135件中 31 - 40件表示
  • エアロスミス

    エアロスミスから見たフリー (ミュージシャン)

    2009年には、「ロックの殿堂」入り授賞式恒例のオールスター・フィナーレでジョーが元ヤードバーズのジェフ・ベックとジミー・ペイジ、さらにロン・ウッド、フリーやメタリカとともに「トレイン・ケプト・ア・ローリン」を演奏した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たBOWWOW

    1976年4月、全米ツアー開始。ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでのライブも開催。5月には4thアルバム『ロックス』(Rocks)を発表。全米アルバムチャート3位(Billboard 200)を記録し、「ラスト・チャイルド」(Last Child)、「ホーム・トゥナイト」(Home Tonight)、「バック・イン・ザ・サドル」(Back in the Saddle)もシングルヒットする。日本でも彼らの知名度は上がり、「クイーン」(Queen)、「キッス」(Kiss)と並び“3大バンド”の1つとして人気を博した。10月には初のヨーロッパツアーを開始。翌1977年2月には初の日本ツアーも行っている。また前座にはBOWWOWが参加した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たジミー・ペイジ

    2009年には、「ロックの殿堂」入り授賞式恒例のオールスター・フィナーレでジョーが元ヤードバーズのジェフ・ベックとジミー・ペイジ、さらにロン・ウッド、フリーやメタリカとともに「トレイン・ケプト・ア・ローリン」を演奏した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たレインボー (バンド)

    1973年のデビュー・アルバム『野獣生誕』からのリカット。アルバムのセールスは思わしくなかったものの、「ドリーム・オン」はボストン周辺で高い支持を得ていた。その後、バンドのブレイクとともに再発売され、1976年には全米チャート6位(Billboard Hot 100)まで上昇した。後に、ライヴ・バージョンが映画『ラスト・アクション・ヒーロー』サウンドトラックに提供された。Xboxで発売されているテクモの3D格闘ゲーム『デッド・オア・アライブ・アルティメット』挿入歌としても使用されている。レインボーやブラック・サバスのヴォーカリストだったロニー・ジェイムズ・ディオは、イングヴェイ・マルムスティーンとともに、「ドリーム・オン」をエアロスミスのトリビュート・アルバムでカバーした。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たジミー・クレスポ

    同年11月、ジョーは新たに「ジョー・ペリー・プロジェクト」を立ち上げてライブ活動を始め、バンドはジョーに代わるギタリストとしてジミー・クレスポを加入しアルバム制作を続行し、制作途中であった6thアルバム『ナイト・イン・ザ・ラッツ』(Night in the Ruts)を完成させた(プロデューサーはゲイリー・ライオンズ)。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たロニー・ジェイムズ・ディオ

    1973年のデビュー・アルバム『野獣生誕』からのリカット。アルバムのセールスは思わしくなかったものの、「ドリーム・オン」はボストン周辺で高い支持を得ていた。その後、バンドのブレイクとともに再発売され、1976年には全米チャート6位(Billboard Hot 100)まで上昇した。後に、ライヴ・バージョンが映画『ラスト・アクション・ヒーロー』サウンドトラックに提供された。Xboxで発売されているテクモの3D格闘ゲーム『デッド・オア・アライブ・アルティメット』挿入歌としても使用されている。レインボーやブラック・サバスのヴォーカリストだったロニー・ジェイムズ・ディオは、イングヴェイ・マルムスティーンとともに、「ドリーム・オン」をエアロスミスのトリビュート・アルバムでカバーした。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート

    1999年、第41回グラミー賞で「ピンク」(Pink)が「ベスト・ロック・パフォーマンス」を受賞。7月にはアメリカフロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内の「ディズニー・ハリウッド・スタジオ」にエアロスミスをフィーチャーしたアトラクション「ロックンローラー・コースター」がオープンする。年末には再び来日し、大阪ドームでのカウントダウン・ライブを含む年を跨いでの4大ドームツアーを開催した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た大阪市

    2013年7月にリリースされたバディ・ガイのアルバム『リズム&ブルース』には、スティーヴン、ジョー、ブラッドの3人がゲスト参加した曲「イーヴィル・ツイン」が収録されている。同年8月に日本公演を開催。QVCマリンフィールドでの公演は“AEROSONIC”と題してB'zと対バン形式のライブを開催し、「ママ・キン」(Mama Kin)をともに披露した。また、シンガポール公演と大阪公演最終日では日本のヒューマンビートボクサーHIKAKINと「ウォーク・ディス・ウェイ」で共演した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たロック・フェスティバル

    人気の拡大とともにバンド活動には2度目のヨーロッパツアーを含む大規模なツアーが組み込まれ、その合間に次作のレコーディングが行われるという過酷なスケジュールになり、以前から使用していたとされるドラッグも使用頻度が増していった(薬物乱用)。そのような中、1977年12月に5thアルバム『ドロー・ザ・ライン』(Draw the Line)を発表。全米チャート11位(Billboard 200)のヒットとなる。1978年3月にはロック・フェスティバル『カリフォルニア・ジャム2』でヘッドライナーを務め、同年7月から公開されたビートルズのアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を取り上げた同名タイトルの映画にも出演。「カム・トゥゲザー」をカバーするなど精力的な活動が続いていた。しかし、バンド内ではスティーヴンとジョーの関係悪化が進み、ステージ上で小突き合いまでしていた。さらに、バンド内に蔓延しているドラッグ癖が次作のアルバム制作にまで影響を及ぼす状況になっていた。そして、1979年7月のロック・フェスティバル『ワールド・シリーズ・オブ・ロック』出演後に些細な出来事からバンド内で大喧嘩が起こり、ジョーがバンドを脱退する事態にまで発展した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たベスト・アルバム

    1980年3月、ジョー・ペリー・プロジェクトが1stアルバム『熱く語れ!』(Let the Music Do the Talking)を発表。一方、スティーヴンの負傷などにより活動が停滞していたバンドは、10月に初のベスト・アルバム『グレイテスト・ヒッツ』(Aerosmith's Greatest Hits)を発表する。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

135件中 31 - 40件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード