84件中 61 - 70件表示
  • 奄美空港

    奄美空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    2001年 - エアーニッポンが運航から撤退。奄美空港 フレッシュアイペディアより)

  • 新千歳空港

    新千歳空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    2006年11月20日:ANA72便(エアーニッポン運航、ボーイング737-500、JA8596)は、新千歳空港に着陸後スポットに向け走行中、補助動力装置に火災が発生したため停止して消火した。原因は補助動力装置の燃焼室を固定するカップリングに繰り返し加重により亀裂が生じ、破断したためである。新千歳空港 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台空港

    仙台空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1996年 - 2006年 : エアーニッポン → 全日本空輸仙台空港 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡空港

    佐渡空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1968年(昭和43年) - 横浜航空(後の日本近距離航空)が同区間の定期航路を開設佐渡空港 フレッシュアイペディアより)

  • 八丈島空港

    八丈島空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    2000年(平成12年)よりエアーニッポンのボーイング737-400型機(愛称:アイランドドルフィン)が八丈島路線専用として就航。2機目導入以降は他路線で使用されることもあり、その際の八丈島路線はボーイング737-500型機で運航された。なお、現在の使用機材はボーイング737-400型機よりエアバスA320型機へ変更されている。八丈島空港 フレッシュアイペディアより)

  • 庄内空港

    庄内空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    5月 - 関西国際空港線を全日本空輸からエアーニッポンに移管。庄内空港 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA320

    エアバスA320から見たエアーニッポンエアーニッポン

    日本では1991年から全日空とエアーニッポンが両社の共通機材として、またB727の後継機としてA320-211型を導入し、東京-山形線で初就航した。以後現在まで国内線の亜幹線・ローカル線を中心に運航している。国内線用機材にはスカイビジョン(映像スクリーン・モニター)が装備されていないため、離陸前にセーフティ・デモンストレーション(救命胴衣の着用方法、酸素マスクの案内等)が客室乗務員の実演で行われている(全日空運航機材では1990年代以降唯一)。エアバスA320 フレッシュアイペディアより)

  • am/pm

    am/pmから見たエアーニッポンエアーニッポン

    全日空・エアーニッポンの国内線航空券の購入(2004年終了) - 旅行代理店としてANA国内線時刻表が棚にストックされていた。am/pm フレッシュアイペディアより)

  • AIRDO

    AIRDOから見たエアーニッポンエアーニッポン

    さらに、全ての便をANAとの共同運航便(コードシェア便)にすることで一定の座席販売(当初は全座席の50%、2011年時点では25%)を肩代わりしてもらうことで搭乗率向上を図った。再生計画の進捗により全額減資し、新たに日本政策投資銀行が組成する匿名組合ファンドがANAや石屋製菓、北海道新聞社などから出資を募っている。ANAからボーイング767-200型機をリースし、2003年9月1日に旭川空港 - 羽田空港線を開設した(ボーイング767-200は2004年にリース期間満了)。その後、新たにエアーニッポン(ANK)からボーイング737-400型機やANAからボーイング767-300型機をリースし、2005年3月18日に函館空港 - 羽田空港線を開設した。AIRDO フレッシュアイペディアより)

  • 長崎短期大学

    長崎短期大学から見たエアーニッポンエアーニッポン

    英語科:一般企業への就職者が多い。全日本空輸・エアーニッポン・日本エアコミューター・エアセントラル・南国交通・宮崎交通・宮崎空港・長崎空港・大分空港・対馬空港・セントラルホテル・ハウステンボス・JALホテルズなどに就職している。長崎短期大学 フレッシュアイペディアより)

84件中 61 - 70件表示