255件中 41 - 50件表示
  • アバター・スタジオ

    アバター・スタジオから見たエアロスミスエアロスミス

    このスタジオを使用したメジャー・アーティストには、ウォルター・ベッカーやキンクス、エアロスミス、カウンティング・クロウズ、キングス・オブ・レオン、マーク・アンソニー、B-52's、トニー・ベネット、マイケル・ブレッカー、ディーヴォ、ボン・ジョヴィ、ダイアー・ストレイツ、デュラン・デュラン、ドリーム・シアター、ブルース・スプリングスティーン、ジョン・レノン、スローイング・ミュージズ、セルジュ・ゲンスブール、ザ・ストロークス、ブライアン・アダムス、バーナデット・ピーターズ、パット・メセニー、キース・ジャレット・トリオ、ニール・ヤング、ハリー・コニック・ジュニア、イギー・ポップ、マドンナ、ジャーニー、ジョージ・マイケル、ベティ・カーター、Sum 41、ジョン・メイヤー、モービー、ヴァネッサ・ウィリアムス、ブロンディ、ポーキュパイン・トゥリー、シック、ジョーン・ジェット、デヴィッド・ボウイ、ラスト・シャドウ・パペッツ、ザ・ランブル・ストリップス、トレイ・アナスタシオ、ヘリックス、カーズィム・アッサーヒル、ギャング・スターのほか、このスタジオからバンド名を付けたパワー・ステーションなどがいる。アバター・スタジオ フレッシュアイペディアより)

  • スパイナル・タップ

    スパイナル・タップから見たエアロスミスエアロスミス

    大まかなバンドのイメージはレッド・ツェッペリン、ジューダス・プリースト、エアロスミス辺りから取られているものと思われる。スパイナル・タップ フレッシュアイペディアより)

  • 1950年の音楽

    1950年の音楽から見たエアロスミスエアロスミス

    6月21日 - ジョーイ・クレイマー(、ドラマー、エアロスミス1950年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • アナーキー (バンド)

    アナーキー (バンド)から見たエアロスミスエアロスミス

    当時はBOØWYやTHE ROOSTERSといったバンドと仲が良かった。特にBOØWYの氷室京介とギターのシンイチは、映画「裸の24時間」で競演したり、ヤマハ主催のバンドのコンテストにアナーキーが参加した際に氷室も高校の同級生の松井常松達とデスペナルティというバンドで参加していたり、BOØWYのデビュー当時のキャッチコピーが「エアロスミスとサザンオールスターズとアナーキーを足して割ったバンド」と呼ばれていた過去があったりと因縁深い。アナーキー (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • エグザイル (アメリカ)

    エグザイル (アメリカ)から見たエアロスミスエアロスミス

    次のシングル、「ユー・スリル・ミー」(You Thrill Me, 同じく『ミクスト・エモーションズ』よりシングルカット)は、前作ほどにヒットはしなかったものの、1週のみトップ40入りしている。バンドは、エアロスミス・ハート・ ボストンといった'70年代後半の著名なポップ・アーティストたちと共に、アメリカ合衆国ばかりでなくヨーロッパやアフリカなどへもツアーを行った。エグザイル (アメリカ) フレッシュアイペディアより)

  • キャンドルボックス

    キャンドルボックスから見たエアロスミスエアロスミス

    キャンドルボックスは激しいライブ・パフォーマンスでも知られ、リヴィング・カラーやフレーミング・リップス、アワ・レディ・ピース、ラッシュ、ヘンリー・ロリンズ、エアロスミス、ゴッドスマック、メタリカなどとツアーをまわった。また、かれらはウッドストック 1994のメインステージやレイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマンでも演奏した。w:en:Candleboxキャンドルボックス フレッシュアイペディアより)

  • セイレーン (栗本薫)

    セイレーン (栗本薫)から見たエアロスミスエアロスミス

    20世紀の日本と25?26世紀の銀河宇宙を舞台とした表題作「セイレーン」は、栗本の長編SF『メディア9』、『レダ』と同じ未来史に属する物語である。また、作者によりB.G.M.が指定されており、物語の進行順に「たそがれマイラブ」(大橋純子)、「シンデレラ・ハネムーン」(岩崎宏美)、「みずいろの雨」(八神純子)、「ワンス・アポン・ナ・タイム」(ドナ・サマー)、「タロット・ウーマン」「スターゲイザー」「ア・ライト・イン・ザ・ブラック」(以上ブラックモアズ・レインボー)、「ドリームオン」(エアロスミス)となっている。セイレーン (栗本薫) フレッシュアイペディアより)

  • ACID LOVE

    ACID LOVEから見たエアロスミスエアロスミス

    ギター。本名:大谷まり。3月23日生まれ。東京都出身。血液型:A型。1986年にバンド「SCHOOL DAZE」でデビュー。1990年には、元「GANGLAND」、「RAJAS」、「MINAKO with WILD CATS」のベーシストだったNONこと山本倫子(旧姓:河内)らと「Betty Blue」を結成して再デビューした。 ACID LOVE解散後は、エアロスミスのトリビュートバンド「エアロざます。(AEROZAMATH)」を結成。ACID LOVE フレッシュアイペディアより)

  • スパイダーマンのテーマ

    スパイダーマンのテーマから見たエアロスミスエアロスミス

    2002年と2004年に公開された実写版スパイダーマンでは大道芸人が歌っているシーンがある。『スパイダーマン』ではオリジナル音源とエアロスミスによるカバーバージョンがオリジナルサウンドトラックに収録され、『スパイダーマン2』にはマイケル・ブーブレによるカバーバージョンが主題歌として用いられた。スパイダーマンのテーマ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・レイヴン

    マリオン・レイヴンから見たエアロスミスエアロスミス

    彼女の苗字は海賊に由来し、またRavnは英語表記でRaven(カラス)という意味にもなり彼女の芸名とロゴに使われている。女性歌手マリット・ラーセンと共にノルウェーでポップデュオとして活躍。M2Mは2002年に解散。その後、レイヴンは2005年に世界市場向けにアルバム『Here I am』を発表。ソロのポピュラーロックシンガーとして再デビューした。2006年にはアメリカのインディーズレーベルEleven Seven Musicと契約しアルバム『Heads Will Roll』を制作。2007年に入ってからは欧州市場を開拓すべく『Set me free』を発表。ドイツ、イギリス、オランダなどを重点的にプロモーション活動を行っている。その音楽性はアラニス・モリセット、エアロスミス、AC/DC、フィオナ・アップル、フリートウッド・マック、ジャニス・ジョプリン、サラ・マクラクランなどの影響を受けている。マリオン・レイヴン フレッシュアイペディアより)

255件中 41 - 50件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード