96件中 61 - 70件表示
  • U.K. (タレント)

    U.K. (タレント)から見たエアギターエア・ギター

    DJ・タレント以外の活動としては、『U.K. BEAT FLYER 1179』の生放送中にエアギターを披露したことがきっかけで、日本におけるエアギターの普及に貢献。2005年のエアギター全国大会で、準グランプリを獲得した。現在では、日本唯一のエアギター公式団体「エアギタージャパン」の関西支部長を務めている。U.K. (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • モンチッチ

    モンチッチから見たエアギターエア・ギター

    エアギター - 2010年(平成22年)エアギター日本大会でモンチッチの着ぐるみが出場し、「モンチッチ」名義で準優勝する。モンチッチ フレッシュアイペディアより)

  • ワンワンニャンニャン

    ワンワンニャンニャンから見たエア・ギターエア・ギター

    2012年からは、ブジュアル系(ブサイク+ヴィジュアル系)エア・バンド「禿夢」のボーカルとしても活動。元々ミュージシャンになりたかったと言う。ワンワンニャンニャン フレッシュアイペディアより)

  • 木根尚登

    木根尚登から見たエアギターエア・ギター

    2014年5月28日夜に放送されたMBSテレビのバラエティー番組「解禁、今だから言えるナイショ話」(関西ローカル番組)に出演、「Get Wild」ではギターを弾かず、弾いているフリだけの「エアギターだった」と告白した。もともと、TMでは、キーボード担当・ギターはアコースティックギター(アコギ)なら弾けたが、小室哲哉の「キーボード2人は地味だし、木根(アコースティック)ギター弾いていたからエレキギター(エレキ)も出来る筈」の一言がきっかけでギターを担当することになるが「アコギとエレキは全く違う、エレキは弾いたことがない」旨を伝えたところ「音を出さずに弾く振りをしていれば良い」と言われ、エアギターになった。だが実際のライブにおいての木根のエレキギターからは小音量ながらも音が出ている。また後のテレビ番組で、エアギターであったのはファーストツアーのみでそれ以降はちゃんと弾いており、バラエティ番組の演出で歪められた部分があり、自身もその方がネタになるならと安易に乗っかってしまったことを指摘している。木根尚登 フレッシュアイペディアより)

  • イモ欽トリオ

    イモ欽トリオから見たエアギターエア・ギター

    1981年8月5日、デビュー曲『ハイスクールララバイ』をリリース。制作にあたっては作詞を松本隆、作曲・編曲を細野晴臣のヒットメーカーに依頼した(なお、両者はかつて一緒に「はっぴぃえんど」というバンドを組んでいた)。当時流行していたテクノポップと歌謡曲の要素を上手く取り入れた楽曲は時代の波に乗り、企画ものとしては異例の大ヒット。累計160万枚のミリオンセラーを記録した。「欽ドン!」を放送していたフジテレビだけに留まらず、他局であるTBSテレビや日本テレビの音楽番組にも出演した。とりわけ影響力の大きかったTBSの『ザ・ベストテン』においては8週連続第1位を達成。1981年9月17日放送の1位獲得時には、瞬間最高視聴率41.7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録した。長江がメインボーカルで歌い、横で山口と西山がコーラスを入れつつコミカルな振付けで踊るスタイルである。サビの「100%片思い?」だけは土居甫の振付けだが、それ以外は長江のレコーディング中、時間を持て余した山口と西山が、ふざけてスタジオで音楽に合わせて楽器を演奏する真似をして遊んでいたものがベースとなっている。実際に歌を披露する際に二人の動きをどうするか考えていたこともあり、その動きを本番でも採用することにした。山口と西山の動きは、YMOの楽器演奏を模したものであり、エアキーボード、エアドラムの先駆である(エアギターの項参照)。イモ欽トリオ フレッシュアイペディアより)

  • ストーム (コンサート)

    ストーム (コンサート)から見たエアギターエア・ギター

    複数のオーディエンスが、ある一点を軸に竜巻さながらの渦のような人の流れを生み出す現象で、とりわけギグやブロックで区切られた構成を採用するライブコンサートで見られる。「ムカデ競争の竜巻」という形容が似合う。エアギター、ヘッドバンギング、モッシュダイブなどと共に見られる動作である。ストーム (コンサート) フレッシュアイペディアより)

  • フィンランドの文化

    フィンランドの文化から見たエア・ギターエア・ギター

    1996年からは、エア・ギターの世界選手権がオウル・ミュージック・ビデオ・フェスティバルの一環としてオウルで開催されている。フィンランドの文化 フレッシュアイペディアより)

  • 金剛地 武志

    金剛地武志から見たエア・ギターエア・ギター

    スペースシャワーTVの番組『BBL WORLD』の企画でやらされたエア・ギターを出演番組でたびたび披露する。金剛地武志 フレッシュアイペディアより)

  • ディクシーコング

    ディクシーコングから見たエア・ギターエア・ギター

    ギター演奏をしているなど手先も結構器用であり、『ドンキーコング トロピカルフリーズ』では待機モーションとしてエア・ギターを披露した(他には体操を披露する)。『スーパードンキーコング2』ではギターの色は青だったが、『ドンキーコング トロピカルフリーズ』では黄色になっている。声は標準より高い方で、初登場作品から大きな変化は無い。また、ゲーム内で風船ガムを噛んでいたり、蜂蜜を舐めていることがある。ディクシーコング フレッシュアイペディアより)

  • SNAIL RAMP

    SNAIL RAMPから見たエア・ギターエア・ギター

    TAKEMURAのみ出演。エア・ギターの世界選手権でフィンランドに行った金剛地武志のピンチヒッターとして2006年9月4日から9月7日までナビゲーターを務めた。SNAIL RAMP フレッシュアイペディアより)

96件中 61 - 70件表示

「エアーギター」のニューストピックワード