83件中 41 - 50件表示
  • am/pm

    am/pmから見たエアーニッポンエアーニッポン

    全日空・エアーニッポンの国内線航空券の購入(2004年終了) - 旅行代理店としてANA国内線時刻表が棚にストックされていた。am/pm フレッシュアイペディアより)

  • コードシェア便

    コードシェア便から見たエアーニッポンエアーニッポン

    他社から席の提供を受けているコードシェア便をマイレージの特典として認めているケースはほぼないため(全日空に対するエアーニッポンなどの自社子会社は除く)、コードシェアでカバーしている地域への特典航空券が取得できないケースが発生することが多い。この時には提携航空会社としてマイレージによる特典航空券を取得することになるが、国内接続線が認められず別途手配が必要であり、必要マイレージ数が割高になるケースが多い。コードシェア便 フレッシュアイペディアより)

  • 中標津町

    中標津町から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1983年(昭和58)3月11日、日本近距離航空497便(札幌丘珠発中標津行)YS-11型が着陸に失敗、中標津空港付近の林に墜落する事故が発生。幸い機体が炎上しなかったため、乗客53人に死者はでなかった。中標津町 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA321

    エアバスA321から見たエアーニッポンエアーニッポン

    日本では1998年4月から全日本空輸 (ANA) により最大で7機が運航された。既に導入していたA320と異なり、客席上部に日本の航空会社の中小型機材としては初めて客室内に液晶モニターとスーパーシートが装着され、最初の2機は同社の設立45周年(1997年)を記念した特別塗装機「日本の風景」(ANA・エアーニッポン就航地22カ所の風景写真をポジフィルム風に掲載)として登場するなど国内亜幹線の主力機として期待された。エアバスA321 フレッシュアイペディアより)

  • 航空会社コード

    航空会社コードから見たエアーニッポンエアーニッポン

    EL - 旧・エアーニッポン ※2012年4月に全日本空輸 (ANA) と合併。航空会社コード フレッシュアイペディアより)

  • 大島町

    大島町から見たエアーニッポンエアーニッポン

    定期便 - 羽田空港、調布飛行場、八丈島空港との航空路の他、伊豆諸島間のヘリコプターもある。そのため、大島空港は小規模な地方空港には珍しく全日空(エアーニッポン)、新中央航空、東邦航空の3社が乗入れている。YS-11の退役による小型ジェットへの機材転換が必要となり、平成14年に小型ジェット機が離着陸可能な滑走路長に延長された(当初の計画としてB737-500が1日3往復。大島空港拡張事業環境影響評価書より)。しかし、観光客の減少、高速船の運航等により、乗客数を確保できなくなり、2009年10月からは、ボンバルディアDash 8 Q300型機での1日1便運航となった。大島町 フレッシュアイペディアより)

  • 女満別空港

    女満別空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    8月 - エアーニッポン、新千歳空港線運航開始。2社競合路線となる。女満別空港 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡空港

    静岡空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    2008年4月22日、札幌、沖縄便の運航計画、ダイヤ、機材が公表された。沖縄、札幌を1往復するスケジュールでありボーイング737-500型機(126席)、またはボーイング737-700型機(120席)でエアーニッポンによる運航で就航している。静岡空港 フレッシュアイペディアより)

  • 庄内空港

    庄内空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    2000年5月 - 関西国際空港線を全日本空輸からエアーニッポンに移管。庄内空港 フレッシュアイペディアより)

  • 航空公園駅

    航空公園駅から見たエアーニッポンエアーニッポン

    東口には所沢市の官庁街が広がる。付近に航空記念公園があり、休日は家族連れなどで賑わう。また、日本大学藝術学部所沢キャンパスの最寄駅でもあり、。駅前にはかつてエアーニッポンで運行されていたYS-11(機体記号 JA8732)が静態保存されており、年に何度か内部の見学会が行われている。航空公園駅 フレッシュアイペディアより)

83件中 41 - 50件表示