70件中 31 - 40件表示
  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た簡易合併

    2012年(平成24年)4月1日、全日本空輸株式会社に吸収合併(簡易合併かつ略式合併)され、解散した。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たデ・ハビランド・カナダ DHC-6

    3月 - 日本近距離航空株式会社 (NKA) 設立。9人乗りデ・ハビランド・カナダDHC-6型機にて丘珠 - 稚内 - 利尻、新潟 - 佐渡線を運航開始。コールサインは「KINKYORI(キンキョリ)」。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たエアバスA320

    1992年(平成4年)7月 - エアバスA320-200型機を導入(全日空との共通事業機)。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たジェット機

    主に国内線でナローボディジェット旅客機を運航していた。2011年の時点では、「運航の共同引き受け」により、運航便名はすべてANAで統一されていた。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たナローボディ機

    主に国内線でナローボディジェット旅客機を運航していた。2011年の時点では、「運航の共同引き受け」により、運航便名はすべてANAで統一されていた。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たデ・ハビランド・カナダ DHC-8

    7月 - ボンバルディアDHC-8-300型機を導入(のちにエアーニッポンネットワークに移管)。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た旅客機

    主に国内線でナローボディジェット旅客機を運航していた。2011年の時点では、「運航の共同引き受け」により、運航便名はすべてANAで統一されていた。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たエアバスA321

    (*3) 国内線・国際線兼用機材。1, 2号機(機体記号JA01AN, JA02AN)は、ANAのカラースキームの白色以外を金色に置き換えて塗装した特別塗装機「ゴールドジェット」。うち8席は国内線運航時にはプレミアムクラス、国際線運航時にはビジネスクラスとなる。内際兼用機材であることからギャレーやトイレが多く、ANAグループのナローボディ機ではエアバスA321(2008年に運航終了)に次いで液晶モニターが装備された。3号機からは通常塗装。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た機内誌

    エアーニッポンにより運航されるANA便の国内線は、原則としてANAのサービスを基準とする(機内誌『翼の王国』・オーディオ、ビデオサービス・プレミアムクラス等)。国際線も機内食とサービス等はANAと同じ基準で、ボーイング737-700は国内線運航時のプレミアムクラスをビジネスクラスとしている。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たターボプロップエンジン

    地方路線(ボーイング737・ターボプロップ機運航路線)を担当するエアーニッポンやANAウイングスといった運航会社とANA本体の給料水準には大きな格差があり(特に運航乗務員)、さらに会社を転籍することができないこと等で同社系の労働組合(エアーニッポン乗員組合などで構成されるANAグループ乗員組合)が頻繁にストライキを通告もしくは実際に決行することになった。そこでANA本体がグループ間の転籍やANAとグループ会社間の人員交流等を盛り込むようになった。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

70件中 31 - 40件表示