70件中 11 - 20件表示
  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たレオナルド・ダ・ヴィンチ

    先代の旧塗装は、ANAのトリトンブルー塗装から、垂直尾翼の "ANA" のロゴを "ANK" (日本近距離航空時代は "NKA" )のロゴに変更( "ANK" ロゴは "ANA" ロゴと書体が異なる)、側面では「全日空」のロゴを角ゴシック体で「AIR NIPPON」ロゴタイプ(NKA時代は「日本近距離航空」ロゴ表記)に変更したもので、ANAがモヒカン塗装を採用していた時代には、モヒカン塗装をベースに側面のロゴを【NKA 日本近距離航空】とし、垂直尾翼のANA社章(ダ・ヴィンチ・ヘリコプターマーク)部分をトビウオのシルエットに差し替えた塗装であった。なお、日本近距離航空のロゴタイプは東亜国内航空のロゴタイプと似通っていた。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た三宅島空港

    1978年(昭和53年)4月 - 全日空から日本航空機製造YS-11型機と羽田 - 大島線、羽田 - 三宅島線の移管を受ける。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た東京国際空港

    1978年(昭和53年)4月 - 全日空から日本航空機製造YS-11型機と羽田 - 大島線、羽田 - 三宅島線の移管を受ける。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た中部国際空港

    1月 - 中部 - 台北線を開設。初の自社運航による定期国際線に進出。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た札幌飛行場

    3月 - 日本近距離航空株式会社 (NKA) 設立。9人乗りデ・ハビランド・カナダDHC-6型機にて丘珠 - 稚内 - 利尻、新潟 - 佐渡線を運航開始。コールサインは「KINKYORI(キンキョリ)」。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た美保飛行場

    2008年(平成20年)6月 - ボーイング737-800型機を導入。羽田 - 米子・鳥取線で就航。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た労働組合

    地方路線(ボーイング737・ターボプロップ機運航路線)を担当するエアーニッポンやANAウイングスといった運航会社とANA本体の給料水準には大きな格差があり(特に運航乗務員)、さらに会社を転籍することができないこと等で同社系の労働組合(エアーニッポン乗員組合などで構成されるANAグループ乗員組合)が頻繁にストライキを通告もしくは実際に決行することになった。そこでANA本体がグループ間の転籍やANAとグループ会社間の人員交流等を盛り込むようになった。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たイルカ

    (*1) エンジンカウルにイルカが描かれており「スーパードルフィン」の愛称がある。ANAウィングスと兼用運航。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たストライキ

    地方路線(ボーイング737・ターボプロップ機運航路線)を担当するエアーニッポンやANAウイングスといった運航会社とANA本体の給料水準には大きな格差があり(特に運航乗務員)、さらに会社を転籍することができないこと等で同社系の労働組合(エアーニッポン乗員組合などで構成されるANAグループ乗員組合)が頻繁にストライキを通告もしくは実際に決行することになった。そこでANA本体がグループ間の転籍やANAとグループ会社間の人員交流等を盛り込むようになった。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た機内食

    エアーニッポンにより運航されるANA便の国内線は、原則としてANAのサービスを基準とする(機内誌『翼の王国』・オーディオ、ビデオサービス・プレミアムクラス等)。国際線も機内食とサービス等はANAと同じ基準で、ボーイング737-700は国内線運航時のプレミアムクラスをビジネスクラスとしている。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

70件中 11 - 20件表示