84件中 31 - 40件表示
  • ドキュメント宇宙飛行士選抜試験

    ドキュメント宇宙飛行士選抜試験から見たエアーニッポンエアーニッポン

    F - 試験当時34歳、エアーニッポン機長ドキュメント宇宙飛行士選抜試験 フレッシュアイペディアより)

  • 壱岐国際航空

    壱岐国際航空から見たエアーニッポンエアーニッポン

    これは当時、エアーニッポンが運航していた福岡 - 壱岐線が九州郵船の高速船との競合により運航停止においこまれており、空白路線になっていたため、そこに参入しようというものであった。壱岐国際航空 フレッシュアイペディアより)

  • エアー北海道

    エアー北海道から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1994年にエアーニッポン (ANK) と北海道の共同出資で設立され、北海道内の離島3路線をANKから継承した。エアー北海道 フレッシュアイペディアより)

  • 奥尻空港

    奥尻空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1987年4月1日 - 日本近距離航空がエアーニッポンに社名を変更。奥尻空港 フレッシュアイペディアより)

  • 能登空港

    能登空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    計画段階では東京(羽田)、名古屋(小牧)、大阪(伊丹)の3路線を見込んでいたが、定期便として就航するのは全日本空輸(当初はエアーニッポン)による東京国際空港線のみで、自治体による搭乗率保証制度を付与したうえでの2往復運航《NH747.NH748.NH749.NH750》となっている。能登空港 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1996年(平成8年)4月 - エアーニッポンによる新千歳空港便が就航(週3便運航、1999年8月まで)美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • ランタン号

    ランタン号から見たエアーニッポンエアーニッポン

    かつてより長崎県と鹿児島県を直接結ぶ交通機関としては長崎空港-鹿児島空港間の空路(エアーニッポン(ANK)→同社撤退により2001年8月からはオリエンタルエアブリッジ(ORC)が運航)があったが、2009年11月より従来の2往復から1往復に減便されることになり、長崎県交通局が高速バスの需要があるものと見込んで路線開設に踏み切った。県交通局は運行開始時点では年間約18,500人の利用を見込んでいる。なお長崎空港-鹿児島空港間の空路については2012年3月31日をもってオリエンタルエアブリッジが撤退したため現存しない。ランタン号 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡空港

    静岡空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    2008年4月22日、新千歳、沖縄便の運航計画、ダイヤ、機材が公表された。沖縄、札幌を1往復するスケジュールでありボーイング737-500型機(126席)、またはボーイング737-700型機(120席)でエアーニッポン(その後2012年にANA本体に吸収)による運航で就航している。静岡空港 フレッシュアイペディアより)

  • デ・ハビランド・カナダ DHC-6

    デ・ハビランド・カナダ DHC-6から見たエアーニッポンエアーニッポン

    日本では1973年12月に南西航空(後の日本トランスオーシャン航空)、翌年8月には日本近距離航空(後のエアーニッポン)が就航を開始した。2社では計7機が登録され、航空法によりYS-11の就航が難しくなった路線に就航していた。デ・ハビランド・カナダ DHC-6 フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀空港

    佐賀空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    敷地内には、現役引退後のYS-11機(JA8733)が保存されていた。この機体は、「空港に駐機する航空機が少なくて寂しい」として佐賀県がエアーニッポンに譲渡を要望、開港時の1998年7月に寄贈を受けたものである。2005年までは一般に公開され、その後は貨物ターミナルの増設と管理区域への立ち入り規制の厳格化に伴って非公開とされた。屋外に設置されていることによる損傷が目立っており、2009年12月に隣接する佐賀空港公園へ移動。再塗装などの整備を受けた上で2010年3月28日から一般公開されている。佐賀空港 フレッシュアイペディアより)

84件中 31 - 40件表示