディアより)

  • イゴル・ツクロヴ

    イゴル・ツクロヴから見たエアロスミスエアロスミス

    オペラツィヤ・トリユンフ(Operacija trijumf)は、エンデモルのタレント・オーディション番組「フェイム・アカデミー」のバルカン・バージョンであり、スロベニアを除く旧ユーゴスラビア連邦構成各国、セルビア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、マケドニア共和国から参加者が集まる。番組は2008年9月28日に始まった。これに参加してツクロヴの多彩な歌唱は広く知れ渡るところとなった。番組ではツクロヴはアンドレア・ボチェッリの「コン・テ・パルティロ」などのオペラを歌う一方で、ローリング・ストーンズの「悲しみのアンジー」やエアロスミスの「I Don't Want to Miss a Thing」といったロックも歌った。ツクロヴらオペラツィヤ・トリユンフの参加者たちは、ベオグラードで行われたゴラン・カラン(Goran Karan)のコンサートを支援し、「Stand by Me」を歌ったイゴル・ツクロヴ フレッシュアイペディアより)

  • AC/DC

    AC/DCから見たエアロスミスエアロスミス

    1976年、バンドはアトランティック・レコードと世界規模のレコード契約を結ぶ。これによりバンドはレインボー、キッス、エアロスミス、スティクス、ブルー・オイスター・カルトらの前座としてイギリス、ヨーロッパのスタジアムクラスの会場をサーキットすることとなる。1976年9月28日には「ハイ・ヴォルテージ」と「T.N.T.」の楽曲から再構成されたコンピレーション・アルバム『High Voltage』をアトランティック・レコードから全世界でリリース、現在まで300万枚以上を売り上げている。同年には、早くも次のアルバム『悪事と地獄 (Dirty Deeds Done Dirt Cheap)』をリリース。このアルバムは現在流通している通常盤の他にオーストラリア盤が存在し、ジャケットと収録曲がそれぞれ異なっている(なお、このアルバムがアメリカでリリースされたのは1981年であり、その前年に発売され、売れに売れていた『バック・イン・ブラック(Back in Black)』の余波を受けて、この作品もロングセラーを記録している)。この様なバージョン違いの存在は、次のアルバム『ロック魂 (Let There Be Rock)』まで続いている。AC/DC フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たエアロスミスエアロスミス

    マーティ・フリードマンはB'zの曲風について、B'zとアメリカのロックバンド・エアロスミスとを比較し、「B'zはエアロよりも現代的な音であり、東洋的なメロディーや繊細なアレンジなどはエアロには無理である。またエアロはブルースが基本であるが、B'zは日本的な歌謡曲の作り方である。」と評している。B'z フレッシュアイペディアより)

  • ミュージックステーション

    ミュージックステーションから見たエアロスミスエアロスミス

    上記の演歌同様、積極的には扱っておらず、80年代には聖飢魔IIやEARTHSHAKER、ハードロック路線だった頃の浜田麻里・SHOW-YA、1989年7月14日にE・Z・Oが全米ツアー中に現地生中継で出演しており、90年代にはX JAPAN・筋肉少女帯・DIR EN GREYが出演。海外のバンドでは1996年にキッス、1997年にエアロスミスが出演した程度である。2002年8月9日にSEX MACHINEGUNSが出演したのを最後に国内外のヘヴィメタルバンドの出演は無くなっている。ミュージックステーション フレッシュアイペディアより)

  • モトリー・クルー

    モトリー・クルーから見たエアロスミスエアロスミス

    9月にはメンバー全員がドラッグを絶ち、初めてシラフで制作された5thアルバム「Dr.Feelgood」を発表。エアロスミスのスティーヴン・タイラー、スキッド・ロウ、ブライアン・アダムスらがゲストとして参加したこのアルバムは遂に全米チャート第1位を記録し、アメリカだけで700万枚以上のセールスを記録した。収録曲の「ドクター・フィールグッド」と「キックスタート・マイ・ハート」はグラミー賞のベスト・ハード・ロック・パフォーマンスにノミネートされるも受賞は逃している。10月からのワールドツアーでは、ヴィンスは白衣を羽織りナスティ・ハビッツはナース姿で歌い踊り、ナース姿の観客も見られることもあった。トミーのステージ衣装は、ほぼTバックの黒のレザーブリーフ一丁というものであった。(サポート・アクトはホワイト・ライオン、スキッド・ロウ、ウォレント、ファスター・プッシーキャットなど)モトリー・クルー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・タイラー

    スティーヴン・タイラーから見たエアロスミスエアロスミス

    スティーヴン・ヴィクター・タラリコ(Steven Victor Tallarico、1948年3月26日 - )は、ロックバンド「エアロスミス」のボーカリスト。アメリカ・ニューヨーク出身。イタリア系アメリカ人である。イタリアとウクライナ系ユダヤ人(当時はロシア)とインディアンのチェロキー族の血筋。大きな口が特徴。ジョー・ペリーと共にソングライティングを手掛けており、バンドのフロントマンである。身長177cm。スティーヴン・タイラー フレッシュアイペディアより)

  • アルマゲドン (映画)

    アルマゲドン (映画)から見たエアロスミスエアロスミス

    主題歌: エアロスミス 「I DON'T WANT TO MISS A THING」アルマゲドン (映画) フレッシュアイペディアより)

255件中 11 - 20件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード