87件中 71 - 80件表示
  • エアロスミス

    エアロスミスから見たドラムス

    本名:ジョセフ・マイケル・クレイマー(Joseph Michael Kramer) - ドラムスエアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た飛べ!エアロスミス

    飛べ!エアロスミス』収録。彼らが若い頃から憧れ尊敬しているヤードバーズのカヴァー曲(その原曲は、タイニー・ブラットショーのジャンプ・ブルースナンバー)でありながら、エアロスミスの代表曲でもある。アルバム・ヴァージョンでは、前半を16ビートにアレンジし、独自の味を出しているが、ライヴではヤードバーズに近い2ビートのアレンジで演奏されることが多い。2002年6月27日に東京スタジアムで開催された「FIFA ワールドカップ オフィシャル・コンサート INTERNATIONAL DAY」に出演した際、B'zとこの曲でセッションし、コンサートを締め括った。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たリズムギター

    本名:ブラット・アーネスト・ウィットフォード(Brad Arnest Whitford) - リズムギターエアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たゲット・ア・グリップ

    1986年にRun-D.M.C.によってカヴァーされ(全米最高位4位)、ゲストとしてスティーヴンとジョーが参加している。これにより、1979?84年のセールス的低迷からの脱却とバンドの復活を決定的なものとし、第2次黄金期の幕開けを飾る結果となった。なお、この曲はラップとしてカヴァーされているが、原曲においてスティーヴンが用いている手法は「語り」と呼ばれるものである。その例として『イート・ザ・リッチ (Eat the Rich)』(1993年発表の第16作目『ゲット・ア・グリップ (Get a Grip)』収録)などがある。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たエレクトリックベース

    本名:トーマス・ウィリアム・ハミルトン(Thomas William Hamilton) - エレクトリックベース・キーボード・ギターエアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たヒュドラ

    ナイン・ライヴスの初期ジャケットは、一部ヒンドゥー教徒の反感を買うデザインだったため、現在のデザインに変更された。元は猫の頭をした女性が多頭の蛇ヒュドラの中央で踊る物であった。(→参照 Nine Lives 変更前後のデザインが確認できる。)Nine Livesは"a cat has nine lives"(猫には九つの命がある)の故事から来ている。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たミュージシャン

    その彼らは、自分達の音楽観でブリティッシュ・ロックをフィルタリングしてハード・ロックという形で、アメリカのロック界の発展に大きく寄与したバンドの1つである。1970年代、当時は「セックス、ドラッグ、アルコール」といったイメージが非常に強かった彼らが、1980年代前半の低迷期、その後の第2次黄金期を経て、ゴージャスなロックンロール・バンドへと変貌していった話は有名。しかし、そのような山あり谷ありのミュージシャン人生の中で今なお、彼らは自分達のスタイルを確立し続けている。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たジャンプ・ブルース

    『飛べ!エアロスミス』収録。彼らが若い頃から憧れ尊敬しているヤードバーズのカヴァー曲(その原曲は、タイニー・ブラットショーのジャンプ・ブルースナンバー)でありながら、エアロスミスの代表曲でもある。アルバム・ヴァージョンでは、前半を16ビートにアレンジし、独自の味を出しているが、ライヴではヤードバーズに近い2ビートのアレンジで演奏されることが多い。2002年6月27日に東京スタジアムで開催された「FIFA ワールドカップ オフィシャル・コンサート INTERNATIONAL DAY」に出演した際、B'zとこの曲でセッションし、コンサートを締め括った。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たバークリー音楽大学

    当時、既にバンド『Chain Reaction(チェーン・リアクション)』でプロとしてデビューしていたスティーブンは、同年、このまだ見ぬ架空のバンドのドラムスに友人のジョーイ・クレイマーを、そしてもう1人のギタリストに同じく友人だったレイモンド・タバーノを迎えたが、翌年にはレイモンドが脱退し、代わりにバークリー音楽大学を卒業し、複数のバンドでの経験を持っていたブラッド・ウィットフォードを迎えることになる。そしてこの5人が、エアロスミスのオリジナルメンバーである。こうして、兄弟となった5人はボストンの小さなアパートの個室で共同生活をすることになった。エアロスミスというバンド名は、ジョーイが学生時代ノートの隅に書いてあったバンド名の1つであり、空気を意味するAeroと職人を意味するSmithを合わせた造語である。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たクラブ

    1970年代夏、アメリカ、ニューハンプシャー州サナピー湖のザ・バーンというクラブで演奏していた、ジョー・ペリーとトム・ハミルトンのバンド、ザ・ジャムバンドを観たスティーヴン・タイラーは、彼らと新たにバンド組む事を決意した。スティーブンによると、彼らの演奏は下手だったが、エネルギッシュなプレイが最高だった、という。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

87件中 71 - 80件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード