135件中 91 - 100件表示
  • エアロスミス

    エアロスミスから見たカバー・アルバム

    2004年3月、彼らのルーツとなるブルース作品のカバー・アルバム『ホンキン・オン・ボーボゥ』(Honkin' on Bobo)を発表。共同プロデューサーとしてジャック・ダグラスが『ドロー・ザ・ライン』以来となるアルバム制作に関与した。7月には日本ツアーを開催(広島公演はスティーヴンの怪我により中止された)。ロック・フェスティバル『POCARI SWEAT BLUE WAVE THE ROCK ODYSSEY 2004』にヘッドライナーとしても出演した。ツアー終了後は長期休暇をとる予定であることが伝えられた。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たエンジン (テレビドラマ)

    日本では2005年にフジテレビ系列の月9ドラマ『エンジン』オープニングテーマに起用された。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たコマーシャルソング

    2004年には日本コカ・コーラのCMソングに起用されている。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たシンガポール

    2013年7月にリリースされたバディ・ガイのアルバム『リズム&ブルース』には、スティーヴン、ジョー、ブラッドの3人がゲスト参加した曲「イーヴィル・ツイン」が収録されている。同年8月に日本公演を開催。QVCマリンフィールドでの公演は“AEROSONIC”と題してB'zと対バン形式のライブを開催し、「ママ・キン」(Mama Kin)をともに披露した。また、シンガポール公演と大阪公演最終日では日本のヒューマンビートボクサーHIKAKINと「ウォーク・ディス・ウェイ」で共演した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たバークリー音楽大学

    しかし、翌1971年にレイモンドが脱退。バンドは新たなギタリストとしてバークリー音楽大学を卒業し、複数のバンドでの経験もあるブラッド・ウィットフォードを迎えることになり、オリジナルメンバーが揃うことになる。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たクラブ

    1970年夏、アメリカニューハンプシャー州サナピー湖にあるクラブ「ザ・バーン」で友人関係にあったジョー・ペリーとトム・ハミルトンらによるバンド「ザ・ジャムバンド」の演奏をスティーヴン・タイラーが観ており、彼らに新バンドを組む話を持ちかけた事が「エアロスミス」誕生の発端とされている。スティーブンはすでに別のバンド(「ザ・ストレンジャーズ」や「チェーン・リアクション」)でドラマー兼ボーカルとして活動しており、地域で知名度もあった。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たPOCARI SWEAT BLUE WAVE THE ROCK ODYSSEY 2004

    2004年3月、彼らのルーツとなるブルース作品のカバー・アルバム『ホンキン・オン・ボーボゥ』(Honkin' on Bobo)を発表。共同プロデューサーとしてジャック・ダグラスが『ドロー・ザ・ライン』以来となるアルバム制作に関与した。7月には日本ツアーを開催(広島公演はスティーヴンの怪我により中止された)。ロック・フェスティバル『POCARI SWEAT BLUE WAVE THE ROCK ODYSSEY 2004』にヘッドライナーとしても出演した。ツアー終了後は長期休暇をとる予定であることが伝えられた。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た対バン

    2013年7月にリリースされたバディ・ガイのアルバム『リズム&ブルース』には、スティーヴン、ジョー、ブラッドの3人がゲスト参加した曲「イーヴィル・ツイン」が収録されている。同年8月に日本公演を開催。QVCマリンフィールドでの公演は“AEROSONIC”と題してB'zと対バン形式のライブを開催し、「ママ・キン」(Mama Kin)をともに披露した。また、シンガポール公演と大阪公演最終日では日本のヒューマンビートボクサーHIKAKINと「ウォーク・ディス・ウェイ」で共演した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た日本武道館

    1993年、1度レコーディングしていた曲を聴き込み、それらの曲を収録せずさらに追加で制作した曲をレコーディングするなど熟考を重ねた11thアルバム『ゲット・ア・グリップ』(Get a Grip)を発表。バンド初の全米チャート1位(Billboard 200)を獲得し、「リヴィング・オン・ジ・エッジ」(Livin' on the Edge)、「クライン」(Cryin)、「クレイジー」(Crazy)のシングルもヒットした。MTV Video Music Awardsでは「リヴィング・オン・ジ・エッジ」が「ヴューワーズ・チョイス」を受賞。翌1994年の第36回グラミー賞でも「ベスト・ロック・パフォーマンス」を受賞し、「クライン」がMTV Video Music Awardsの最優秀賞に当たる「ビデオ・オブ・ザ・イヤー」などを受賞した(「クライン」は第37回グラミー賞で「ベスト・ロック・パフォーマンス」も受賞している)。また、同年に開催された日本ツアーでは日本武道館7日間公演などを行い、初の南米ツアーも行われた。11月にはゲフィン・レコード期から選曲したベスト・アルバム『ビッグ・ワンズ』(Big Ones)を発表する。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た銃社会

    1989年発表の10thアルバム『パンプ』収録。スティーブンとトムによる共作曲で、バンド史上初のグラミー賞受賞曲となった。児童虐待や銃社会が歌詞のテーマになっている。全米チャート4位(Billboard Hot 100)を記録した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

135件中 91 - 100件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード