255件中 31 - 40件表示
  • ロブ・ボードン

    ロブ・ボードンから見たエアロスミスエアロスミス

    小学時代に、母親とエアロスミスのコンサートを見に通っていたことをきっかけにドラムスをプレイし始める。その後、アゴーラ高校でアゴーラ・ヒルズの中学時代からの親友であるブラッド・デルソンとRelative Degreeを結成。Relative Degreeは間もなくして解散したが、すぐに高校の同級生のマイク・シノダとリンキン・パークの前身であるSuper Xeroを結成。さらに、ブラッドがUCLA時代に部屋を共有していたフェニックス、マイクがアート・センター・カレッジ・オブ・デザインで知り合っていたジョー・ハーン、オリジナルボーカリストのマーク・ウェイクフィールドが加わってXeroとなる。その後の詳細はリンキン・パークを参照。ロブ・ボードン フレッシュアイペディアより)

  • ブレンダン・オブライエン

    ブレンダン・オブライエンから見たエアロスミスエアロスミス

    1990年初頭にはロサンゼルスでキャリアを積むために、アトランタを離れゲフィン・レコーズのリック・ルービン (Rick Rubin) の元で働くようになった。リックの元、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ の『 ブラッド・シュガー・セックス・マジック 』ではレコーディングとミキシングを担当し、全米最高3位 7x マルチ・プラチナムを獲得し、世界総売り上げは1,200万枚以上に及んだこのアルバムの成功で彼の名前は瞬く間に業界に知れ渡り、その後数多くの依頼が殺到するようになった。他にも1993年にはエアロスミスの『 ゲット・ア・グリップ 』でエアロスミス史上初の全米アルバム・チャート1位を記録し7x マルチ・プラチナムを獲得するなど、1990年代前半のビッグ・セールスに結びついたロック・アルバムに関わる事によって知名度だけではなく、実力も発揮し始めてパール・ジャム、ストーン・テンプル・パイロッツ、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、オーディオスレイヴなどのプロデュースを手がけ、そのいずれも成功を収めた。ブレンダン・オブライエン フレッシュアイペディアより)

  • BPM (レーベル)

    BPM (レーベル)から見たエアロスミスエアロスミス

    そういった近田のレコード会社の変遷を経て、1986年(昭和61年)、当時の新興レコード会社SIXTY RECORDS内に近田春夫が設立した、ヒップホップ専門レーベルである。近田がヒップホップに踏み切った背景には、同年8月のRun-D.M.C.『Walk This Way』のヒットがあった。同曲は、Run-D.M.C.が1975年(昭和50年)のエアロスミスのヒット曲を、スティーヴン・タイラーとジョー・ペリーを迎えてカヴァーしたもので、ビルボード・ホット100の5位以内にチャートイン(最高位4位)した初めてのヒップホップであった。BPM (レーベル) フレッシュアイペディアより)

  • 石田雪乃

    石田雪乃から見たエアロスミスエアロスミス

    カラオケが大好きで、邦楽・洋楽を問わず、レパートリーは200曲にのぼる。エアロスミスの熱狂的ファンという事は、モデル業界では有名な話。石田雪乃 フレッシュアイペディアより)

  • マイク・シプリー

    マイク・シプリーから見たエアロスミスエアロスミス

    これまでにクイーンやAC/DC、ライナム、ジョニ・ミッチェル、カーズ、ミートローフ、デフ・レパード、フロック・オブ・シーガルズ、ウィンガー、ザ・クラッシュ、ヴァン・ヘイレン、ザ・コアーズ、アンバーリン、キム・カーンズ、ケリー・クラークソン、シャナイア・トゥエイン、ブロンディ、エアロスミス、トム・ペティ、フォリナー、ディーヴォ、チープ・トリック、ジミー・バーネス、エンリケ・イグレシアス、 ティム・マッグロウ、マルーン5、ベアネイキッド・レディース、ベルリン、フェイス・ヒル、ニッケルバック、マイケル・ボルトン、ローナン・キーティング、トーマス・ドルビー、リック・オケイセック、ジェファーソン・エアプレイン、グリーン・デイ、ブレスト・バイ・ア・ブロークン・ハート、ブラック・クロウズ、アリソン・クラウス、ケイシー・チェンバース、パパ・ローチ、ショーン・コルヴィン、ジョン・ウェイト、マイ・ケミカル・ロマンスなどといった、さまざまなアーティストのプロデュースやミックスに携わってきた。マイク・シプリー フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・ボーグル

    ボブ・ボーグルから見たエアロスミスエアロスミス

    ロサンゼルスの老舗ライブハウス"House Of Blues"で、ナンシー・シナトラやジョニー・リヴァースが飛び入りでゲスト参加したライブを行ったときのこと、たまたまグラミー賞のプレゼンターとしてロス入りしていたエアロスミスのメンバー全員が訪れ、ライブ後楽屋に表敬訪問した際、ベースのトム・ハミルトンがボブの所に来て、「ボブさん、ベースを教えて下さい!」と言って来たという。ライブでボブが弾いていた幾つかのフレーズを教えて欲しいと熱心に聴いてきたという。その後もエアロスミスとはライブに招待するなどの交流が続いている。ボブ・ボーグル フレッシュアイペディアより)

  • ブラッド・ギルス

    ブラッド・ギルスから見たエアロスミスエアロスミス

    8歳の時にギターを手にし、ジミ・ヘンドリックス、ジェフ・ベックと言ったギタリスト達をコピーし、あらゆるロックギターのテクニックを身につけたブラッドは、19歳の時オーディションの末、地元サンフランシスコのファンク・ロック・バンド:ルビコンへ加入する。1978年にアルバム『RUBICON』でデビューを果たすこのバンドには、後にナイト・レンジャーに参加するジャック・ブレイズも在籍していたが、同じくサンフランシスコで活躍していたタワー・オブ・パワーのような音楽性だったこともあって、このアルバムではまだブラッドらしい派手なプレイは聴くことはできなかった。続く2ndアルバム『AMERICA DREAMS』(1979年)ではロック色が強くなっており、ブラッドのギター・パートも格段に増えていたが、アルバムを聴く限りでは、後にトレードマークともなるアーミング・プレイは未だ開拓されていなかったと言える。このルビコンはエアロスミスなどと共にカリフォルニア・ジャム2にも出演した。ブラッド・ギルス フレッシュアイペディアより)

  • むらなが吟

    むらなが吟から見たエアロスミスエアロスミス

    2001年渡米。グレッグ・オールマンバンド、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのメンバーらとサンフランシスコにてレコーディング。エンジニアにエアロスミス、Mr.Big等を手掛けるトムサイズが参加。帰国後ミニアルバム「No Name Blues」発売。同年度より、NHK-FM「FMトワイライト」のパーソナリティを4年間務める。むらなが吟 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地英昭

    菊地英昭から見たエアロスミスエアロスミス

    エアロスミスのギタリストであるジョー・ペリーを敬愛しており、彼のスタイルはジョーの影響を強く受けている。菊地英昭 フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・フェアバーン

    ブルース・フェアバーンから見たエアロスミスエアロスミス

    ハード・ロック・バンドのアルバムに携わる事が多く、全世界で3000万枚売れたと言われるボン・ジョヴィの『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』や、低迷していたエアロスミスの人気を復活させたと言われる『パーマネント・ヴァケイション』など、商業的な成功を得た作品が多い。他にもAC/DCの『レイザーズ・エッジ』、ヴァン・ヘイレンの『バランス』、キッスの『サイコ・サーカス』などを手掛ける。ブルース・フェアバーン フレッシュアイペディアより)

255件中 31 - 40件表示