84件中 71 - 80件表示
  • 松山空港

    松山空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    大阪(関西)便は、エアーニッポン(ANK)が2009年(平成21年)4月1日から不採算路線であることや原油高騰のため1往復減便して1日2往復となり、その後も搭乗率が低迷していたため同年10月末で廃止となった。2014年2月からPeach Aviationにより運航再開された。松山空港 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たエアーニッポンエアーニッポン

    なお、日本の航空会社では-200型と-200Advanced型が全日本空輸と日本近距離航空、南西航空が導入し、離島路線や地方路線のジェット化に貢献し、2003年まで使用された。また、香港ドラゴン航空やナウル航空、フィリピン航空などが日本乗り入れ機材として使用し、現在もオーロラが日本への乗り入れ機材として使用している。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球エアーコミューター

    琉球エアーコミューターから見たエアーニッポンエアーニッポン

    1999年2月1日: 那覇 - 奄美線開設(DHC-8-Q100、従来エアーニッポンが就航していた路線を継承)。琉球エアーコミューター フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA321

    エアバスA321から見たエアーニッポンエアーニッポン

    日本では全日本空輸 (ANA) により1998年3月から導入が開始され、同年4月11日より運航開始。2000年6月にかけて最大で7機がリースで導入され、運航されていた。すでに導入していたA320と異なり、客席上部に日本の航空会社の中小型機材としては初めて、客室内に液晶モニターを設置。8席のスーパーシートを含む191席配置であった。最初の2機は同社の設立45周年(1997年)を記念した特別塗装機「日本の風景」(ANA・エアーニッポン就航地22か所の風景写真をポジフィルム風に掲載)として登場するなど、当初は国内亜幹線の主力機として期待されていた。エアバスA321 フレッシュアイペディアより)

  • 関西国際空港

    関西国際空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    エアーニッポン(日本。全日本空輸に吸収)関西国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • バトル・ロワイアル (映画)

    バトル・ロワイアル (映画)から見たエアーニッポンエアーニッポン

    ロケ協力 - 東邦航空、東海汽船、エアーニッポン、八丈島産業観光課、八丈島観光協会、鬼石町 ほかバトル・ロワイアル (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 全日本空輸

    全日本空輸から見たエアーニッポンエアーニッポン

    全日本空輸が発注したボーイング製航空機の顧客番号(カスタマーコード)は81で、航空機の型式名は747-481D、777-381ER、737-781、787-881などとなる。737-500の新造機は全日本空輸を通さずに当時子会社のエアーニッポンが直接ボーイングに発注したため、型式名は同社のカスタマーコードである4Kをつけた737-54Kとなる。全日本空輸 フレッシュアイペディアより)

  • ANAウイングス

    ANAウイングスから見たエアーニッポンエアーニッポン

    2017年4月現在、当社の運用機材のうち、自社保有機である737-500とQ400にはANAの基本塗装に「ANA WINGS」のオペレーター名が追加されている。また、ボーイング737-500は旧・エアーニッポン(現・ANA)の同型機と同様に、エンジンカウルにイルカのイラスト(愛称「スーパードルフィン」)が描かれている。ANAウイングス フレッシュアイペディアより)

  • 八丈島

    八丈島から見たエアーニッポンエアーニッポン

    2017年現在の使用機材はボーイング737やエアバスA320といった単通路機である。かつては、エアーニッポンがYS-11・ボーイング737-200, 400, 500型機を運航していた。なお、ボーイング737-400型機の愛称はアイランドドルフィンで、八丈島路線のためにリース導入された機体であった。機体側面にイルカが描かれているのが特徴だった。八丈島 フレッシュアイペディアより)

  • 福江空港

    福江空港から見たエアーニッポンエアーニッポン

    1996年(平成8年)7月 エアーニッポンが関西線を開設。(翌々年から季節運航化)福江空港 フレッシュアイペディアより)

84件中 71 - 80件表示