308件中 31 - 40件表示
  • チープ・トリック (1977年のアルバム)

    チープ・トリック (1977年のアルバム)から見たエアロスミスエアロスミス

    エアロスミスとの仕事で知られるジャック・ダグラスがプロデュースを担当。リック・ニールセンは、ジョン・レノンにプロデュースを依頼していたが、それは実現しなかった。本作は発表当時は成功を収められず、本国アメリカではBillboard 200へのランク・インを果たせなかった。チープ・トリック (1977年のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ロキュメンタリー

    ロキュメンタリーから見たエアロスミスエアロスミス

    MTVでは1980年代から1990年代はじめにかけて、ロキュメンタリーと題したシリーズを流した。主なミュージシャンは、AC/DC(1991年)、エアロスミス(1990年)、エリック・クラプトン(1990年)、デフ・レパード(1988年、1992年)、ドン・ヘンリー(1990年)、ロッド・スチュワート(1988年)、ピンク・フロイド(1989年)、モトリー・クルー(1989年)、ジェネシス(1992年)、メタリカ(1992年、1996年)、ローリング・ストーンズ、マドンナ、レッド・ツェッペリン、ドアーズ、ヴァン・ヘイレン等。ロキュメンタリー フレッシュアイペディアより)

  • 石田雪乃

    石田雪乃から見たエアロスミスエアロスミス

    カラオケが大好きで、邦楽・洋楽を問わず、レパートリーは200曲にのぼる。エアロスミスの熱狂的ファンという事は、モデル業界では有名な話。石田雪乃 フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・フェアバーン

    ブルース・フェアバーンから見たエアロスミスエアロスミス

    ハード・ロック・バンドのアルバムに携わる事が多く、全世界で3000万枚売れたと言われるボン・ジョヴィの『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』や、低迷していたエアロスミスの人気を復活させたと言われる『パーマネント・ヴァケイション』など、商業的な成功を得た作品が多い。他にもAC/DCの『レイザーズ・エッジ』、ヴァン・ヘイレンの『バランス』、キッスの『サイコ・サーカス』などを手掛けた。ブルース・フェアバーン フレッシュアイペディアより)

  • BPM (レーベル)

    BPM (レーベル)から見たエアロスミスエアロスミス

    そういった近田のレコード会社の変遷を経て、1986年(昭和61年)、当時の新興レコード会社SIXTY RECORDS内に近田春夫が設立した、ヒップホップ専門レーベルである。近田がヒップホップに踏み切った背景には、同年8月のRun-D.M.C.『Walk This Way』のヒットがあった。同曲は、Run-D.M.C.が1975年(昭和50年)のエアロスミスのヒット曲を、スティーヴン・タイラーとジョー・ペリーを迎えてカヴァーしたもので、ビルボード・ホット100の5位以内にチャートイン(最高位4位)した初めてのヒップホップであった。BPM (レーベル) フレッシュアイペディアより)

  • ドロー・ザ・ライン

    ドロー・ザ・ラインから見たエアロスミスエアロスミス

    ドロー・ザ・ライン("Draw the Line")はアメリカのロックバンド、エアロスミスの5thアルバム。1977年12月発売。日本の発売元はソニー・ミュージックレコーズ。ドロー・ザ・ライン フレッシュアイペディアより)

  • タイラー

    タイラーから見たエアロスミスエアロスミス

    スティーヴン・タイラー (Steven Tyler) - エアロスミスのヴォーカルタイラー フレッシュアイペディアより)

  • スコント・スタディオン

    スコント・スタディオンから見たエアロスミスエアロスミス

    2008年にエアロスミスとメタリカが共演したライブには3万以上の観衆が集まった。スコント・スタディオン フレッシュアイペディアより)

  • プラクティス・ホワット・ユー・プリーチ

    プラクティス・ホワット・ユー・プリーチから見たエアロスミスエアロスミス

    バンドは1990年3月よりサヴァタージやニュークリア・アソルトと共に北米ツアーを行い、サンフランシスコのウォーフィールド・シアターで行われた公演では、サヴァタージのジョン・オリヴァとクリス・オリヴァをゲストに迎えてエアロスミスのカヴァー「ノーバディーズ・フォルト」を演奏した。なお、テスタメントのギタリストであるアレックス・スコルニックは、後にクリス・オリヴァの後任としてサヴァタージに加入する。プラクティス・ホワット・ユー・プリーチ フレッシュアイペディアより)

  • GN'Rライズ

    GN'Rライズから見たエアロスミスエアロスミス

    "Nice Boys"はRose Tattooの、"Mama Kin"はエアロスミスのそれぞれカバーである。GN'Rライズ フレッシュアイペディアより)

308件中 31 - 40件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード