135件中 41 - 50件表示
  • エアロスミス

    エアロスミスから見たXbox

    1973年のデビュー・アルバム『野獣生誕』からのリカット。アルバムのセールスは思わしくなかったものの、「ドリーム・オン」はボストン周辺で高い支持を得ていた。その後、バンドのブレイクとともに再発売され、1976年には全米チャート6位(Billboard Hot 100)まで上昇した。後に、ライヴ・バージョンが映画『ラスト・アクション・ヒーロー』サウンドトラックに提供された。Xboxで発売されているテクモの3D格闘ゲーム『デッド・オア・アライブ・アルティメット』挿入歌としても使用されている。レインボーやブラック・サバスのヴォーカリストだったロニー・ジェイムズ・ディオは、イングヴェイ・マルムスティーンとともに、「ドリーム・オン」をエアロスミスのトリビュート・アルバムでカバーした。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た児童虐待

    1989年発表の10thアルバム『パンプ』収録。スティーブンとトムによる共作曲で、バンド史上初のグラミー賞受賞曲となった。児童虐待や銃社会が歌詞のテーマになっている。全米チャート4位(Billboard Hot 100)を記録した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た2009年

    新作の発表はしばらくなかったがライブ活動は不定期的に行われており、ライブ・アルバム『ロッキン・ザ・ジョイント』(Rockin' the Joint)発表後は北米ツアーを行い、2007年には南米・中東・ヨーロッパを含むツアーを行った。しかし、各メンバーに病気や怪我によるツアーの途中キャンセルや一時離脱が続いた。ソロ活動としては、2005年にジョーが初のソロ名義となるアルバム『ジョー・ペリー』(Joe Perry)を発表。2009年には『ハヴ・ギター、ウィル・トラヴェル』(Have Guitar, Will Travel)を発表。ジョー・ペリー・プロジェクト名義で北米ツアーも行った。この頃、バンド活動を休みたいスティーヴンとバンド活動に長期間の空白を作りたくないメンバー間に軋轢が生じていた。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たコロムビア・レコード

    はじめはカバー曲中心のパーティバンドのような活動をしていたが、ボストンの「フェンウェイ・シアター」支配人からの紹介により地元有力プロモーターに出会い、マネジメント契約を結ぶ。その後、マネジメント会社の交渉により1972年夏にコロムビア・レコードとの契約が成立した。こうしてエアロスミスはデビューする足掛かりを掴んだ。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)

    エアロスミス - Sony Musicエアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た東京スタジアム (多目的スタジアム)

    2002年6月27日に東京スタジアムで開催された『2002 FIFAワールドカップ・オフィシャル・コンサート インターナショナル・デイ』出演の際にはB'zとこの曲で共演し、コンサートを締め括った。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たユニバーサルミュージック (日本)

    エアロスミス - UNIVERSAL MUSIC JAPANエアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たMTV Video Music Awards

    1973年、当時は珍しかったアメリカ東海岸出身のハードロック・バンドとしてデビュー。メンバーの脱退・一時離脱などを経た今も、オリジナルメンバーで活動している。2001年には「ロックの殿堂」入りを果たしており、第2回「MTV アイコン・アワード」にも選ばれている。これまでに「グラミー賞」4回、「ビルボード・ミュージック・アワード」4回、「アメリカン・ミュージック・アワード」6回、「MTV Video Music Awards」10回などを獲得している。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」においては第59位にランクインされている。スティーヴン・タイラーとジョー・ペリーのソングライティング・コンビは“トキシック・ツインズ”(The Toxic Twins)とも呼ばれ、米国作曲家作詞家出版者協会(ASCAP)からポップ・ミュージックを形成し多大な影響を与えたパイオニア的存在に贈られる「ファウンダーズ・アワード」が受賞されており、ナショナル・アカデミー・オブ・ポピュラー・ミュージック(NAPM)設立による「ソングライターの殿堂」入りもしている。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たドロー・ザ・ライン

    人気の拡大とともにバンド活動には2度目のヨーロッパツアーを含む大規模なツアーが組み込まれ、その合間に次作のレコーディングが行われるという過酷なスケジュールになり、以前から使用していたとされるドラッグも使用頻度が増していった(薬物乱用)。そのような中、1977年12月に5thアルバム『ドロー・ザ・ライン』(Draw the Line)を発表。全米チャート11位(Billboard 200)のヒットとなる。1978年3月にはロック・フェスティバル『カリフォルニア・ジャム2』でヘッドライナーを務め、同年7月から公開されたビートルズのアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を取り上げた同名タイトルの映画にも出演。「カム・トゥゲザー」をカバーするなど精力的な活動が続いていた。しかし、バンド内ではスティーヴンとジョーの関係悪化が進み、ステージ上で小突き合いまでしていた。さらに、バンド内に蔓延しているドラッグ癖が次作のアルバム制作にまで影響を及ぼす状況になっていた。そして、1979年7月のロック・フェスティバル『ワールド・シリーズ・オブ・ロック』出演後に些細な出来事からバンド内で大喧嘩が起こり、ジョーがバンドを脱退する事態にまで発展した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た2002 FIFAワールドカップ

    2002年1月、日本ツアー開催(3度目となる4大ドームツアー)。5月に公開された映画『スパイダーマン』サウンドトラックで「スパイダーマンのテーマ」(Theme from Spiderman)をカバーした。6月に再び来日し、『2002 FIFAワールドカップ』のオフィシャルコンサートに出演。アンコールでB'zと共演し「トレイン・ケプト・ア・ローリン」(Train Kept a Rollin)を披露した。7月にはレーベルの垣根を越えたベスト・アルバム『アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ』(O, Yeah! The Ultimate Aerosmith Hits)を発表。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

135件中 41 - 50件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード