前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • 2009年トルコグランプリ

    2009年トルコグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    ウィリアムズの中嶋一貴を先頭に各マシンアタックに入るが、ソフトタイヤを履くマシンとハードタイヤを履くマシンに分かれる。ベッテルがQ1に続きトップタイムをマークする。最後にルノーのフェルナンド・アロンソが10番手に飛び込みQ2が終了。トヨタはヤルノ・トゥルーリが4番手に入るが、ティモ・グロックは13番手と明暗が分かれる。トップのベッテルから10番手のアロンソまでの差が0.457秒という大混戦となった。BMWザウバーのニック・ハイドフェルド、中嶋、グロック、コバライネン、フォース・インディアのエイドリアン・スーティルがQ2で敗退。2009年トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年シンガポールグランプリ

    2009年シンガポールグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    アルグエルスアリに抑えられていたエイドリアン・スーティルが20周目の14コーナーでインをつくが抜けずに接触しスピン、コースに戻ろうとしたところで後ろから来たハイドフェルドと接触。これによりスーティルのマシンからフロントウィングが落下。更にパーツが飛び散る。ハイドフェルドは右リアタイヤを破損しリタイヤとなる。ハイドフェルドはこのリタイヤで連続完走記録が41レースで止まってしまう。ここでセーフティーカーが入り、1度目のピット作業を行っていないマシンが次々とピットに入ってくる。新人ドライバーのアルグエルスアリはホースがついたまま発進してしまい、危うくホースを引きちぎってしまいそうになる。接触したスーティルは結局23周目にリタイヤとなってしまう。2009年シンガポールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • トムス

    トムスから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    若手外国人ドライバーの発掘や、フォーミュラトヨタ・レーシングスクール (FTRS) やトヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム (TDP) と連携しての日本人若手ドライバーの育成に積極的であり、外国人ではジャック・ヴィルヌーヴやエイドリアン・スーティル、日本人では中嶋一貴や大嶋和也といったドライバーたちが巣立っていった。トムス フレッシュアイペディアより)

  • ジャンカルロ・フィジケラ

    ジャンカルロ・フィジケラから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    二年連続チャンピオンに輝いたアロンソのチーム離脱により、在籍三年目のフィジケラは名実ともにルノーのエースドライバーとなり、チームメイトに前年のテストドライバーであったヘイキ・コバライネンを迎えた。しかしルノーは2007年よりワンメイクとなったブリヂストンタイヤへの対応にシーズン序盤から苦しみ、最終的にコンストラクターズ3位へ後退した(本来1位であったマクラーレンが不祥事でポイント剥奪された上の3位なので、実質的には4位である)。フィジケラ自身もシーズンが進むにつれ、ルーキーのコバライネンに予選決勝共に先行を許してしまうレースが続き、実力に対する疑問の声が大きくなる。序盤こそ順調にポイントを重ね信頼性の低いマシンながらも健闘したが、中盤からはコバライネンに劣る場面が多くなる。結局、第6戦カナダGPで上位走行中にピット出口の信号を無視し失格したなどの失態もあり、ポイントは30対21とコバライネンに敗れる。ここで12月、アロンソが契約を残したままマクラーレンを抜けルノーにエースドライバーとして加入、セカンドドライバーはネルソン・ピケと決定してしまったため、フィジケラは放出され、シーズンオフはフォース・インディアのシートを得るためテストを行った。シートの一方はエイドリアン・スーティルが引き続き得ることが濃厚とされていたのと、同時にラルフ・シューマッハ、ヴィタントニオ・リウッツィ、クリスチャン・クリエン、フランク・モンタニー、ロルダン・ロドリゲス、山本左近らもテストに参加したため、一つのシートを多くのドライバーが激しく争う異例の展開を見た。ジャンカルロ・フィジケラ フレッシュアイペディアより)

  • SPEED世代

    SPEED世代から見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    1月11日 - エイドリアン・スーティル、F1ドライバーSPEED世代 フレッシュアイペディアより)

  • スーティル

    スーティルから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    スーティル フレッシュアイペディアより)

  • スパイカー・F8-VII

    スパイカー・F8-VIIから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    シーズン当初から10番手以下が続いたが、第13戦イタリアGPからBスペックを投入(前戦のトルコGPで投入予定だったが、リアエンドのクラッシュテストが一度不合格となりイタリアGPへと遅れた)。そして第15戦日本GPでエイドリアン・スーティルは9位でフィニッシュしたが、8位で終えたヴィタントニオ・リウッツィが黄旗の振られている区間で追い越しを行ったとしてペナルティが課せられ、スーティルは8位に繰り上がり、チーム初のポイントをもたらした。スパイカー・F8-VII フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スティール

    エイドリアン・スティールから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スティール フレッシュアイペディアより)

  • コリン・コレス

    コリン・コレスから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    ドライバーの変更や、より多くのテストドライバーを設けて行うチーム運営が特徴とも言える。F1でマネージングディレクターに抜擢されたミッドランドF1では、正ドライバーであるティアゴ・モンテイロ、クリスチャン・アルバースの他、マルクス・ヴィンケルホック、エイドリアン・スーティルなどの数々のドライバーをテストに起用した。その後のスパイカーF1時代にはモンテイロに代わりスーティルが正ドライバーになったが、アルバースはスポンサーの資金不足を理由に途中解雇され、ヴィンケルホックと山本左近が残りのシートをシェアする形となった。フォースインディアが買収後の正ドライバー選考では、山本左近、クリスチャン・クリエン、ヴィタントニオ・リウッツィ、ラルフ・シューマッハ、フランク・モンタニー、ジャンカルロ・フィジケラ、ロルダン・ロドリゲス、ギド・ヴァン・デル・ガルデの7名をテストに参加させている。ヒスパニア・レーシングでは中途でクリエンと山本をテストドライバーとして起用し、山本にいたっては正ドライバーのブルーノ・セナ、カルン・チャンドックのシートをシェアさせている。これらの采配は、新人ドライバーに「シート喪失の可能性」という危機感を与え、そのプレッシャーからドライバーとしての真価を発揮させる狙いがある。コリン・コレス フレッシュアイペディアより)

  • 2010年日本グランプリ

    2010年日本グランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    44周目、10位走行中のエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)がエンジンから白煙を上げてストップ。ニコ・ロズベルグとミハエル・シューマッハはチームメイト同士で6位を争っていたが、47周目、逆バンク付近でロズベルグの左リアタイヤが脱輪し、クラッシュを喫した(17位完走扱い)。2010年日本グランプリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示

「エイドリアン・スーティル」のニューストピックワード