83件中 21 - 30件表示
  • 群青の空を越えて

    群青の空を越えてから見たエアーニッポンエアーニッポン

    作中の航空管制のシーンで若菜がANA便(テロップでANA表記)をアンクエア(ANA子会社のエアーニッポンのコールサイン)のコールサインを使って呼び出す誤植が存在する(本来であればオールニッポンが正しい)。群青の空を越えて フレッシュアイペディアより)

  • 西南女学院大学短期大学部

    西南女学院大学短期大学部から見たエアーニッポンエアーニッポン

    英語科:一般企業への就職者が多く、ハーレクィンエア・ホテルオークラ・日本航空・全日本空輸・日本エアシステム・エアーニッポン・日本エアコミューター・スカイマークエアラインズ・シンガポール航空・福岡空港・宮崎空港・リーガロイヤルホテル・プリンスホテル・ロイヤルホテル・ニューオータニ・岩谷産業・コクヨ・花王・そごう・日本銀行・三菱UFJ証券などに就職している。ほか、在学中に取得した教員免許を活かして各中学校や教育委員会に勤めている人もいる。西南女学院大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • ランタン号

    ランタン号から見たエアーニッポンエアーニッポン

    かつてより長崎県と鹿児島県を直接結ぶ交通機関としては長崎空港-鹿児島空港間の空路(エアーニッポン(ANK)→同社撤退により2001年8月からはオリエンタルエアブリッジ(ORC)が運航)があったが、2009年11月より従来の2往復から1往復に減便されることになり、長崎県交通局が高速バスの需要があるものと見込んで路線開設に踏み切った。県交通局は運行開始時点では年間約18,500人の利用を見込んでいる。なお長崎空港-鹿児島空港間の空路については2012年3月31日をもってオリエンタルエアブリッジが撤退したため現存しない。ランタン号 フレッシュアイペディアより)

  • 全日空機事故

    全日空機事故から見た日本近距離航空エアーニッポン

    1983年3月11日、日本近距離航空497便(YS-11、JA8693)が中標津空港への着陸に失敗、乗客・乗員53人のうち、機長と乗客3人の計4名が重傷、48名が軽傷を負った。全日空機事故 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の交通

    2009年の交通から見たエアーニッポンエアーニッポン

    (ストライキ) 全日本空輸グループのエアーニッポン 、エアーニッポンネットワーク、エアーネクスト、エアーセントラルの4社の労使交渉の決裂によりストライキが発生し、国内線 137便が欠航となった。2009年の交通 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎ウエスレヤン短期大学

    長崎ウエスレヤン短期大学から見たエアーニッポンエアーニッポン

    英語科:一般企業への就職者が多かった。実績の例としてハウステンボス・全日空ホテルズ・JALホテルズ・東急ホテルズ・プリンスホテル・全日本空輸・ノースウエスト航空・シンガポール航空・琉球エアコミューター・英国航空・エアーニッポン・関西国際空港・宮崎空港・日本旅行・長崎空港・九州旅客鉄道・ジョイロード・ジェイティービー・宮崎交通・日本エアコミューター・日本エアシステム・中国東方航空・花王 ・三菱ふそうトラック・バス・資生堂・マツダ・ヤナセ・トヨタ自動車・三菱自動車・イトキン・ビブレ・田崎真珠・岩田屋・三貴・明月堂・ニコニコ堂・シュウウエムラ・スズキ自動車・不二家・十八銀行・みずほコーポレート銀行・琉球銀行・鹿児島銀行・アコム・大和證券・テレビ熊本・テレビ長崎・中央出版・マルヰガス・たらみなどがある。長崎ウエスレヤン短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 釧路空港

    釧路空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1990年 - エアーニッポン(エアーニッポンネットワークに移管)が札幌丘珠 - 釧路線を開設。釧路空港 フレッシュアイペディアより)

  • 所沢航空記念公園

    所沢航空記念公園から見たエアーニッポンエアーニッポン

    エアーニッポン機。1997年(平成9年)より、航空公園駅東口駅前広場に展示。通常は外観のみ見学だが、年に数回ほど機体内部も公開される。所沢航空記念公園 フレッシュアイペディアより)

  • マリンジャンボ

    マリンジャンボから見たエアーニッポンエアーニッポン

    その後、ANAの子会社であるエアーニッポン (ANK) もボーイング737の機体をイルカに見立てた特別塗装機「アイランドドルフィン」を運航した。マリンジャンボ フレッシュアイペディアより)

  • デ・ハビランド・カナダ DHC-6

    デ・ハビランド・カナダ DHC-6から見たエアーニッポンエアーニッポン

    かつては日本トランスオーシャン航空(後に琉球エアーコミューターへ移管)とエアーニッポン(後にエアー北海道へ移管)で計7機運航されていたが、エアー北海道で最後まで残っていた1機が2006年3月31日の運航を最後に引退し、日本の空からDHC-6が消えた。デ・ハビランド・カナダ DHC-6 フレッシュアイペディアより)

83件中 21 - 30件表示