79件中 41 - 50件表示
  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たジェット機

    主に国内線でナローボディジェット旅客機を運航していた。2008年4月以降は、「運航の共同引き受け」により、運航便名はすべてANAで統一されていた。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たナローボディ機

    主に国内線でナローボディジェット旅客機を運航していた。2008年4月以降は、「運航の共同引き受け」により、運航便名はすべてANAで統一されていた。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たデ・ハビランド・カナダ DHC-8

    7月 - ボンバルディアDHC-8-300型機を導入(のちにエアーニッポンネットワークに移管)。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た旅客機

    主に国内線でナローボディジェット旅客機を運航していた。2008年4月以降は、「運航の共同引き受け」により、運航便名はすべてANAで統一されていた。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たエアバスA321

    (*3) 国内線・国際線兼用機材。1, 2号機(機体記号JA01AN, JA02AN)は、ANAのカラースキームの白色以外を金色に置き換えて塗装した特別塗装機「ゴールドジェット」。内際兼用機材であることからギャレーやトイレが多く、ANAグループのナローボディ機ではエアバスA321(1998年に導入した機材は2008年に運航終了後、2015年にウィングレット付A321ceo型機新造機4機を再度発注)に次いで液晶モニターが装備された。3号機からは通常塗装。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たA321

    (*3) 国内線・国際線兼用機材。1, 2号機(機体記号JA01AN, JA02AN)は、ANAのカラースキームの白色以外を金色に置き換えて塗装した特別塗装機「ゴールドジェット」。内際兼用機材であることからギャレーやトイレが多く、ANAグループのナローボディ機ではエアバスA321(1998年に導入した機材は2008年に運航終了後、2015年にウィングレット付A321ceo型機新造機4機を再度発注)に次いで液晶モニターが装備された。3号機からは通常塗装。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た機内誌

    エアーニッポンにより運航されるANA便の国内線は、原則としてANAのサービスを基準とする(機内誌『翼の王国』・オーディオ、ビデオサービス・プレミアムクラス等)。国際線も機内食とサービス等はANAと同じ基準で、ボーイング737-700は国内線プレミアムクラス座席をビジネスクラスとしている。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た中華人民共和国

    ANAが中華人民共和国に乗り入れているため、政治的配慮からANAグループの台湾路線はエアーニッポン(EL)便名で運航していた。日本と台湾の両政府間の航空協議によって、2008年4月1日より日本航空とANAは、子会社の便名を使わずに自社の便名で台湾への直行便を運航することになり、エアーニッポンの自社便名による運航はなくなった。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たターボプロップエンジン

    主に地方路線(ボーイング737・ターボプロップ機運航路線)を担当するエアーニッポンやANAウイングスといった運航会社社員とANA本体社員の給料水準には大きな格差があり(特に運航乗務員)、さらに会社を転籍することができないこと等で同社系の労働組合(エアーニッポン乗員組合などで構成されるANAグループ乗員組合)が頻繁にストライキを通告もしくは実際に決行することになった。そこでANA本体がグループ間の転籍やANAとグループ会社間の人員交流等を盛り込むようになった。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た幹線

    2012年3月時点で、ANAの幹線、ローカル線をエアバスA320とボーイング737により幅広く運航していた。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

79件中 41 - 50件表示