前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示
  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たボーイング737

    4月 - ボーイング737-200型機を導入(全日空で運航していた機体)。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た全日本空輸

    エアーニッポン株式会社(英称: Air Nippon Co., Ltd.)は、かつて存在した日本の航空会社である。全日本空輸(ANA、全日空)の連結子会社であった。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たエアーニッポンネットワーク

    4月 - (株)エアーニッポンネットワークを設立。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たエバー航空

    12月 - 初の国際線である福岡 - 台北線を開設(運航は全日空またはエバー航空)。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たスターアライアンス

    (*7) 初号機(JA51AN)には、スターアライアンス塗装を施している。8席はプレミアムクラス。ボーイング737-700と異なり国内線用機材。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たスカイネットアジア航空

    全ての機材は、2005年末から順次ボーイング737NGシリーズへと更新・統一される見込みである。一部のボーイング737は子会社のエアーネクスト(現ANAウィングス)やANAと業務提携関係にある北海道国際航空(エア・ドゥ)・スカイネットアジア航空(ソラシド エア)に移管されている。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たボーイング767

    2011年度までに「グループ会社を7社から3社体制にする」方針が決まり、他のグループ会社では2010年度にボーイング767-300ERを運航しているエアージャパンとANA&JPエクスプレスを統合、2010年10月にはターボプロップ機とボーイング737-500機を運航しているエアーニッポンネットワークとエアーネクストとエアーセントラルの3社を地方空港を中心に運航する航空会社としてANAウイングス1社に統合され、2012年4月1日にエアーニッポンはANA本体に吸収合併された。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たYS-11

    1978年(昭和53年)4月 - 全日空から日本航空機製造YS-11型機と羽田 - 大島線、羽田 - 三宅島線の移管を受ける。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たANAウイングス

    地方路線(ボーイング737・ターボプロップ機運航路線)を担当するエアーニッポンやANAウイングスといった運航会社とANA本体の給料水準には大きな格差があり(特に運航乗務員)、さらに会社を転籍することができないこと等で同社系の労働組合(エアーニッポン乗員組合などで構成されるANAグループ乗員組合)が頻繁にストライキを通告もしくは実際に決行することになった。そこでANA本体がグループ間の転籍やANAとグループ会社間の人員交流等を盛り込むようになった。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たエアージャパン

    2011年度までに「グループ会社を7社から3社体制にする」方針が決まり、他のグループ会社では2010年度にボーイング767-300ERを運航しているエアージャパンとANA&JPエクスプレスを統合、2010年10月にはターボプロップ機とボーイング737-500機を運航しているエアーニッポンネットワークとエアーネクストとエアーセントラルの3社を地方空港を中心に運航する航空会社としてANAウイングス1社に統合され、2012年4月1日にエアーニッポンはANA本体に吸収合併された。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示