前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
83件中 1 - 10件表示
  • YS-11

    YS-11から見たエアーニッポンエアーニッポン

    日本国内の民間航空会社においては、日本の航空法が設置を義務付ける空中衝突防止装置(TCAS)が搭載されていないため、機体寿命より早く引退した。TCASを搭載するためには一機あたり約1億円が必要で、機体年齢を考えるとYS-11を改修するよりは新型機を購入したほうが結果的には安いという判断からだと思われる。特例期間として2003年(平成15年)9月30日まではTCASの装備なしでも飛行可能であったが、当時運航していた2社の内、エアーニッポン機材は同年8月31日をもって全機退役させることになり(最終フライトはJA8772で女満別から新千歳)、日本エアコミューターはTCASの簡易版である空中衝突警報装置(TCAD)の装備により、法律上は2006年(平成18年)12月31日まで運航可能の特例が認められた。上記によって2004年(平成16年)には、日本国内において就航させていた航空会社は日本エアコミューターのみとなり、2006年(平成18年)9月30日に法律上の期間を満了することなく全路線から撤退した。しかし日本国外では中古機を含めて当分は旅客機として活躍すると思われる。また、TCAS設置が義務付けられていない自衛隊においては、全機が現役で使用されているほか、日本航空学園では地上訓練用の教材として現役を続けている機体が存在する。YS-11 フレッシュアイペディアより)

  • 中標津空港

    中標津空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1974年(昭和49年) - 日本近距離航空(NKA 後のエアーニッポン→全日本空輸)により丘珠便運航開始(DHC-6)。中標津空港 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌飛行場

    札幌飛行場から見たエアーニッポンエアーニッポン

    定期便については「ジェット機は千歳」、「プロペラ機は札幌」という棲み分けができていたものの、1980年代後半に入るとエアーニッポンが使用していた日本航空機製造YS-11が老朽化し、使用機材をジェット機に切り替え、発着空港を新千歳空港へ移転する公算が大きくなった。北海道及び札幌市は、空港を引き続き活用させるべく滑走路を1,800mに延長する計画を進めたが、騒音増大を危惧する住民運動が活発になったこと、一都市圏にジェット機が離着陸する空港を二つも抱えることの是非なども問題となり1997年にジェット機化を断念するに至った。札幌飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 高速はこだて号

    高速はこだて号から見たエアーニッポンエアーニッポン

    運輸省の北海道運輸局では、1984年1月、オフシーズンの長い道内貸切バスの活性化の方策として、会員制定期バス(会員制ツアーバス)の運行の充実を図る方針を明らかにしていたが、これを受けて北都交通は、傘下の北都交通トラベルによる募集型会員制バスとして、1984年3月に札幌と函館を結ぶ夜行バスの運行を開始した。北都交通では、日本近距離航空(当時)と提携し、片道は夜行バスで片道は航空機を選択できるツアーパックも設定した。高速はこだて号 フレッシュアイペディアより)

  • 全日空機事故

    全日空機事故から見たエアーニッポンエアーニッポン

    2009年8月10日、東京国際空港に着陸しようとしていた全日空298便(エアーニッポン運航、ボーイング737-800、JA56AN)は、滑走路に尾部を接触させ機体を中破させた。乗員5名乗客147名にけがはなかった。原因は、滑走路上でバウンドした後、副操縦士の操作ミスにより、再度の接地が大きな重力加速度で行われたため、主脚のストラットの圧縮に加え機首が持ち上がったことによって機体後部が滑走路に接触したものと推定される。全日空機事故 フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆諸島

    伊豆諸島から見たエアーニッポンエアーニッポン

    2003年(平成15年)10月7日 - 午前8時27分頃、八丈島空港へ着陸姿勢に入った羽田発のエアーニッポン(ANK)821便のボーイング737(乗客乗員62名)が、八丈島東方海上にて海上自衛隊厚木基地所属のP-3C哨戒機(乗員9名)とのニアミス(最接近時の距離、わずか30m)。10月11日に ANK が国土交通省に報告。伊豆諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 稚内空港

    稚内空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1974年(昭和49年) - 丘珠空港便が定期便となる。利尻空港便が就航する。(いずれも日本近距離航空 (NKA) による運航)稚内空港 フレッシュアイペディアより)

  • 紋別空港

    紋別空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    事故をきっかけに空港管理体制や安全対策が改めて問われた。運輸省は横浜航空では現状の安全基準を受け入れることすら難しい状態であると判断し、離島や地方都市と拠点都市を結ぶ近距離輸送を専門とした航空会社の設立を要請した。これを受けて1974年(昭和49年)3月13日、日本航空(以下JALと表記)大手や小型機業界など航空会社や保険会社、北海道などの出資で日本近距離航空(現: エアーニッポン、以下ANKと表記)を設立。同年10月15日より丘珠 - 紋別線、稚内線などが事故以来約2年5箇月振りに再開した。旅客定員19名のDHC-6を使用した1日1往復の定期路線だが、所要時間は70分とセスナ206A就航時に逆戻りした。また、紋別市が行っていた空港管理が1973年(昭和48年)8月1日より北海道へ移管され、管理体制の強化が図られた。紋別空港 フレッシュアイペディアより)

  • 北都交通 (北海道)

    北都交通 (北海道)から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1975年(昭和50年)1月には広島町(現:北広島市)の大曲工業団地にバス営業所を開設し大型バス110台を集約。千歳空港へも比較的近く効率的な配車が可能となった。中・小型バスについては1976年(昭和51年)10月にマイクロバス営業所を開設し、1978年(昭和53年)3月の移転と同時に小型バス営業所に改称された。大曲の営業所は後に本社となり、現在は営業部とバス事業部が置かれている。1977年(昭和52年)10月には月寒営業所を新築開設。ガイド課を新設しバスガイドの自社養成を開始した。翌1978年(昭和53年)10月には本社を月寒営業所ビルに移転。翌1979年(昭和54年)6月からはANAからの委託を受け「全日空ビッグスニーカー号」の運行を開始。1981年(昭和56年)3月からは日本近距離航空(現:エアーニッポン)との提携により丘珠空港線の定期運行を開始した。北都交通 (北海道) フレッシュアイペディアより)

  • 壱岐国際航空

    壱岐国際航空から見たエアーニッポンエアーニッポン

    これは当時、エアーニッポンが運航していた福岡 - 壱岐線が九州郵船の高速船との競合により運航停止においこまれており、空白路線になっていたため、そこに参入しようというものであった。壱岐国際航空 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
83件中 1 - 10件表示