84件中 51 - 60件表示
  • 三宅村

    三宅村から見たエアーニッポンエアーニッポン

    エアーニッポン(2012年4月全日空に吸収合併):羽田-三宅島間を結んでいた。2008年4月26日に全日空便として一日一往復運航再開、2014年3月31日に廃止。当日の風向きにより火山ガスの濃度が高くなると予想された場合は欠航となっていた。三宅村 フレッシュアイペディアより)

  • 群青の空を越えて

    群青の空を越えてから見たエアーニッポンエアーニッポン

    作中の航空管制のシーンで若菜がANA便(テロップでANA表記)をアンクエア(ANA子会社のエアーニッポンのコールサイン)のコールサインを使って呼び出す誤植が存在する(本来であればオールニッポンが正しい)。群青の空を越えて フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の航空

    2012年の航空から見たエアーニッポンエアーニッポン

    (編入合併) 全日本空輸株式会社(東京都港区東新橋)が子会社のエアーニッポン株式会社(東京都港区東新橋)を編入合併。存続会社は全日本空輸株式会社。2012年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本

    2012年の日本から見たエアーニッポンエアーニッポン

    2月5日 - 仙台空港で、エアーニッポン731便(エアバスA320機)の機体後部が着陸時に滑走路面に接触する事故が発生、後部圧力隔壁フレームが損傷。2012年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 航空に関する年表

    航空に関する年表から見たエアーニッポンエアーニッポン

    7月1日: 全日本空輸の子会社のエアーニッポンが株式会社ANA&JPエクスプレスを吸収合併した。航空に関する年表 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見たエアーニッポンエアーニッポン

    エアーニッポン、エアーニッポンネットワーク、エアーネクスト、エアーセントラルの全日空系4社のパイロット組合が24時間ストライキ突入。国内線136便が欠航。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • オリエンタルエアブリッジ

    オリエンタルエアブリッジから見たエアーニッポンエアーニッポン

    2001年8月 エアーニッポンが撤退した長崎 - 鹿児島線を開設し、離島路線以外に初進出。オリエンタルエアブリッジ フレッシュアイペディアより)

  • 石垣空港

    石垣空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    旅客ターミナルビルは、1961年に供用を開始した建屋(主にJTA・RACが使用、冒頭画像の左奥)と、1990年に エアーニッポン(現 ANA)が設置し供用を開始した建屋(ANAが使用)に分かれていた。石垣空港 フレッシュアイペディアより)

  • プール学院大学短期大学部

    プール学院大学短期大学部から見たエアーニッポンエアーニッポン

    IBM・三井住友銀行・塩野義製薬・タカラスタンダード・日本通運・トウペ・堺化学工業・大日本インキ化学工業・ダイハツ工業・東洋紡績・大和紡績・日本ハム・日清食品・山善・ミズノ・松下電工・村田製作所・関西電力・大和ガス・三井ホーム・エアーニッポン・阪急ホールディングス・オンワード樫山・近鉄百貨店・伊勢丹・イズミヤ・岩谷産業・三越・川本産業・日産・プリンス店・三菱自動車・グンゼ・日本銀行・あおぞら銀行・りそな銀行・紀陽銀行・泉州銀行・大阪信用金庫・日本生命保険・第一生命保険・カプコン・京セラ・ニューオータニ・近畿日本ツーリスト・非破壊検査・吉本興業などの一般企業へ就職している。ほか秘書士の資格を活かして企業の部長秘書になっている人もいた。プール学院大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 壱岐市

    壱岐市から見たエアーニッポンエアーニッポン

    鉄道はなく、市内の交通は主に自家用車と路線バスが担っている。市外へは九州郵船のフェリー、ジェットフォイルが福岡市、唐津市の他、隣島の対馬市とを結んでいるほか、壱岐対馬シーラインがフェリーおよび高速船による博多 - 壱岐 - 対馬航路の開設を予定している。航空便については、オリエンタルエアブリッジが長崎空港との間に就航させている。かつてはエアーニッポンが就航しており、福岡空港便も存在したが、現在は撤退している。壱岐市 フレッシュアイペディアより)

84件中 51 - 60件表示