87件中 11 - 20件表示
  • エアロスミス

    エアロスミスから見たコカ・コーラ

    2001年発表の『ジャスト・プッシュ・プレイ』収録。全米7位。キャッチーなサビが大好評。2004年には、コカ・コーラのCMにも起用されている。ミラ・キュニスが登場する映画並みのPVも話題に。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たテクモ

    1973年のデビューアルバム『野獣生誕』からのシングル・カット作。『野獣生誕』は売れなかったものの「Dream On」のみボストン周辺では高い支持を得ていた。その後再発売され、1976年に全米チャート6位まで上昇した。後に、この曲のライヴ・ヴァージョンが映画『ラスト・アクション・ヒーロー』のサウンドトラック盤に提供された。Xboxで発売されているテクモの3D格闘ゲーム『デッドオアアライブアルティメット』の挿入歌としても使用されている。元レインボーやブラック・サバスのヴォーカリストだったロニー・ジェイムズ・ディオは、イングヴェイ・マルムスティーンと共に、この曲をエアロスミスのトリビュートアルバムでカヴァーした。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たソフトバンクモバイル

    日本では、日本テレビ系列のバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」のエンディグ・テーマや、キャメロン・ディアスやブラッド・ピット、ハローキティが出演していたソフトバンクモバイルのCMソングなどにも使われている。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たヤードバーズ

    ヤードバーズやローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリンなどのブリティッシュ・ロックというフィルターを通して、自国の音楽を表現しようとした。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たブルース・フェアバーン

    いつ解散しても不思議ではなかった彼らだが、1984年にオリジナル・メンバーで再結成。当初は先行きが危ぶまれたが、新たにゲフィン・レコードと契約した彼らはヒップホップ・グループ、Run-D.M.C.による『ウォーク・ディス・ウェイ (Walk This Way)』のカヴァーの全米4位という大ヒットも手伝って、徐々に数年間のブランクを取り戻していった。この時期に出した3枚のアルバムは、ヒット・メイカーとして知られるブルース・フェアバーンがプロデュースをした。『パーマネント・ヴァケイション (Permanent Vacation)』(1987年)、『パンプ (PUMP)』(1989年)といずれもセールス面において成功をおさめ、シングルヒットを連発した。続く作品『ゲット・ア・グリップ (Get a Grip)』(1993年)は、完成しかけたマスター・テープを一度全て廃棄して作り直すほど徹底してクオリティーにこだわった作品で、初の全米チャート1位、全米で700万枚、全世界では1200万枚を売り上げる大成功を収めた。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たRun-D.M.C.

    いつ解散しても不思議ではなかった彼らだが、1984年にオリジナル・メンバーで再結成。当初は先行きが危ぶまれたが、新たにゲフィン・レコードと契約した彼らはヒップホップ・グループ、Run-D\.M\.C\.による『ウォーク・ディス・ウェイ (Walk This Way)』のカヴァーの全米4位という大ヒットも手伝って、徐々に数年間のブランクを取り戻していった。この時期に出した3枚のアルバムは、ヒット・メイカーとして知られるブルース・フェアバーンがプロデュースをした。『パーマネント・ヴァケイション (Permanent Vacation)』(1987年)、『パンプ (PUMP)』(1989年)といずれもセールス面において成功をおさめ、シングルヒットを連発した。続く作品『ゲット・ア・グリップ (Get a Grip)』(1993年)は、完成しかけたマスター・テープを一度全て廃棄して作り直すほど徹底してクオリティーにこだわった作品で、初の全米チャート1位、全米で700万枚、全世界では1200万枚を売り上げる大成功を収めた。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たボーカル

    1998年の映画「アルマゲドン」のメインテーマを手掛けた。同映画のヒロイン女優、リヴ・タイラーはボーカルのスティーヴンとベベ・ビュエルの間に産まれた実の娘。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たB'z

    『飛べ!エアロスミス』収録。彼らが若い頃から憧れ尊敬しているヤードバーズのカヴァー曲(その原曲は、タイニー・ブラットショーのジャンプ・ブルースナンバー)でありながら、エアロスミスの代表曲でもある。アルバム・ヴァージョンでは、前半を16ビートにアレンジし、独自の味を出しているが、ライヴではヤードバーズに近い2ビートのアレンジで演奏されることが多い。2002年6月27日に東京スタジアムで開催された「FIFA ワールドカップ オフィシャル・コンサート INTERNATIONAL DAY」に出演した際、B'zとこの曲でセッションし、コンサートを締め括った。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たリヴ・タイラー

    1998年の映画「アルマゲドン」のメインテーマを手掛けた。同映画のヒロイン女優、リヴ・タイラーはボーカルのスティーヴンとベベ・ビュエルの間に産まれた実の娘。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たグラミー賞

    2001年にロックの殿堂入りを果たし、プレゼンターをキッド・ロックが務めた。他にも、今まで『ピープル・チョイス・アウォーズ』2回、『ビルボード・ミュージック・アウォーズ』6回、『アメリカンミュージック・アウォーズ』8回、『ボストン・ミュージック・アウォーズ』23回、『MTVビデオ・アウォーズ』12回、『グラミー賞』4回など、数々の賞を受賞している。『ローリングストーン誌』、『ヒットパレード誌』でも最優秀ロックバンドに選ばれている。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

87件中 11 - 20件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード