87件中 31 - 40件表示
  • エアロスミス

    エアロスミスから見たヒンドゥー教

    ナイン・ライヴスの初期ジャケットは、一部ヒンドゥー教徒の反感を買うデザインだったため、現在のデザインに変更された。元は猫の頭をした女性が多頭の蛇ヒュドラの中央で踊る物であった。(→参照 Nine Lives 変更前後のデザインが確認できる。)Nine Livesは"a cat has nine lives"(猫には九つの命がある)の故事から来ている。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たロックの殿堂

    2001年にロックの殿堂入りを果たし、プレゼンターをキッド・ロックが務めた。他にも、今まで『ピープル・チョイス・アウォーズ』2回、『ビルボード・ミュージック・アウォーズ』6回、『アメリカンミュージック・アウォーズ』8回、『ボストン・ミュージック・アウォーズ』23回、『MTVビデオ・アウォーズ』12回、『グラミー賞』4回など、数々の賞を受賞している。『ローリングストーン誌』、『ヒットパレード誌』でも最優秀ロックバンドに選ばれている。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たボストン・レッドソックス

    メンバー全員、地元の球団、ボストン・レッドソックスの応援団を自任しているほどのファン。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たXbox

    1973年のデビューアルバム『野獣生誕』からのシングル・カット作。『野獣生誕』は売れなかったものの「Dream On」のみボストン周辺では高い支持を得ていた。その後再発売され、1976年に全米チャート6位まで上昇した。後に、この曲のライヴ・ヴァージョンが映画『ラスト・アクション・ヒーロー』のサウンドトラック盤に提供された。Xboxで発売されているテクモの3D格闘ゲーム『デッドオアアライブアルティメット』の挿入歌としても使用されている。元レインボーやブラック・サバスのヴォーカリストだったロニー・ジェイムズ・ディオは、イングヴェイ・マルムスティーンと共に、この曲をエアロスミスのトリビュートアルバムでカヴァーした。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たハローキティ

    日本では、日本テレビ系列のバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」のエンディグ・テーマや、キャメロン・ディアスやブラッド・ピット、ハローキティが出演していたソフトバンクモバイルのCMソングなどにも使われている。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た映画

    1998年の映画「アルマゲドン」のメインテーマを手掛けた。同映画のヒロイン女優、リヴ・タイラーはボーカルのスティーヴンとベベ・ビュエルの間に産まれた実の娘。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たアルマゲドン (映画)

    1998年の映画「アルマゲドン」のメインテーマを手掛けた。同映画のヒロイン女優、リヴ・タイラーはボーカルのスティーヴンとベベ・ビュエルの間に産まれた実の娘。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たアメリカ合衆国

    1970年代夏、アメリカ、ニューハンプシャー州サナピー湖のザ・バーンというクラブで演奏していた、ジョー・ペリーとトム・ハミルトンのバンド、ザ・ジャムバンドを観たスティーヴン・タイラーは、彼らと新たにバンド組む事を決意した。スティーブンによると、彼らの演奏は下手だったが、エネルギッシュなプレイが最高だった、という。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たハード・ロック

    エアロスミス (Aerosmith) は、マサチューセッツ州ボストン市を拠点に活動するハード・ロック/ヘヴィメタル・バンド。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た日本武道館

    5月7日、9日、10日、12日、13日、16日、17日 日本武道館エアロスミス フレッシュアイペディアより)

87件中 31 - 40件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード