83件中 51 - 60件表示
  • 仙台空港

    仙台空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1996年 - 2006年 : エアーニッポン → 全日本空輸仙台空港 フレッシュアイペディアより)

  • 青森空港

    青森空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1998年:エアーニッポンが仙台空港線を運航(約1年で廃止)。青森空港 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取空港

    鳥取空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    大阪国際空港(伊丹空港)(全日本空輸 → エアーニッポン鳥取空港 フレッシュアイペディアより)

  • AIRDO

    AIRDOから見たエアーニッポンエアーニッポン

    民事再生法申請後、ANAが再生スポンサーとして名乗りを上げ、2003年2月1日より整備・販売システム提供を支援するなど包括提携契約を結んだ。さらに、全ての便をANAとの共同運航便(コードシェア便)にすることで一定の座席販売(当初は全座席の50%、2011年時点では25%)を肩代わりしてもらうことで搭乗率向上を図った。再生計画の進捗により全額減資し、新たに日本政策投資銀行が組成する匿名組合ファンドがANAや石屋製菓、北海道新聞社などから出資を募っている。ANAからボーイング767-200型機をリースし、2003年9月1日に旭川空港 - 羽田空港線を開設した(ボーイング767-200は2004年にリース期間満了)。その後、新たにエアーニッポン(ANK)からボーイング737-400型機やANAからボーイング767-300型機をリースし、2005年3月18日に函館空港 - 羽田空港線を開設した。AIRDO フレッシュアイペディアより)

  • オリエンタルエアブリッジ

    オリエンタルエアブリッジから見たエアーニッポンエアーニッポン

    2001年8月 エアーニッポンが撤退した長崎 - 鹿児島線を開設し、離島路線以外に初進出。オリエンタルエアブリッジ フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2008年

    訃報 2008年から見たエアーニッポンエアーニッポン

    5月18日 - 丸居幹一、エアーニッポン元会長(* 1917年)訃報 2008年 フレッシュアイペディアより)

  • 福江空港

    福江空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1996年(平成8年)7月 エアーニッポンが関西線を開設。(翌々年から季節運航化)福江空港 フレッシュアイペディアより)

  • 対馬空港

    対馬空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1975年 - 滑走路1,500mにて供用開始。全日本空輸が福岡空港線を開設。運航機材はYS-11。その後、日本近距離航空(NKA、現エアーニッポン(ANK))に移管。対馬空港 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アジア航空

    日本アジア航空から見たエアーニッポンエアーニッポン

    45/47体制が崩壊した後、全日本空輸(以下「全日空」と表記)も国際線に参入したが、中国・台湾路線については同様な問題を抱えることとなった。新規に子会社を設立した日本航空とは異なり、全日空では既存の子会社であるエアーニッポンを利用することで、別会社として運航を行った。ただし、1994年(平成6年)に運航を開始した時点では便名のみエアーニッポンとなっており、機材は全日空、あるいは共同運航先のエバー航空のものであった。その後、自社運航の便が設定されたが、日本航空グループと同じく2008年4月からは、全日空本体の便名、機材で運航されることとなり、その後エアーニッポンも2012年3月末に全日空に吸収合併された。日本アジア航空 フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀空港

    佐賀空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    敷地内には、現役引退後のYS-11機(JA8733)が保存されていた。この機体は、「空港に駐機する航空機が少なくて寂しい」として佐賀県がエアーニッポンに譲渡を要望、開港時の1998年7月に寄贈を受けたものである。2005年までは一般に公開され、その後は貨物ターミナルの増設と管理区域への立ち入り規制の厳格化に伴って非公開とされた。屋外に放置されていることによる損傷が目立っており、2009年12月に隣接する佐賀空港公園へ移動。再塗装などの整備を受けた上で2010年3月28日から土日・祝日に一般公開されている。佐賀空港 フレッシュアイペディアより)

83件中 51 - 60件表示