255件中 61 - 70件表示
  • ビッグ・ワンズ

    ビッグ・ワンズから見たエアロスミスエアロスミス

    『ビッグ・ワンズ』(Big Ones)は、エアロスミスが1994年に発表したベスト・アルバム。ビッグ・ワンズ フレッシュアイペディアより)

  • ライヴ・ブートレッグ

    ライヴ・ブートレッグから見たエアロスミスエアロスミス

    『ライヴ・ブートレッグ』(Live! Bootleg)は、エアロスミスが1978年に発表したライヴ・アルバム。ライヴ・ブートレッグ フレッシュアイペディアより)

  • サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド

    サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドから見たエアロスミスエアロスミス

    2007年、ブライアン・アダムスとステレオフォニックスはアルバム内の2つのバージョンの曲を「It Was 40 Years Ago Today」というテレビ向けに録音した。このテレビでは現代のアーティストがアルバムの曲をオリジナルと同じスタジオ、録音技術を使って録音するというものである。2007年5月23日、アメリカン・アイドルのシーズン6のフィナーレにてケリー・クラークソンとエアロスミスのギタリスト、ジョー・ペリーがこの曲をビートルズメドレー中に演奏した。サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド フレッシュアイペディアより)

  • タトゥード・ミリオネア

    タトゥード・ミリオネアから見たエアロスミスエアロスミス

    アイアン・メイデンとは異なり、ポップ・メタル色の強い作風で、音楽評論家のアレックス・ヘンダーソンは、allmusic.comにおいてウィンガー、ボン・ジョヴィ、デフ・レパード、エアロスミス、バッド・カンパニーといったバンドを引き合いに出している。本作に参加したヤニック・ガーズ(元ホワイト・スピリット?ギラン)は、ほどなくエイドリアン・スミスの後任としてアイアン・メイデンに加入した。タトゥード・ミリオネア フレッシュアイペディアより)

  • ルージャ・マグドルナ

    ルージャ・マグドルナから見たエアロスミスエアロスミス

    Top 2: Road Runner(エアロスミス)(フィナーレ・ウィーク)ルージャ・マグドルナ フレッシュアイペディアより)

  • アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ

    アルティメイト・エアロスミス・ヒッツから見たエアロスミスエアロスミス

    『アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ』(原題:O, Yeah! Ultimate Aerosmith Hits)は、エアロスミスが2002年に発表した2枚組ベスト・アルバム。アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ フレッシュアイペディアより)

  • ジャスト・プッシュ・プレイ

    ジャスト・プッシュ・プレイから見たエアロスミスエアロスミス

    『ジャスト・プッシュ・プレイ』(JUST PUSH PLAY)は、アメリカのロックバンド、エアロスミスが2001年に発表したアルバム。オリジナル・アルバムとしては通算13作目で、1997年の『ナイン・ライヴス』以来4年ぶりとなる。ジャスト・プッシュ・プレイ フレッシュアイペディアより)

  • サドウスキー

    サドウスキーから見たエアロスミスエアロスミス

    トム・ハミルトン (エアロスミス)サドウスキー フレッシュアイペディアより)

  • メリー・アックスマス

    メリー・アックスマスから見たエアロスミスエアロスミス

    ヴァイは1996年より本作の構想を練り、エアロスミス等のA&Rとして知られるの協力を得て、参加ギタリストを選んだ。主にアメリカ人ギタリストが中心だが、イギリスのジェフ・ベック、カナダのアレックス・ライフソン、日本の布袋寅泰(本作での名義は「HOTEI」)も参加している。ブライアン・セッツァー・オーケストラによる「ジングル・ベル」は、フィル・ラモーンがプロデューサーを務めており、このヴァージョンは、前年の1996年に公開された映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』で使用されていた。メリー・アックスマス フレッシュアイペディアより)

  • オーティス・ラッシュ

    オーティス・ラッシュから見たエアロスミスエアロスミス

    コブラ・レーベルに残した初期の録音、"All Your Love"や"Double Trouble"などは彼の代表曲となっている。ロックのギタリストを中心に、影響を受けたミュージシャンは多い。エリック・クラプトンも大きな影響を受けた一人で、ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ時代に"All Your Love"を、またソロになってから"Double Trouble"、"Groaning The Blues"をカヴァーしている。スティーヴィー・レイ・ヴォーンは、バンド名をオーティスの曲名から「Double Trouble」と名付けている。意外な所ではエアロスミスが"All Your Love"をカバーしている。オーティス・ラッシュ フレッシュアイペディアより)

255件中 61 - 70件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード