84件中 21 - 30件表示
  • 2009年の交通

    2009年の交通から見たエアーニッポンエアーニッポン

    (ストライキ) 全日本空輸グループのエアーニッポン、エアーニッポンネットワーク、エアーネクスト、エアーセントラルの4社の労使交渉の決裂によりストライキが発生し、国内線 137便が欠航となった。2009年の交通 フレッシュアイペディアより)

  • マリンジャンボ

    マリンジャンボから見たエアーニッポンエアーニッポン

    その後、ANAの子会社であるエアーニッポン (ANK) もボーイング737の機体をイルカに見立てた特別塗装機「アイランドドルフィン」を運航した。マリンジャンボ フレッシュアイペディアより)

  • チャイナエアライン120便炎上事故

    チャイナエアライン120便炎上事故から見たエアーニッポンエアーニッポン

    また、今回の事故を受けて国土交通省は、ボーイング737の同系列機(737-700、同-800)を運航するエアーニッポン(全日空 (ANA) 便名でも運航)と日本航空 (JAL) 、スカイマークの国内各航空会社に対してボルトの取付け状態を確認する旨の耐空性改善通報を出したが、8月30日に国土交通省は、エアーニッポンのボーイング737−700型機においても、事故機で外れていたのが確認されたのと同じワッシャが欠落していたと発表した。チャイナエアライン120便炎上事故 フレッシュアイペディアより)

  • 所沢航空記念公園

    所沢航空記念公園から見たエアーニッポンエアーニッポン

    エアーニッポン機。1997年(平成9年)より、航空公園駅東口駅前広場に展示。通常は外観のみ見学だが、年に数回ほど機体内部も公開される。所沢航空記念公園 フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポンネットワーク

    エアーニッポンネットワークから見たエアーニッポンエアーニッポン

    2001年4月 - エアーニッポンの100%出資子会社として設立、本社を札幌(丘珠)に置く。エアーニッポンネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2008年5月

    訃報 2008年5月から見たエアーニッポンエアーニッポン

    5月18日 - 丸居幹一、エアーニッポン元会長(* 1917年)訃報 2008年5月 フレッシュアイペディアより)

  • 普勝清治

    普勝清治から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1989年(平成元年)6月、エアーニッポン株式会社の社長に就任(全日本空輸専務取締役と兼務)。那覇?石垣線および羽田?中標津線の新規開設、エアーニッポン初の国際チャーター便の運航(稚内?ユジノサハリンスク間、1991年9月)、B737-500型機の導入など、エアーニッポンの事業拡大を図った。普勝清治 フレッシュアイペディアより)

  • さぬきこどもの国

    さぬきこどもの国から見たエアーニッポンエアーニッポン

    YS-11型航空機展示場 - 元エアーニッポン機、機体記号JA8743。さぬきこどもの国 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737 ネクストジェネレーション

    ボーイング737 ネクストジェネレーションから見たエアーニッポンエアーニッポン

    なお-700型機は、運航が時期によって系列のエアーニッポン、エアドゥと変わっても同じ機材が登録変更しただけのため、型式がボーイングのANAカスタマーコード「81」がナンバーリングされている。ボーイング737 ネクストジェネレーション フレッシュアイペディアより)

  • 航空公園駅

    航空公園駅から見たエアーニッポンエアーニッポン

    駅前にはかつてエアーニッポンで運行されていたYS-11(機体記号 JA8732)が静態保存されており、年に何度か内部の見学会が行われている。航空公園駅 フレッシュアイペディアより)

84件中 21 - 30件表示