87件中 51 - 60件表示
  • エアロスミス

    エアロスミスから見たボストン

    当時、既にバンド『Chain Reaction(チェーン・リアクション)』でプロとしてデビューしていたスティーブンは、同年、このまだ見ぬ架空のバンドのドラムスに友人のジョーイ・クレイマーを、そしてもう1人のギタリストに同じく友人だったレイモンド・タバーノを迎えたが、翌年にはレイモンドが脱退し、代わりにバークリー音楽大学を卒業し、複数のバンドでの経験を持っていたブラッド・ウィットフォードを迎えることになる。そしてこの5人が、エアロスミスのオリジナルメンバーである。こうして、兄弟となった5人はボストンの小さなアパートの個室で共同生活をすることになった。エアロスミスというバンド名は、ジョーイが学生時代ノートの隅に書いてあったバンド名の1つであり、空気を意味するAeroと職人を意味するSmithを合わせた造語である。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た国立代々木競技場

    9月22日 国立代々木競技場第一体育館エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た大阪ドーム

    3月3日 大阪ドーム(現:京セラドーム大阪)エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た野獣生誕

    1973年のデビューアルバム『野獣生誕』からのシングル・カット作。『野獣生誕』は売れなかったものの「Dream On」のみボストン周辺では高い支持を得ていた。その後再発売され、1976年に全米チャート6位まで上昇した。後に、この曲のライヴ・ヴァージョンが映画『ラスト・アクション・ヒーロー』のサウンドトラック盤に提供された。Xboxで発売されているテクモの3D格闘ゲーム『デッドオアアライブアルティメット』の挿入歌としても使用されている。元レインボーやブラック・サバスのヴォーカリストだったロニー・ジェイムズ・ディオは、イングヴェイ・マルムスティーンと共に、この曲をエアロスミスのトリビュートアルバムでカヴァーした。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たジャスト・プッシュ・プレイ

    2001年発表の『ジャスト・プッシュ・プレイ』収録。全米7位。キャッチーなサビが大好評。2004年には、コカ・コーラのCMにも起用されている。ミラ・キュニスが登場する映画並みのPVも話題に。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たラップ

    1986年にRun-D.M.C.によってカヴァーされ(全米最高位4位)、ゲストとしてスティーヴンとジョーが参加している。これにより、1979?84年のセールス的低迷からの脱却とバンドの復活を決定的なものとし、第2次黄金期の幕開けを飾る結果となった。なお、この曲はラップとしてカヴァーされているが、原曲においてスティーヴンが用いている手法は「語り」と呼ばれるものである。その例として『イート・ザ・リッチ (Eat the Rich)』(1993年発表の第16作目『ゲット・ア・グリップ (Get a Grip)』収録)などがある。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たキーボード (楽器)

    本名:トーマス・ウィリアム・ハミルトン(Thomas William Hamilton) - エレクトリックベース・キーボード・ギターエアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たアパート

    当時、既にバンド『Chain Reaction(チェーン・リアクション)』でプロとしてデビューしていたスティーブンは、同年、このまだ見ぬ架空のバンドのドラムスに友人のジョーイ・クレイマーを、そしてもう1人のギタリストに同じく友人だったレイモンド・タバーノを迎えたが、翌年にはレイモンドが脱退し、代わりにバークリー音楽大学を卒業し、複数のバンドでの経験を持っていたブラッド・ウィットフォードを迎えることになる。そしてこの5人が、エアロスミスのオリジナルメンバーである。こうして、兄弟となった5人はボストンの小さなアパートの個室で共同生活をすることになった。エアロスミスというバンド名は、ジョーイが学生時代ノートの隅に書いてあったバンド名の1つであり、空気を意味するAeroと職人を意味するSmithを合わせた造語である。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たカヴァー

    1986年にRun-D.M.C.によってカヴァーされ(全米最高位4位)、ゲストとしてスティーヴンとジョーが参加している。これにより、1979?84年のセールス的低迷からの脱却とバンドの復活を決定的なものとし、第2次黄金期の幕開けを飾る結果となった。なお、この曲はラップとしてカヴァーされているが、原曲においてスティーヴンが用いている手法は「語り」と呼ばれるものである。その例として『イート・ザ・リッチ (Eat the Rich)』(1993年発表の第16作目『ゲット・ア・グリップ (Get a Grip)』収録)などがある。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た京都会館

    2月6日 京都会館第一ホールエアロスミス フレッシュアイペディアより)

87件中 51 - 60件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード