135件中 81 - 90件表示
  • エアロスミス

    エアロスミスから見たハードロック

    米東海岸を代表する世界的グループとして知られる。アメリカン・ハードロック黎明期から同世代の「キッス」らと共に支え、ロック界に大きな影響を与えた。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たロックンローラー・コースター

    1999年、第41回グラミー賞で「ピンク」(Pink)が「ベスト・ロック・パフォーマンス」を受賞。7月にはアメリカフロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内の「ディズニー・ハリウッド・スタジオ」にエアロスミスをフィーチャーしたアトラクション「ロックンローラー・コースター」がオープンする。年末には再び来日し、大阪ドームでのカウントダウン・ライブを含む年を跨いでの4大ドームツアーを開催した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たカム・トゥゲザー

    人気の拡大とともにバンド活動には2度目のヨーロッパツアーを含む大規模なツアーが組み込まれ、その合間に次作のレコーディングが行われるという過酷なスケジュールになり、以前から使用していたとされるドラッグも使用頻度が増していった(薬物乱用)。そのような中、1977年12月に5thアルバム『ドロー・ザ・ライン』(Draw the Line)を発表。全米チャート11位(Billboard 200)のヒットとなる。1978年3月にはロック・フェスティバル『カリフォルニア・ジャム2』でヘッドライナーを務め、同年7月から公開されたビートルズのアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を取り上げた同名タイトルの映画にも出演。「カム・トゥゲザー」をカバーするなど精力的な活動が続いていた。しかし、バンド内ではスティーヴンとジョーの関係悪化が進み、ステージ上で小突き合いまでしていた。さらに、バンド内に蔓延しているドラッグ癖が次作のアルバム制作にまで影響を及ぼす状況になっていた。そして、1979年7月のロック・フェスティバル『ワールド・シリーズ・オブ・ロック』出演後に些細な出来事からバンド内で大喧嘩が起こり、ジョーがバンドを脱退する事態にまで発展した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たミュージック・ビデオ

    1986年、Run-D.M.C.が「ウォーク・ディス・ウェイ」をカバー。スティーヴンとジョーレコーディングに参加しミュージック・ビデオにも出演した。このシングルは全米チャート4位(Billboard Hot 100)のヒットとなり、エアロスミスが音楽シーンにカム・バックしていくきっかけになった。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たBillboard 200

    1974年3月、2ndアルバム『飛べ!エアロスミス』(Get Your Wings)を発表。1年以上に渡って全米チャート200位圏内(Billboard 200)に入り続ける作品になった。プロデューサーはジャック・ダグラスが担当した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たライヴ・ブートレッグ

    4thアルバム『ロックス』1曲目に収録。シングルは全米チャート38位(Billboard Hot 100)を記録している。ライブでもオープニングを飾ることが多く、ライブ・アルバム『ライヴ・ブートレッグ』、『ライブ・クラシックスII』でも1曲目に収録されている。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たSPACE BATTLESHIP ヤマト

    2010年5月から9月までツアーを開催するものの、スティーヴンはアメリカのオーディション番組『アメリカン・アイドル (シーズン10)』の審査員を務め(引き続き『アメリカン・アイドル (シーズン11)』の審査員も務めた)、シングル「LOVE LIVES」(映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』主題歌)を発表するなどのソロ活動を行い、一時期は“スティーヴン脱退説”や“エアロスミスが新たなシンガー模索中”などのニュースが流れることになった。2011年に南米からツアーがスタートし、11月には7年ぶりとなる日本公演も行った。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た美獣乱舞

    1982年8月、ブラッドに代わるギタリストにリック・デュファイを迎えて7thアルバム『美獣乱舞』(Rock in a Hard Place)を発表。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たゲット・ア・グリップ

    1993年、1度レコーディングしていた曲を聴き込み、それらの曲を収録せずさらに追加で制作した曲をレコーディングするなど熟考を重ねた11thアルバム『ゲット・ア・グリップ』(Get a Grip)を発表。バンド初の全米チャート1位(Billboard 200)を獲得し、「リヴィング・オン・ジ・エッジ」(Livin' on the Edge)、「クライン」(Cryin)、「クレイジー」(Crazy)のシングルもヒットした。MTV Video Music Awardsでは「リヴィング・オン・ジ・エッジ」が「ヴューワーズ・チョイス」を受賞。翌1994年の第36回グラミー賞でも「ベスト・ロック・パフォーマンス」を受賞し、「クライン」がMTV Video Music Awardsの最優秀賞に当たる「ビデオ・オブ・ザ・イヤー」などを受賞した(「クライン」は第37回グラミー賞で「ベスト・ロック・パフォーマンス」も受賞している)。また、同年に開催された日本ツアーでは日本武道館7日間公演などを行い、初の南米ツアーも行われた。11月にはゲフィン・レコード期から選曲したベスト・アルバム『ビッグ・ワンズ』(Big Ones)を発表する。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たカバー

    人気の拡大とともにバンド活動には2度目のヨーロッパツアーを含む大規模なツアーが組み込まれ、その合間に次作のレコーディングが行われるという過酷なスケジュールになり、以前から使用していたとされるドラッグも使用頻度が増していった(薬物乱用)。そのような中、1977年12月に5thアルバム『ドロー・ザ・ライン』(Draw the Line)を発表。全米チャート11位(Billboard 200)のヒットとなる。1978年3月にはロック・フェスティバル『カリフォルニア・ジャム2』でヘッドライナーを務め、同年7月から公開されたビートルズのアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を取り上げた同名タイトルの映画にも出演。「カム・トゥゲザー」をカバーするなど精力的な活動が続いていた。しかし、バンド内ではスティーヴンとジョーの関係悪化が進み、ステージ上で小突き合いまでしていた。さらに、バンド内に蔓延しているドラッグ癖が次作のアルバム制作にまで影響を及ぼす状況になっていた。そして、1979年7月のロック・フェスティバル『ワールド・シリーズ・オブ・ロック』出演後に些細な出来事からバンド内で大喧嘩が起こり、ジョーがバンドを脱退する事態にまで発展した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

135件中 81 - 90件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード