83件中 71 - 80件表示
  • 新千歳空港

    新千歳空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    2006年11月20日:ANA72便(エアーニッポン運航、ボーイング737-500、JA8596)は、新千歳空港に着陸後スポットに向け走行中、補助動力装置に火災が発生したため停止して消火した。補助動力装置の燃焼室を固定するカップリングに繰り返し加重により亀裂が生じ、破断したためである。新千歳空港 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA320

    エアバスA320から見たエアーニッポンエアーニッポン

    日本では1991年から全日空とエアーニッポンが両社の共通機材として、またB727の後継機として-200型を導入し、東京-山形線で初就航した。以後現在まで国内線の亜幹線・ローカル線を中心に運航している。国内線用機材にはスカイビジョン(映像スクリーン・モニター)が装備されていないため、離陸前にセーフティ・デモンストレーションが客室乗務員の実演で行われる(全日空運航機材では1990年代以降唯一)。エアバスA320 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たエアーニッポンエアーニッポン

    なお、日本の航空会社では-200型と-200Advanced型が全日本空輸と日本近距離航空、南西航空が導入し、離島路線や地方路線のジェット化に貢献し、2003年まで使用された。また、香港ドラゴン航空やナウル航空、フィリピン航空などが日本乗り入れ機材として使用し、現在もサハリン航空が日本への乗り入れ機材として使用している。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • 東北新幹線

    東北新幹線から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1998年(平成10年):エアーニッポンが仙台空港 - 青森空港間に旅客便を運航。翌年廃止。東北新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見たエアーニッポンエアーニッポン

    エアーニッポン、エアーニッポンネットワーク、エアーネクスト、エアーセントラルの全日空系4社のパイロット組合が24時間ストライキ突入。国内線136便が欠航。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 過去に行われたさよなら運転

    過去に行われたさよなら運転から見たエアーニッポンエアーニッポン

    8月31日:エアーニッポン(ANK) のYS-11が運航終了。過去に行われたさよなら運転 フレッシュアイペディアより)

  • 新橋駅

    新橋駅から見たエアーニッポンエアーニッポン

    全日本空輸(全日空)・エアーニッポン 本社新橋駅 フレッシュアイペディアより)

  • チャイナエアライン120便炎上事故

    チャイナエアライン120便炎上事故から見たエアーニッポンエアーニッポン

    また、今回の事故を受けて国土交通省は、ボーイング737の同系列機(737-700、同-800)を運航するエアーニッポン(全日空 (ANA) 便名でも運航)と日本航空 (JAL) 、スカイマークの国内各航空会社に対してボルトの取付け状態を確認する旨の耐空性改善通報を出したが、8月30日に国土交通省は、エアーニッポンのボーイング737−700型機においても、事故機で外れていたのが確認されたのと同じワッシャが欠落していたと発表した。チャイナエアライン120便炎上事故 フレッシュアイペディアより)

  • 機内オーディオサービス

    機内オーディオサービスから見たエアーニッポンエアーニッポン

    全日本空輸(エアーニッポン)のB737で運行される便の一部機内オーディオサービス フレッシュアイペディアより)

  • 日本近距離航空

    日本近距離航空から見たエアーニッポンエアーニッポン

    日本近距離航空 フレッシュアイペディアより)

83件中 71 - 80件表示