70件中 41 - 50件表示
  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た幹線

    ANAの幹線、ローカル線をエアバスA320、ボーイング737により幅広く運航。詳細は公式サイト「ルートマップ」を参照。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たトビウオ

    先代の旧塗装は、ANAのトリトンブルー塗装から、垂直尾翼の "ANA" のロゴを "ANK" (日本近距離航空時代は "NKA" )のロゴに変更( "ANK" ロゴは "ANA" ロゴと書体が異なる)、側面では「全日空」のロゴを角ゴシック体で「AIR NIPPON」ロゴタイプ(NKA時代は「日本近距離航空」ロゴ表記)に変更したもので、ANAがモヒカン塗装を採用していた時代には、モヒカン塗装をベースに側面のロゴを【NKA 日本近距離航空】とし、垂直尾翼のANA社章(ダ・ヴィンチ・ヘリコプターマーク)部分をトビウオのシルエットに差し替えた塗装であった。なお、日本近距離航空のロゴタイプは東亜国内航空のロゴタイプと似通っていた。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たゴシック体

    2003年に更新されたANAの基本塗装(機体前方の「全日空」表記をANAロゴに差し替えたもの)の前方ANAロゴの後に「AIR NIPPON」のゴシック体文字が追加されたものとなっている。ただし、ボーイング737-700以降についてはANAの基本塗装のみである。ボーイング737-700、ボーイング737-700ER、ボーイング737-800型機にはスターアライアンスのロゴが配されているが、ボーイング737-500型機にはない。ボーイング737-500型機のエンジンカウルにはANK独自のキャラクターであった「スーパードルフィン」のイラストが描かれている。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た清算

    3月 - エアー北海道が定期路線事業から撤退し、債務超過により同年7月に会社清算エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た稚内空港

    3月 - 日本近距離航空株式会社 (NKA) 設立。9人乗りデ・ハビランド・カナダDHC-6型機にて丘珠 - 稚内 - 利尻、新潟 - 佐渡線を運航開始。コールサインは「KINKYORI(キンキョリ)」。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た女満別空港

    8月 - 新千歳 - 女満別線を最後にYS-11の運航を終了。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たカウル

    (*1) エンジンカウルにイルカが描かれており「スーパードルフィン」の愛称がある。ANAウィングスと兼用運航。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た垂直尾翼

    先代の旧塗装は、ANAのトリトンブルー塗装から、垂直尾翼の "ANA" のロゴを "ANK" (日本近距離航空時代は "NKA" )のロゴに変更( "ANK" ロゴは "ANA" ロゴと書体が異なる)、側面では「全日空」のロゴを角ゴシック体で「AIR NIPPON」ロゴタイプ(NKA時代は「日本近距離航空」ロゴ表記)に変更したもので、ANAがモヒカン塗装を採用していた時代には、モヒカン塗装をベースに側面のロゴを【NKA 日本近距離航空】とし、垂直尾翼のANA社章(ダ・ヴィンチ・ヘリコプターマーク)部分をトビウオのシルエットに差し替えた塗装であった。なお、日本近距離航空のロゴタイプは東亜国内航空のロゴタイプと似通っていた。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た台湾桃園国際空港

    12月 - 初の国際線である福岡 - 台北線を開設(運航は全日空またはエバー航空)。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た日本

    エアーニッポン株式会社(英称: Air Nippon Co., Ltd.)は、かつて存在した日本の航空会社である。全日本空輸(ANA、全日空)の連結子会社であった。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

70件中 41 - 50件表示