83件中 31 - 40件表示
  • ANAウイングス

    ANAウイングスから見たエアーニッポンエアーニッポン

    ANAの基本塗装に「ANA WINGS」のオペレーター名が追加されている。また、ボーイング737-500は旧・エアーニッポン(現・ANA)の同型機と同様に、エンジンカウルにイルカのイラスト(愛称「スーパードルフィン」)が描かれている。ANAウイングス フレッシュアイペディアより)

  • 福岡女学院大学短期大学部

    福岡女学院大学短期大学部から見たエアーニッポンエアーニッポン

    全学科を含めて、全日本空輸・日本航空インターナショナル・エアーニッポン・九州旅客鉄道・西日本鉄道・ジェイティービー・三陽商会・ヤマエ久野・博多大丸・鶴屋百貨店・伊勢丹・山形屋・国民生活金融公庫・日本銀行・農林中央金庫・みずほ銀行・三井住友銀行・福岡銀行・西日本シティ銀行・ジェーシービー・日興コーディアル証券・日本生命保険・九州電力・DDIセルラーグループ・ソフトバンクテレコム・荏原製作所・オンワード樫山・コカ・コーラウエストホールディングス・京セラ・クボタ・積水樹脂・大日本印刷・大成建設・高田工業所・オリックス・大分放送・西鉄シティホテル・ホテルオークラ福岡・ホテルニューオータニ博多などがある。福岡女学院大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の航空

    2012年の航空から見たエアーニッポンエアーニッポン

    (編入合併) 全日本空輸株式会社(東京都港区東新橋)が子会社のエアーニッポン株式会社(東京都港区東新橋)を編入合併。存続会社は全日本空輸株式会社。2012年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • 能登空港

    能登空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    計画段階では東京、名古屋、大阪の3路線を見込んでいたが、開港時就航したのはエアーニッポン (ANK) による東京国際空港への1日2往復のみである。能登空港 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の航空

    2010年の航空から見たエアーニッポンエアーニッポン

    (合併) 全日本空輸(東京都港区)の子会社のエアーニッポン株式会社(東京都港区)が株式会社ANA&JPエクスプレス(東京都港区)を吸収合併した。2010年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • 八丈島

    八丈島から見たエアーニッポンエアーニッポン

    かつては、エアーニッポンがYS-11・ボーイング737-200,400,500型機を運航していた。なお、ボーイング737-400型機の愛称はアイランドドルフィンで、八丈島路線のためにリース導入された機体であった。機体側面にイルカが描かれているのが特徴で、現在はスカイネットアジア航空にサブリース中である。八丈島 フレッシュアイペディアより)

  • 益田市

    益田市から見たエアーニッポンエアーニッポン

    また、高速交通機関の一つとして石見空港が整備され、エアーニッポン (ANK) により東京便が一日1往復就航しているが、現状では利用率はあまり芳しくない。益田市 フレッシュアイペディアより)

  • 壱岐市

    壱岐市から見たエアーニッポンエアーニッポン

    鉄道はなく、市内の交通は主に自家用車と路線バスが担っている。市外へは九州郵船のフェリー、ジェットフォイルが福岡市、唐津市の他、隣島の対馬市とを結んでいる。航空便については、オリエンタルエアブリッジが長崎空港との間に就航させている。かつてはエアーニッポンが就航しており、福岡空港便も存在したが、現在は撤退している。壱岐市 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1996年(平成 8)4月 - エアーニッポンによる新千歳空港便が就航(週3便運航、1999年8月まで)美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 奄美空港

    奄美空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    過去の運航実績として、全日本空輸が鹿児島空港便、那覇空港便で就航していた(2001年撤退時はエアーニッポンが就航)。鹿児島空港便は日本エアコミューター、那覇空港便は琉球エアーコミューターが路線を開設し、ANAグループ就航時の便数を維持している。奄美空港 フレッシュアイペディアより)

83件中 31 - 40件表示