79件中 21 - 30件表示
  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たイルカ

    (*1) エンジンカウルにイルカが描かれており「スーパードルフィン」の愛称がある。ANAウィングスと兼用運航。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たストライキ

    主に地方路線(ボーイング737・ターボプロップ機運航路線)を担当するエアーニッポンやANAウイングスといった運航会社社員とANA本体社員の給料水準には大きな格差があり(特に運航乗務員)、さらに会社を転籍することができないこと等で同社系の労働組合(エアーニッポン乗員組合などで構成されるANAグループ乗員組合)が頻繁にストライキを通告もしくは実際に決行することになった。そこでANA本体がグループ間の転籍やANAとグループ会社間の人員交流等を盛り込むようになった。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た機内食

    エアーニッポンにより運航されるANA便の国内線は、原則としてANAのサービスを基準とする(機内誌『翼の王国』・オーディオ、ビデオサービス・プレミアムクラス等)。国際線も機内食とサービス等はANAと同じ基準で、ボーイング737-700は国内線プレミアムクラス座席をビジネスクラスとしている。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た日本エアシステム

    ANAがモヒカン塗装を採用していた時代には、モヒカン塗装をベースに側面のロゴを【NKA 日本近距離航空】とし、垂直尾翼のANA社章(ダ・ヴィンチ・ヘリコプターマーク)部分をトビウオのシルエットに差し替えた塗装であった。なお、日本近距離航空のロゴタイプは東亜国内航空のロゴタイプと似通っていた。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たAIRDO

    全ての機材は、2005年末から順次ボーイング737NGシリーズへと更新・統一される見込みである。一部のボーイング737は子会社のエアーネクスト(現ANAウィングス)やANAと業務提携関係にあるAIRDO・スカイネットアジア航空(ソラシド エア)に移管されている。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たエアージャパン

    2011年度までに「グループ航空会社を7社から3社体制にする」方針が決まり、他のグループ会社では2010年度にボーイング767-300ERを運航しているエアージャパンとANA&JPエクスプレスを統合、2010年10月にはターボプロップ機とボーイング737-500を運航しているエアーニッポンネットワーク・エアーネクスト・エアーセントラルの3社を地方空港を中心に運航する航空会社としてANAウイングス1社に統合され、2012年4月1日にエアーニッポンはANA本体に吸収合併された。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た横浜航空

    11月 - 横浜航空と合併。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たエアー北海道

    7月 - エアー北海道(株)に、DHC-6路線を移管。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たデ・ハビランド・カナダ

    3月 - 日本近距離航空株式会社 (NKA) 設立。19人乗りデ・ハビランド・カナダDHC-6型機にて丘珠 - 稚内 - 利尻、新潟 - 佐渡線を運航開始。コールサインは「KINKYORI(キンキョリ)」。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た日本航空機製造

    1978年(昭和53年)4月 - 全日空から日本航空機製造YS-11型機と羽田 - 大島線、羽田 - 三宅島線の移管を受ける。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

79件中 21 - 30件表示