96件中 51 - 60件表示
  • Party Rockets GT

    Party Rockets GTから見たエア・ギターエア・ギター

    エアギター2014日本決勝大会(7月27日、仙台Rensa)Party Rockets GT フレッシュアイペディアより)

  • ジェット (バンド)

    ジェット (バンド)から見たエア・ギターエア・ギター

    2006年9月、2ndアルバムからの先行シングル「プット・ユア・マネー・ホエア・ユア・マウス・イズ」をリリース。2006年9月30日、2ndアルバム『シャイン・オン』をリリース。オーストラリアチャートで3位となるが、『ゲット・ボーン』と同等の成功を得ることはできなかった。アルバムへの評価は、賛否両論となった。日本版CMに世界エア・ギター選手権2006で『ゲット・ボーン』収録曲の「アー・ユー・ゴナ・ビー・マイ・ガール」を披露して優勝したお笑いコンビのダイノジが出演した。また、国内盤には甲本ヒロトのコメント・シールが貼られている。ジェット (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • tatsuo

    tatsuoから見たエア・ギターエア・ギター

    ロックバンド、eversetでギタリストを務め、作曲家・編曲家としても活動中している。ヴィジュアル系エアーバンド、tatsuo フレッシュアイペディアより)

  • 楠織あやの

    楠織あやのから見たエアギターエア・ギター

    「ミス・エアギタージャパン・コンテスト 2007」でベストプレイ賞を獲得した楠織あやの フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・コッカー

    ジョー・コッカーから見たエア・ギターエア・ギター

    公務員の息子として育ち、学校を辞めガスの配管工として働きながら15歳頃からパブで音楽活動を始める。当初はヴァンス・アーノルドという芸名で活動していた。1964年にデッカ・レコードからデビューするが不発に終わり、シェフィールドにてグリース・バンドとともにライヴ活動を行いブルー・アイド・ソウルな唄いかたやライヴ・パフォーマンスが評判を呼び、1968年にクリス・ステイントンとの共作「マジョリーン」でA&Mレコードから再デビュー。同年にビートルズの「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」のカバーが全英チャート1位の大ヒット、そしてイングランドのみならずFM放送局を通じてアメリカ、オランダ、ヴェネズエラなどの国で脚光を浴びる。1969年には彼の人気を決定づけたウッドストック・フェスティバルに出演。公開された映画でのエア・ギター・パフォーマンス(本物のギターも弾ける)とパワフルな歌唱でアメリカの聴衆にも強い印象を与えた。またレオン・ラッセルの元制作された2枚目のシングル「Delta Lady」も全英10位を記録する。ジョー・コッカー フレッシュアイペディアより)

  • 相澤仁美

    相澤仁美から見たエアギターエア・ギター

    2006年、第1回「ミス・エアギタージャパンコンテスト」で準ミスを獲得。日テレジェニック2006に選出された。P-ch!のメンバーでもある愛川ゆず季とのユニット「オーパーツ」を結成し、2006年に「秘密のボンバー」でCDデビュー。相澤仁美 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城マリオ

    宮城マリオから見たエアギターエア・ギター

    日本国内においてのエアギター黎明期から活動している。東京都内でライブハウス新宿ロフトや新宿ロフトプラスワンなどを運営するロフト・プロジェクトで映像部門に所属し、ニューロティカやザ50回転ズ、the 原爆オナニーズのライブDVDを手掛けた後、退社。各種楽器の演奏に長けており、ギター、ベース、ピアノ、トロンボーンの演奏ができ、譜面の読み書きもできる。大学の後輩で、後に日本選手権で優勝する市川・ザ・ロックをエアギターに勧誘したのは彼である。宮城マリオ フレッシュアイペディアより)

  • WE LOVE ヘキサゴン

    WE LOVE ヘキサゴンから見たエア・ギターエア・ギター

    「一発屋芸人」であることを当時既に受け入れていたダンディと波田、前2007年のブレイクが一段落して「一発屋予備軍」とされていた小島、芸人ではなく自身も「一発当てた覚えもない」と言ったが「“エアギター”自体が一発屋(のような一過性の話題)」と扱われた金剛地の4人によるコミックソング。作曲者の高原が1994年に発表した「天下無敵の一発屋」のリメイク曲(原曲の作詞は高原)で、高原とPaboがコーラスで参加している。WE LOVE ヘキサゴン フレッシュアイペディアより)

  • MUSIC EDGE + Osaka Style

    MUSIC EDGE + Osaka Styleから見たエア・ギターエア・ギター

    番組スタート当時のオープニングは、T.REXの楽曲「20th Century Boy」に乗せて、犬を追いかけて走るU.K.が謎の地下基地にたどり着くまでの映像が流れ、そのまま白を基調とした、近未来的なデザインの地下基地を模したスタジオに切り替わるというものだった。その後、オープニングタイトルは何度か変更があり、2009年9月下旬からは、KISSのフェイスペイントを施したU.K.が「うたぐみライブスペース スミレ堂」のステージ上で「Rock and Roll All Nite」をエア・ギターで披露しているバージョンに変わっている。MUSIC EDGE + Osaka Style フレッシュアイペディアより)

  • 野中藍 ラリルれ、サタデーナイト。

    野中藍 ラリルれ、サタデーナイト。から見たエアギターエア・ギター

    エアギターのように、声だけでいろいろな「エア○○」を表現するのに挑戦するコーナー。コーナーの初めに野中が「コントではありません、エアなんです」と念を押しているが、実態はさながらショートコントである。野中藍 ラリルれ、サタデーナイト。 フレッシュアイペディアより)

96件中 51 - 60件表示

「エアーギター」のニューストピックワード