79件中 31 - 40件表示
  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たボンバルディア・エアロスペース

    7月 - ボンバルディアDHC-8-300型機を導入(のちにエアーニッポンネットワークに移管)。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たANA&JPエクスプレス

    2011年度までに「グループ航空会社を7社から3社体制にする」方針が決まり、他のグループ会社では2010年度にボーイング767-300ERを運航しているエアージャパンとANA&JPエクスプレスを統合、2010年10月にはターボプロップ機とボーイング737-500を運航しているエアーニッポンネットワーク・エアーネクスト・エアーセントラルの3社を地方空港を中心に運航する航空会社としてANAウイングス1社に統合され、2012年4月1日にエアーニッポンはANA本体に吸収合併された。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たルフトハンザドイツ航空

    コンドル航空 - ルフトハンザドイツ航空の元子会社(現在はグループ離脱)。同じ理由で親会社に代わって台湾線を運航していた。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たコンドル航空

    コンドル航空 - ルフトハンザドイツ航空の元子会社(現在はグループ離脱)。同じ理由で親会社に代わって台湾線を運航していた。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たエアーネクスト

    2011年度までに「グループ航空会社を7社から3社体制にする」方針が決まり、他のグループ会社では2010年度にボーイング767-300ERを運航しているエアージャパンとANA&JPエクスプレスを統合、2010年10月にはターボプロップ機とボーイング737-500を運航しているエアーニッポンネットワーク・エアーネクスト・エアーセントラルの3社を地方空港を中心に運航する航空会社としてANAウイングス1社に統合され、2012年4月1日にエアーニッポンはANA本体に吸収合併された。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たエアーセントラル

    2011年度までに「グループ航空会社を7社から3社体制にする」方針が決まり、他のグループ会社では2010年度にボーイング767-300ERを運航しているエアージャパンとANA&JPエクスプレスを統合、2010年10月にはターボプロップ機とボーイング737-500を運航しているエアーニッポンネットワーク・エアーネクスト・エアーセントラルの3社を地方空港を中心に運航する航空会社としてANAウイングス1社に統合され、2012年4月1日にエアーニッポンはANA本体に吸収合併された。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た簡易組織再編行為

    2012年(平成24年)4月1日、全日本空輸株式会社に吸収合併(簡易合併かつ略式合併)され、解散した。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た合併 (企業)

    2012年(平成24年)4月1日、全日本空輸株式会社に吸収合併(簡易合併かつ略式合併)され、解散した。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たデ・ハビランド・カナダ DHC-6

    3月 - 日本近距離航空株式会社 (NKA) 設立。19人乗りデ・ハビランド・カナダDHC-6型機にて丘珠 - 稚内 - 利尻、新潟 - 佐渡線を運航開始。コールサインは「KINKYORI(キンキョリ)」。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たエアバスA320

    1992年(平成4年)7月 - エアバスA320-200型機を導入(全日空との共通事業機)。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

79件中 31 - 40件表示