255件中 71 - 80件表示
  • ステファン・サグマイスター

    ステファン・サグマイスターから見たエアロスミスエアロスミス

    ステファン・サグマイスター(Stefan Sagmeister、1962年 オーストリア・ブレゲンツ - )は、現在アメリカ合衆国ニューヨーク市を拠点に活動しているグラフィックデザイナーである。デザイン事務所「Sagmeister Inc.」主宰。音楽関連の仕事がよく知られ、ルー・リード、ローリング・ストーンズ、デヴィッド・バーン、エアロスミス、パット・メセニーのCDカヴァーなどを制作している。ステファン・サグマイスター フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・アイドル (シーズン10)

    アメリカン・アイドル (シーズン10)から見たエアロスミスエアロスミス

    アメリカン・アイドルシーズン10は2011年1月からアメリカのFOXで放送されたオーディション番組。日本ではFOXbs238で放送された。司会は前回に引き続きライアン・シークレスト。審査員はランディ・ジャクソンに加え、今シーズンより歌手兼女優のジェニファー・ロペス、ロックバンド「エアロスミス」ヴォーカリストのスティーヴン・タイラーが参加。アメリカン・アイドル (シーズン10) フレッシュアイペディアより)

  • オズモシス

    オズモシスから見たエアロスミスエアロスミス

    多くの外部ソングライターを起用した作品で、前スタジオ・アルバム『ノー・モア・ティアーズ』(1991年)でプロデュースを務めたジョン・パーデルとデュアン・バロン、ブライアン・アダムスのパートナーとして知られるジム・ヴァランス、エアロスミスの楽曲「リヴィング・オン・ジ・エッジ」に関与したマーク・ハドソン等が参加した。「マイ・リトル・マン」はオズボーンとスティーヴ・ヴァイが共作した楽曲で、1994年の時点でヴァイとの録音も行われていたが、最終的なレコーディングでは、ヴァイではなくザック・ワイルドがギターを演奏した。ボーナス・トラックの「ホール・ワールズ・フォーリン・ダウン」は、当時ショウ&ブレイズとして活動していたトミー・ショウとジャック・ブレイズが、オズボーンと共作した楽曲。オズモシス フレッシュアイペディアより)

  • Vs. (アルバム)

    Vs. (アルバム)から見たエアロスミスエアロスミス

    『 Vs. (ヴァーサス) 』はアメリカのロック・バンド、パール・ジャムの2nd アルバム。1993年にリリースされ全米Billboard 200では初登場1位を獲得、その後5週間に渡ってその位置を保ち続けた。そして、このアルバムはアメリカ国内で発売後1週間の間に95万枚を売り上げ、この数字は2000年にリンプ・ビズキットに破られるまでは、ビルボード誌における歴代最高の数字だった。このアルバムからエアロスミスの「ゲット・ア・グリップ」やレッド・ホット・チリ・ペッパーズの「ブラッド・シュガー・セックス・マジック」などの作品におけるミキシングで知られるブレンダン・オブライエン (Brendan O'Brien)がプロデューサーとして初めて参加した作品にもなっている。Vs. (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・グリーン (ミュージシャン)

    ピーター・グリーン (ミュージシャン)から見たエアロスミスエアロスミス

    1967年にリーダー・グループ、ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マックを結成、グリーンは演奏と作曲面でも中心的存在を担った。1968年にマイク・ヴァーノンのブルー・サムとレコーディング契約、CBSからファースト・アルバム『ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マック』を発表する。同年発表のシングル曲「ブラック・マジック・ウーマン」は、後にサンタナのアルバム『天の守護神』(1970年)でカヴァーされた。1968年8月発表のセカンド・アルバム『ミスター・ワンダフル』には、後にゲイリー・ムーアやエアロスミスがカヴァーした「ストップ・メッシン・ラウンド」収録。1969年にはシングルEPとしてリリースした「アルバトロス」が全英1位のヒットとなる(2008年にはギター・アンビエント・ミュージックとして再評価されている)。また1970年のシングルEP「グリーン・マナリシ」は、後にジューダス・プリースト『殺人機械』(1978年)でカヴァーされた。ピーター・グリーン (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • ギブソン・ファイヤーバード

    ギブソン・ファイヤーバードから見たエアロスミスエアロスミス

    ファイヤーバードは、主にブルース系のギタリストに使用され、ジョニー・ウィンターもファイヤーバード再熱の火付け役になってから、エアロスミスのジョー・ペリーやオアシスのゲム・アーチャー、クレイジーケンバンドの小野瀬雅生が使用している。「疾風伝説 特攻の拓」の天羽セロニアス時貞の愛機としても有名である。ノン・リバースは、製造本数が少ないこともあり、使用しているミュージシャンは多くないが、クラレンス"ゲイトマウス"ブラウンやオアシスのノエル・ギャラガーなどがいる。ギブソン・ファイヤーバード フレッシュアイペディアより)

  • ダイアン・ウォーレン

    ダイアン・ウォーレンから見たエアロスミスエアロスミス

    「ミス・ア・シング」(I Don't Want to Miss a Thing) - エアロスミス(1998年、全米1位)ダイアン・ウォーレン フレッシュアイペディアより)

  • ランクセス・アレーナ

    ランクセス・アレーナから見たエアロスミスエアロスミス

    1998年に完成。ハンドボール・ブンデスリーガのVfLグマースバッハのホームアリーナであり、2007年の世界男子ハンドボール選手権の決勝会場であった。また、コンサートとしての使用も多く、エアロスミス、マライア・キャリー、ブリトニー・スピアーズ、バックストリート・ボーイズ、デスティニーズ・チャイルド、ブルース・スプリングスティーン、カイリー・ミノーグなど数多くのアーティストがコンサートを行った。ランクセス・アレーナ フレッシュアイペディアより)

  • ドクター・フィールグッド (アルバム)

    ドクター・フィールグッド (アルバム)から見たエアロスミスエアロスミス

    ゲストミュージシャンとしてエアロスミスのスティーヴン・タイラー、チープ・トリックのロビン・ザンダーとリック・ニールセン、ブライアン・アダムス、ナイト・レンジャーのジャック・ブレイズ、スキッド・ロウのメンバー達がバック・コーラスで参加している。ドクター・フィールグッド (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ワイアード (アルバム)

    ワイアード (アルバム)から見たエアロスミスエアロスミス

    本作発表後のツアーは、1976年5月23日のロンドン、ラウンドハウス公演から始まる。ツアーはヤン・ハマー・グループとのジョイント・ツアーの形で行われた。7月からのアメリカ・ツアーではエアロスミスとも共演している。本ツアーの様子は次作『ライヴ・ワイアー』で発表されることとなる。ワイアード (アルバム) フレッシュアイペディアより)

255件中 71 - 80件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード