135件中 11 - 20件表示
  • エアロスミス

    エアロスミスから見たRun-D.M.C.

    1986年、Run-D\.M\.C\.が「ウォーク・ディス・ウェイ」をカバー。スティーヴンとジョーレコーディングに参加しミュージック・ビデオにも出演した。このシングルは全米チャート4位(Billboard Hot 100)のヒットとなり、エアロスミスが音楽シーンにカム・バックしていくきっかけになった。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たヤードバーズ

    『飛べ!エアロスミス』収録。彼らが若い頃から憧れ尊敬しているバンドヤードバーズのカバー曲(原曲は、タイニー・ブラットショー)でありながら、エアロスミスの代表曲の1つにもなっている。ライブ定番の曲として披露される事が多い。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たジョー・ペリー

    1970年夏、アメリカニューハンプシャー州サナピー湖にあるクラブ「ザ・バーン」で友人関係にあったジョー・ペリーとトム・ハミルトンらによるバンド「ザ・ジャムバンド」の演奏をスティーヴン・タイラーが観ており、彼らに新バンドを組む話を持ちかけた事が「エアロスミス」誕生の発端とされている。スティーブンはすでに別のバンド(「ザ・ストレンジャーズ」や「チェーン・リアクション」)でドラマー兼ボーカルとして活動しており、地域で知名度もあった。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たブルース・フェアバーン

    1987年8月、プロデューサーにブルース・フェアバーンを迎えた9thアルバム『パーマネント・ヴァケイション』(Permanent Vacation)発表。全米チャート11位(Billboard 200)を記録し、「エンジェル」(Angel)、「ラグ・ドール」(Rag Doll)のシングルもヒットした。翌1988年6月には11年ぶりとなる日本ツアーを行った。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たブラッド・ウィットフォード

    しかし、翌1971年にレイモンドが脱退。バンドは新たなギタリストとしてバークリー音楽大学を卒業し、複数のバンドでの経験もあるブラッド・ウィットフォードを迎えることになり、オリジナルメンバーが揃うことになる。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たビートルズ

    人気の拡大とともにバンド活動には2度目のヨーロッパツアーを含む大規模なツアーが組み込まれ、その合間に次作のレコーディングが行われるという過酷なスケジュールになり、以前から使用していたとされるドラッグも使用頻度が増していった(薬物乱用)。そのような中、1977年12月に5thアルバム『ドロー・ザ・ライン』(Draw the Line)を発表。全米チャート11位(Billboard 200)のヒットとなる。1978年3月にはロック・フェスティバル『カリフォルニア・ジャム2』でヘッドライナーを務め、同年7月から公開されたビートルズのアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を取り上げた同名タイトルの映画にも出演。「カム・トゥゲザー」をカバーするなど精力的な活動が続いていた。しかし、バンド内ではスティーヴンとジョーの関係悪化が進み、ステージ上で小突き合いまでしていた。さらに、バンド内に蔓延しているドラッグ癖が次作のアルバム制作にまで影響を及ぼす状況になっていた。そして、1979年7月のロック・フェスティバル『ワールド・シリーズ・オブ・ロック』出演後に些細な出来事からバンド内で大喧嘩が起こり、ジョーがバンドを脱退する事態にまで発展した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たジョーイ・クレイマー (ドラマー)

    この新バンドでスティーブンはフロントマンに徹し、ドラマーにジョーイ・クレイマー、もう1人のギタリストにレイモンド・タバーノが加入し活動がスタート。バンド名はジョーイが高校時代からイメージしていたバンド名にちなんで「エアロスミス」に決まった。バンドロゴはレイモンドの原案が採り入れられた。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たデズモンド・チャイルド

    1987年発表の9thアルバム『パーマネント・ヴァケイション』収録。シングルは全米チャート14位(Billboard Hot 100)を記録している。キッスやボン・ジョヴィなど多くのアーティストを手掛けてきたデズモンド・チャイルドと共作した1曲。アルバムからの第1弾シングルとして発表され、全米チャート16位(ビルボード)を記録した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たイーゼル芸術工房

    また大阪公演の際に、梅田にてストリートライブを行っていたバンド・イーゼル芸術工房とセッションし、翌日のジャパンツアーファイナルに招待したことが話題となった。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たボーカル

    1970年夏、アメリカニューハンプシャー州サナピー湖にあるクラブ「ザ・バーン」で友人関係にあったジョー・ペリーとトム・ハミルトンらによるバンド「ザ・ジャムバンド」の演奏をスティーヴン・タイラーが観ており、彼らに新バンドを組む話を持ちかけた事が「エアロスミス」誕生の発端とされている。スティーブンはすでに別のバンド(「ザ・ストレンジャーズ」や「チェーン・リアクション」)でドラマー兼ボーカルとして活動しており、地域で知名度もあった。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

135件中 11 - 20件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード