エイドリアン・スーティル ニュース&Wiki etc.

エイドリアン・スーティル(Adrian Sutil、1983年1月11日 - )は、ドイツのレーシングドライバー。バイエルン州シュタルンベルク郡出身。血液型AB型、身長183cm。 (出典:Wikipedia)

「エイドリアン・スーティル」Q&A

  • Q&A

    ザウバー のエステバングティエレスとエイドリアンスーティル では どちらのドライバー…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2014年10月18日 17:31

  • Q&A

    F1 熱狂的ファンは、今後のF1をどう思うのだろう? 回復願う。ファンは家族と同じよ…

    [続きを読む]

    回答数:10質問日時 - 2014年10月6日 20:40

  • Q&A

    ★F1関係者たちにのんびりしている余裕がない 台風とかよりもF1は、今深刻な状態に…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2014年10月6日 03:31

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「エイドリアン・スーティル」のつながり調べ

  • ブルーノ・セナ

    ブルーノ・セナから見たエイドリアン・スーティル

    2012年のシート争いで残るシートはウィリアムズとかつて所属していたHRTの2つだけであったが、ルーベンス・バリチェロやエイドリアン・スーティルとの争奪戦の末、かつて叔父のアイルトンが最後に所属していたウィリアムズのシートを獲得した。これに際し、ブルーノの家族(母親や祖父母)は反対せずむしろ大賛成でウィリアムズの加入を喜んだ。なお、メディアではスポンサーマネーで獲得したと報道されたが、ウィリアムズやブルーノ側はこれを否定した。契約締結に至る決め手となったのはウィリアムズ独自のテストに合格したからだとブルーノは発言している。チームの意向により、金曜日のフリー走行1回目の大半(20戦中15戦)はリザーブドライバーのバルテッリ・ボッタスにマシンを譲るという契約になった。(ブルーノ・セナ フレッシュアイペディアより)

  • キミ・ライコネン

    キミ・ライコネンから見たエイドリアン・スーティル

    2008年シーズンは予期せぬ形でスタートすることになった。開幕戦オーストラリアGPにおいて、予選Q1終了間際にトラブルが発生。Q2へ進出できず16位に終わる。決勝では序盤は順調に順位を上げていくものの、オーバーランやスピンを喫し、最終的にはエンジントラブルでリタイアとなった。規定周回を満たしていたため完走扱いとなり、後にバリチェロの失格処分で順位が繰り上がり1ポイント獲得。第2戦マレーシアGPにおいてシーズン初優勝を飾ると、第4戦スペインGPでは自身2度目となるハットトリックで完全勝利を達成した。しかし、この勝利がシーズン最後の勝利となった。その後の第6戦モナコGPでは様々なミスを犯し、後方での戦いを余儀なくされたあげく、予選19番手からスタートし5位走行と健闘していたフォース・インディアのエイドリアン・スーティルに追突し、リタイアに追い込んでいる。結果的に完走を果たすも9位ノーポイントに終わる。続く第7戦カナダGPではピットレーン出口でレッドシグナルで停止中に、ハミルトンに追突されリタイアを喫する。更に第8戦フランスGPでは首位を快走していたが、エキゾーストの破損によりペースが下がり、2位に終わった。第12戦ヨーロッパGPから第15戦シンガポールGPまでトラブルやミスが相次ぎ4戦連続ノーポイントに終わっている。これが影響し、第16戦日本GPを終えてタイトル防衛の可能性は消滅した。第17戦中国GPではハミルトンとタイトルを争うチームメイトのフェリペ・マッサを先行させ、最終戦ブラジルGPにおいてもチームプレーに徹し、2年連続のコンストラクターズタイトルに貢献した。ドライバーズタイトルではロバート・クビサと同点であったものの、優勝回数で上回り3位でシーズンを終えた。(キミ・ライコネン フレッシュアイペディアより)

「エイドリアン・スーティル」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「エイドリアン・スーティル」のニューストピックワード