83件中 61 - 70件表示
  • 佐渡空港

    佐渡空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1968年(昭和43年) - 横浜航空(後の日本近距離航空)が同区間の定期航路を開設佐渡空港 フレッシュアイペディアより)

  • 奥尻空港

    奥尻空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1987年4月1日 - 日本近距離航空がエアーニッポンに社名を変更。奥尻空港 フレッシュアイペディアより)

  • 八丈島空港

    八丈島空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    2000年(平成12年)よりエアーニッポンのボーイング737-400型機(愛称:アイランドドルフィン)が八丈島路線専用として就航。2機目導入以降は他路線で使用されることもあり、その際の八丈島路線はボーイング737-500型機で運航された。なお、現在の使用機材はボーイング737-400型機よりエアバスA320型機へ変更されている。八丈島空港 フレッシュアイペディアより)

  • プール学院大学短期大学部

    プール学院大学短期大学部から見たエアーニッポンエアーニッポン

    IBM・三井住友銀行・塩野義製薬・タカラスタンダード・日本通運・トウペ・堺化学工業・大日本インキ化学工業・ダイハツ工業・東洋紡績・大和紡績・日本ハム・日清食品・山善・ミズノ・松下電工・村田製作所・関西電力・大和ガス・三井ホーム・エアーニッポン・阪急ホールディングス・オンワード樫山・近鉄百貨店・伊勢丹・イズミヤ・岩谷産業・三越・川本産業・日産・プリンス店・三菱自動車・グンゼ・日本銀行・あおぞら銀行・りそな銀行・紀陽銀行・泉州銀行・大阪信用金庫・日本生命保険・第一生命保険・カプコン・京セラ・ニューオータニ・近畿日本ツーリスト・非破壊検査・吉本興業などの一般企業へ就職している。ほか秘書士の資格を活かして企業の部長秘書になっている人もいる。プール学院大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 石垣空港

    石垣空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    旅客ターミナルビルは、1961年に供用を開始した建屋(主にJTA・RACが使用、冒頭画像の左奥)と、1990年に エアーニッポン(現 ANA)が設置し供用を開始した建屋(ANAが使用)に分かれていた。石垣空港 フレッシュアイペディアより)

  • 穴水町

    穴水町から見たエアーニッポンエアーニッポン

    羽田空港から全日空便(エアーニッポンの機材とクルーで運行)便が1日2便あり、約70分で結んでいる。穴水町 フレッシュアイペディアより)

  • エアーネクスト

    エアーネクストから見たエアーニッポンエアーニッポン

    コストを引き下げて効率的な運航をすることを目的にエアーニッポン(ANK)により設立された。エアーニッポンが使用していたナローボディジェット旅客機・ボーイング737-500を運航していた。エアーネクスト フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポンネットワーク

    エアーニッポンネットワークから見たエアーニッポンエアーニッポン

    2001年4月 - エアーニッポンの100%出資子会社として設立、本社を札幌(丘珠)に置く。エアーニッポンネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • エアー北海道

    エアー北海道から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1994年にエアーニッポン (ANK) と北海道の共同出資で設立され、北海道内の離島3路線をANKから継承した。エアー北海道 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球エアーコミューター

    琉球エアーコミューターから見たエアーニッポンエアーニッポン

    1999年2月1日 那覇 - 奄美線開設(DHC-8-Q100、これまでエアーニッポンが就航していたのを継承)。琉球エアーコミューター フレッシュアイペディアより)

83件中 61 - 70件表示