89件中 51 - 60件表示
  • エア・ギター

    エア・ギターから見たくまモン

    くまモン(人形キャラクター) - エアギター2012大阪予選を通過し、2012仙台決勝大会で15位。エア・ギター フレッシュアイペディアより)

  • エア・ギター

    エア・ギターから見たクラシック音楽

    クラシックの指揮者版としてエア・コンダクター (air conductor) も存在する(「アームチェア・コンダクター」と呼ばれるのが一般的である)。2007年世界で最初のエア・コンダクター選手権が東京国際フォーラムで行われた。受賞者はキング・オブ・エアコン(優勝)にイトウトモタカ、観客にウケたで賞に真柳仁、汗が飛び散る大熱演賞に村田裕樹(明治大学お笑いサークルの野村ビル)。エア・ギター フレッシュアイペディアより)

  • エア・ギター

    エア・ギターから見た口パク

    エア・ギター(air guitar)とは、演技の一つでギターの弾き真似。大げさな演奏する身振りと、しばしば実際の歌唱や口パクによって構成される。日本では大地洋輔や金剛地武志、宮城マリオなどが有名。エア・ギター フレッシュアイペディアより)

  • エア・ギター

    エア・ギターから見たNTTドコモ

    NTTドコモの直感ゲーム対応機種で、センサー部分のカメラの前でパフォーマンスをすると、曲に合わせてギター音が流れる。これを使用した杉元聖子 with 直感バンドもデビューした。エア・ギター フレッシュアイペディアより)

  • エア・ギター

    エア・ギターから見たヴォックス (楽器メーカー)

    2006年の大会では実物のギターを全く弾けない日本のダイノジおおちが初優勝した。クイーンのブライアン・メイは自身選曲の「エアギター」という名のコンピレーションアルバムを出しており、エアギターに使われる曲は一通り収録している。そのためか、優勝商品としてクリスタル・ボディのフィンランド製ギターのほかに、ブライアン・メイ・モデルのVOX製アンプが贈られている。エア・ギター フレッシュアイペディアより)

  • エア・ギター

    エア・ギターから見たタイトー

    直感ギター(タイトーエア・ギター フレッシュアイペディアより)

  • エア・ギター

    エア・ギターから見た東京国際フォーラム

    クラシックの指揮者版としてエア・コンダクター (air conductor) も存在する(「アームチェア・コンダクター」と呼ばれるのが一般的である)。2007年世界で最初のエア・コンダクター選手権が東京国際フォーラムで行われた。受賞者はキング・オブ・エアコン(優勝)にイトウトモタカ、観客にウケたで賞に真柳仁、汗が飛び散る大熱演賞に村田裕樹(明治大学お笑いサークルの野村ビル)。エア・ギター フレッシュアイペディアより)

  • エア・ギター

    エア・ギターから見たお笑い芸人

    ゴー☆ジャス (お笑い芸人)- サマーソニック2006、2007エアギター選手権決勝に出場。エア・ギター フレッシュアイペディアより)

  • エア・ギター

    エア・ギターから見たギタリスト

    エア・ギターの起源には諸説あるが、1970年代のハードロックのボーカリストが、ギタリストが長いギターソロを行っている最中に手持ち無沙汰になってしまうのを解消するため、マイクスタンドをギターに見立てて弾く真似をしたのが端緒と見る向きが多い。エア・ギター フレッシュアイペディアより)

  • エア・ギター

    エア・ギターから見たダンス

    音楽家には、演奏中に身体を使い、本能的に曲のリズムや雰囲気に乗るということがしばしばある(これは曲の拍子を合わせる手段でもある)。ロック・ミュージックでは、多くのギタリストが、パフォーマンスの一環として大げさな振る舞いを行っている。中にはアクロバット的動作を採り入れている者もあり、これらのパフォーマンスは彼らの個性を示すものとなっている。このような音楽家のファンはしばしば、崇敬するアーティストの動作を模倣し、その音楽に陶酔してしまうこともある。エア・ギターをダンスの特殊な形態と考えることもできる。エア・ギター フレッシュアイペディアより)

89件中 51 - 60件表示

「エアーギター」のニューストピックワード