135件中 21 - 30件表示
  • エアロスミス

    エアロスミスから見たテッド・テンプルマン

    1985年11月、プロデューサーにテッド・テンプルマンを迎えた8thアルバム『ダン・ウィズ・ミラーズ』(Done With Mirrors)を発表。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たイングヴェイ・マルムスティーン

    1973年のデビュー・アルバム『野獣生誕』からのリカット。アルバムのセールスは思わしくなかったものの、「ドリーム・オン」はボストン周辺で高い支持を得ていた。その後、バンドのブレイクとともに再発売され、1976年には全米チャート6位(Billboard Hot 100)まで上昇した。後に、ライヴ・バージョンが映画『ラスト・アクション・ヒーロー』サウンドトラックに提供された。Xboxで発売されているテクモの3D格闘ゲーム『デッド・オア・アライブ・アルティメット』挿入歌としても使用されている。レインボーやブラック・サバスのヴォーカリストだったロニー・ジェイムズ・ディオは、イングヴェイ・マルムスティーンとともに、「ドリーム・オン」をエアロスミスのトリビュート・アルバムでカバーした。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たジェフ・ベック

    2009年には、「ロックの殿堂」入り授賞式恒例のオールスター・フィナーレでジョーが元ヤードバーズのジェフ・ベックとジミー・ペイジ、さらにロン・ウッド、フリーやメタリカとともに「トレイン・ケプト・ア・ローリン」を演奏した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たダイアン・ウォーレン

    映画『アルマゲドン』主題歌。楽曲はダイアン・ウォーレン作。バンド史上初となる全米シングルチャート1位(Billboard Hot 100)を獲得(4週連続)。第71回アカデミー賞「歌曲賞」部門にノミネートされ、MTV Video Music Awardsの「ベスト・ビデオ・フロム・ア・フィルム」を受賞した。その他にも、アメリカの番組で「アメリカ人が選ぶ名曲ベスト100」にて6時間に渡る生放送でマイケルジャクソンを抜き、第1位に選ばれた。後日日本でも6時間に渡りBS-hiで放送された。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たリヴ・タイラー

    ミュージック・ビデオでは映画の映像が所々で使用されており、映画と同様にスティーヴンの娘であるリヴ・タイラーも出演している。また、映画のクライマックスシーンである父と娘の最期の会話シーンがミュージック・ビデオの最後で再現されており、スティーヴンとリヴの本物の親子が共演する形となった。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たミラ・クニス

    2001年発表の13thアルバム『ジャスト・プッシュ・プレイ』収録。全米チャート7位(Billboard Hot 100)を記録した。ミュージック・ビデオにはミラ・クニスが出演している。ビルボード・ミュージック・アワードの「ベスト・ハード・ロック・クリップ・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たトム・ハミルトン

    1970年夏、アメリカニューハンプシャー州サナピー湖にあるクラブ「ザ・バーン」で友人関係にあったジョー・ペリーとトム・ハミルトンらによるバンド「ザ・ジャムバンド」の演奏をスティーヴン・タイラーが観ており、彼らに新バンドを組む話を持ちかけた事が「エアロスミス」誕生の発端とされている。スティーブンはすでに別のバンド(「ザ・ストレンジャーズ」や「チェーン・リアクション」)でドラマー兼ボーカルとして活動しており、地域で知名度もあった。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たリック・デュファイ

    1982年8月、ブラッドに代わるギタリストにリック・デュファイを迎えて7thアルバム『美獣乱舞』(Rock in a Hard Place)を発表。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たバディ・ガイ

    2013年7月にリリースされたバディ・ガイのアルバム『リズム&ブルース』には、スティーヴン、ジョー、ブラッドの3人がゲスト参加した曲「イーヴィル・ツイン」が収録されている。同年8月に日本公演を開催。QVCマリンフィールドでの公演は“AEROSONIC”と題してB'zと対バン形式のライブを開催し、「ママ・キン」(Mama Kin)をともに披露した。また、シンガポール公演と大阪公演最終日では日本のヒューマンビートボクサーHIKAKINと「ウォーク・ディス・ウェイ」で共演した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たブラック・サバス

    1973年のデビュー・アルバム『野獣生誕』からのリカット。アルバムのセールスは思わしくなかったものの、「ドリーム・オン」はボストン周辺で高い支持を得ていた。その後、バンドのブレイクとともに再発売され、1976年には全米チャート6位(Billboard Hot 100)まで上昇した。後に、ライヴ・バージョンが映画『ラスト・アクション・ヒーロー』サウンドトラックに提供された。Xboxで発売されているテクモの3D格闘ゲーム『デッド・オア・アライブ・アルティメット』挿入歌としても使用されている。レインボーやブラック・サバスのヴォーカリストだったロニー・ジェイムズ・ディオは、イングヴェイ・マルムスティーンとともに、「ドリーム・オン」をエアロスミスのトリビュート・アルバムでカバーした。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

135件中 21 - 30件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード