87件中 21 - 30件表示
  • エアロスミス

    エアロスミスから見た東京スタジアム (多目的スタジアム)

    『飛べ!エアロスミス』収録。彼らが若い頃から憧れ尊敬しているヤードバーズのカヴァー曲(その原曲は、タイニー・ブラットショーのジャンプ・ブルースナンバー)でありながら、エアロスミスの代表曲でもある。アルバム・ヴァージョンでは、前半を16ビートにアレンジし、独自の味を出しているが、ライヴではヤードバーズに近い2ビートのアレンジで演奏されることが多い。2002年6月27日に東京スタジアムで開催された「FIFA ワールドカップ オフィシャル・コンサート INTERNATIONAL DAY」に出演した際、B'zとこの曲でセッションし、コンサートを締め括った。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たミラ・キュニス

    2001年発表の『ジャスト・プッシュ・プレイ』収録。全米7位。キャッチーなサビが大好評。2004年には、コカ・コーラのCMにも起用されている。ミラ・キュニスが登場する映画並みのPVも話題に。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たブラック・サバス

    1973年のデビューアルバム『野獣生誕』からのシングル・カット作。『野獣生誕』は売れなかったものの「Dream On」のみボストン周辺では高い支持を得ていた。その後再発売され、1976年に全米チャート6位まで上昇した。後に、この曲のライヴ・ヴァージョンが映画『ラスト・アクション・ヒーロー』のサウンドトラック盤に提供された。Xboxで発売されているテクモの3D格闘ゲーム『デッドオアアライブアルティメット』の挿入歌としても使用されている。元レインボーやブラック・サバスのヴォーカリストだったロニー・ジェイムズ・ディオは、イングヴェイ・マルムスティーンと共に、この曲をエアロスミスのトリビュートアルバムでカヴァーした。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たロニー・ジェイムズ・ディオ

    1973年のデビューアルバム『野獣生誕』からのシングル・カット作。『野獣生誕』は売れなかったものの「Dream On」のみボストン周辺では高い支持を得ていた。その後再発売され、1976年に全米チャート6位まで上昇した。後に、この曲のライヴ・ヴァージョンが映画『ラスト・アクション・ヒーロー』のサウンドトラック盤に提供された。Xboxで発売されているテクモの3D格闘ゲーム『デッドオアアライブアルティメット』の挿入歌としても使用されている。元レインボーやブラック・サバスのヴォーカリストだったロニー・ジェイムズ・ディオは、イングヴェイ・マルムスティーンと共に、この曲をエアロスミスのトリビュートアルバムでカヴァーした。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たイングヴェイ・マルムスティーン

    1973年のデビューアルバム『野獣生誕』からのシングル・カット作。『野獣生誕』は売れなかったものの「Dream On」のみボストン周辺では高い支持を得ていた。その後再発売され、1976年に全米チャート6位まで上昇した。後に、この曲のライヴ・ヴァージョンが映画『ラスト・アクション・ヒーロー』のサウンドトラック盤に提供された。Xboxで発売されているテクモの3D格闘ゲーム『デッドオアアライブアルティメット』の挿入歌としても使用されている。元レインボーやブラック・サバスのヴォーカリストだったロニー・ジェイムズ・ディオは、イングヴェイ・マルムスティーンと共に、この曲をエアロスミスのトリビュートアルバムでカヴァーした。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たクイーン (バンド)

    日本では、1970年代後半はキッス、クイーン、チープ・トリックの陰で多少地味な存在であったが、1985年の復活以降は人気バンドとしての地位を確立した。来日回数も多く、1998年には海外アーティスト初の4大ドーム・ツアーを敢行した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たキッド・ロック

    2001年にロックの殿堂入りを果たし、プレゼンターをキッド・ロックが務めた。他にも、今まで『ピープル・チョイス・アウォーズ』2回、『ビルボード・ミュージック・アウォーズ』6回、『アメリカンミュージック・アウォーズ』8回、『ボストン・ミュージック・アウォーズ』23回、『MTVビデオ・アウォーズ』12回、『グラミー賞』4回など、数々の賞を受賞している。『ローリングストーン誌』、『ヒットパレード誌』でも最優秀ロックバンドに選ばれている。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たダイアン・ウォーレン

    映画『アルマゲドン』の主題歌。1998年に、全米4週連続1位を獲得した。初の全米1位を獲得した曲である。セリーヌ・ディオンなどを手掛けているダイアン・ウォーレンが起用された。1998年アカデミー賞の「主題歌賞」ノミネート。PVは、映画「アルマゲドン」の映像を所々使用している。リヴ・タイラーも出演し、クライマックスシーンである通信での父と娘の最期の会話シーンがPVの最後に再現されており、スティーヴンとリヴという本物の親子が演じている(映画ではブルース・ウィリスとリヴ)エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たたい焼き

    メンバー全員、たい焼きが好物。ある時、日本からの帰りに大量に買い込んだ鯛焼きが飛行機の中で全て消え、これが原因であわや解散かと思われる大喧嘩が発生した。この話を聞いた鯛焼き機メーカーが、彼らの元に鯛焼き機を贈り、今では好きなときに鯛焼きを作って食べていると言う。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たアカデミー賞

    映画『アルマゲドン』の主題歌。1998年に、全米4週連続1位を獲得した。初の全米1位を獲得した曲である。セリーヌ・ディオンなどを手掛けているダイアン・ウォーレンが起用された。1998年アカデミー賞の「主題歌賞」ノミネート。PVは、映画「アルマゲドン」の映像を所々使用している。リヴ・タイラーも出演し、クライマックスシーンである通信での父と娘の最期の会話シーンがPVの最後に再現されており、スティーヴンとリヴという本物の親子が演じている(映画ではブルース・ウィリスとリヴ)エアロスミス フレッシュアイペディアより)

87件中 21 - 30件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード