135件中 51 - 60件表示
  • エアロスミス

    エアロスミスから見たバンド (音楽)

    エアロスミス(Aerosmith)は、アメリカ合衆国出身のロック・バンドエアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たミス・ア・シング

    1997年3月、レコードレーベルがデビュー当時に所属していたコロムビア・レコードに変わり、プロデューサーにケヴィン・シャーリーを迎えた12thアルバム『ナイン・ライヴズ』(Nine Lives)を発表。前作に続き全米チャート1位(Billboard 200)を獲得した。なお、当初のディスクジャケットはヒンドゥー教徒からの反感を買いかねないということで、デザインが変更されている。翌1998年の日本ツアーでは“海外アーティスト初”となる4大ドームツアーを開催した(名古屋・大阪・福岡・東京のドーム球場に加え、横浜アリーナ公演も行った)。また、同年に公開された映画『アルマゲドン』のテーマ曲に起用された「ミス・ア・シング」(I Don't Want to Miss a Thing)が、バンド史上初となる全米シングルチャート1位(Billboard Hot 100)を獲得。MTV Video Music Awardsの「ベスト・ビデオ・フロム・ア・フィルム」を受賞した。同年10月にはライブ・アルバム『ア・リトル・サウス・オブ・サニティ』(A Little South of Sanity)を発表した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たデッドオアアライブ

    2001年1月、アメリカン・ミュージック・アワードから「アワード・オブ・アチーブメント」(功労賞)を受賞し、授賞式で新曲「ジェイディッド」(Jaded)を披露。『第35回スーパーボウル』のハーフタイムショーにも出演した。3月には13thアルバム『ジャスト・プッシュ・プレイ』(Just Push Play)を発表。全米チャート2位(Billboard 200)を記録した。また同年、バンドは「ロックの殿堂」入りを果たした。10月、テクモがゲームソフト『DEAD OR ALIVE 3』においてエアロスミスとの楽曲仕様契約を締結したことを発表。エアロスミスは「ナイン・ライヴス」(Nine Lives)、「ホーム・トゥナイト」(Home Tonight)、「アメイジング」(Amazing)を提供した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たウォーク・ディス・ウェイ

    1975年4月、3rdアルバム『闇夜のヘヴィ・ロック』(Toys in the Attic)を発表。「ウォーク・ディス・ウェイ」(Walk This Way)や「スウィート・エモーション」(Sweet Emotion)もシングルヒットし、アルバムも全米チャート11位(Billboard 200)まで上昇。バンド初のプラチナ・ディスクを獲得した。この勢いで前2作のアルバムのセールスも上がり、シングル「ドリーム・オン」は再発売されて全米チャート6位(Billboard Hot 100)まで上昇した。なお、日本では同年5月に『飛べ!エアロスミス』が発売されて日本デビューとなった。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たジャスト・プッシュ・プレイ

    2001年1月、アメリカン・ミュージック・アワードから「アワード・オブ・アチーブメント」(功労賞)を受賞し、授賞式で新曲「ジェイディッド」(Jaded)を披露。『第35回スーパーボウル』のハーフタイムショーにも出演した。3月には13thアルバム『ジャスト・プッシュ・プレイ』(Just Push Play)を発表。全米チャート2位(Billboard 200)を記録した。また同年、バンドは「ロックの殿堂」入りを果たした。10月、テクモがゲームソフト『DEAD OR ALIVE 3』においてエアロスミスとの楽曲仕様契約を締結したことを発表。エアロスミスは「ナイン・ライヴス」(Nine Lives)、「ホーム・トゥナイト」(Home Tonight)、「アメイジング」(Amazing)を提供した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たBillboard Hot 100

    1973年1月、1stアルバム『野獣生誕』(Aerosmith)でデビュー。アルバム収録曲の「ドリーム・オン」(Dream On)がアメリカ東海岸地区のロック系ラジオを中心として注目され、同曲をシングルカット。全米チャート59位(Billboard Hot 100)まで上昇するヒットとなる。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たパンプ

    1989年9月、10thアルバム『パンプ』(Pump)を発表。全米チャート5位(Billboard 200)を記録し、「エレヴェイター・ラブ」(Love in an Elevator)、「ジェイニーズ・ガット・ア・ガン」(Janie's Got a Gun)、「アザー・サイド」(The Other Side)、「ホワット・イット・テイクス」(What It Takes)のシングルもヒットした。また、12年ぶりとなるヨーロッパツアーや初のオーストラリアツアーも行われた。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たアメリカン・ミュージック・アワード

    1973年、当時は珍しかったアメリカ東海岸出身のハードロック・バンドとしてデビュー。メンバーの脱退・一時離脱などを経た今も、オリジナルメンバーで活動している。2001年には「ロックの殿堂」入りを果たしており、第2回「MTV アイコン・アワード」にも選ばれている。これまでに「グラミー賞」4回、「ビルボード・ミュージック・アワード」4回、「アメリカン・ミュージック・アワード」6回、「MTV Video Music Awards」10回などを獲得している。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」においては第59位にランクインされている。スティーヴン・タイラーとジョー・ペリーのソングライティング・コンビは“トキシック・ツインズ”(The Toxic Twins)とも呼ばれ、米国作曲家作詞家出版者協会(ASCAP)からポップ・ミュージックを形成し多大な影響を与えたパイオニア的存在に贈られる「ファウンダーズ・アワード」が受賞されており、ナショナル・アカデミー・オブ・ポピュラー・ミュージック(NAPM)設立による「ソングライターの殿堂」入りもしている。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たアルマゲドン (映画)

    1997年3月、レコードレーベルがデビュー当時に所属していたコロムビア・レコードに変わり、プロデューサーにケヴィン・シャーリーを迎えた12thアルバム『ナイン・ライヴズ』(Nine Lives)を発表。前作に続き全米チャート1位(Billboard 200)を獲得した。なお、当初のディスクジャケットはヒンドゥー教徒からの反感を買いかねないということで、デザインが変更されている。翌1998年の日本ツアーでは“海外アーティスト初”となる4大ドームツアーを開催した(名古屋・大阪・福岡・東京のドーム球場に加え、横浜アリーナ公演も行った)。また、同年に公開された映画『アルマゲドン』のテーマ曲に起用された「ミス・ア・シング」(I Don't Want to Miss a Thing)が、バンド史上初となる全米シングルチャート1位(Billboard Hot 100)を獲得。MTV Video Music Awardsの「ベスト・ビデオ・フロム・ア・フィルム」を受賞した。同年10月にはライブ・アルバム『ア・リトル・サウス・オブ・サニティ』(A Little South of Sanity)を発表した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たビルボード・ミュージック・アワード

    1973年、当時は珍しかったアメリカ東海岸出身のハードロック・バンドとしてデビュー。メンバーの脱退・一時離脱などを経た今も、オリジナルメンバーで活動している。2001年には「ロックの殿堂」入りを果たしており、第2回「MTV アイコン・アワード」にも選ばれている。これまでに「グラミー賞」4回、「ビルボード・ミュージック・アワード」4回、「アメリカン・ミュージック・アワード」6回、「MTV Video Music Awards」10回などを獲得している。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」においては第59位にランクインされている。スティーヴン・タイラーとジョー・ペリーのソングライティング・コンビは“トキシック・ツインズ”(The Toxic Twins)とも呼ばれ、米国作曲家作詞家出版者協会(ASCAP)からポップ・ミュージックを形成し多大な影響を与えたパイオニア的存在に贈られる「ファウンダーズ・アワード」が受賞されており、ナショナル・アカデミー・オブ・ポピュラー・ミュージック(NAPM)設立による「ソングライターの殿堂」入りもしている。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

135件中 51 - 60件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード