47件中 11 - 20件表示
  • 2010年ブラジルグランプリ

    2010年ブラジルグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    午前中から降りだした雨により路面はウェットの状態でセッションはスタートする。各車インターミディエイトタイヤで燃料を積んで周回を重ねていく中、ウェバー、ベッテルのレッドブル勢が早々に1-2体制を築く。しかし、終盤再度コースインしたフェラーリのアロンソが1'18.987でトップを奪いQ1が終了。以下、スーティル、グロック、トゥルーリ、コバライネン、ディ・グラッシ、クリエン、セナがQ1敗退となった。2010年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • マルクス・ヴィンケルホック

    マルクス・ヴィンケルホックから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    予選では最下位になり、ひとつ順位が上のチームメイトであるエイドリアン・スーティルに1秒以上離され低迷した。しかし、決勝レースでは悪天候を予想してフォーメーション・ラップ終了後にピット・インをしてレインタイヤに交換を行い、ピットからスタート。その後急変した天気に他車がスピンやピットインを行う中、ポールポジションからドライタイヤでスタートしていたキミ・ライコネンを追い抜き、デビュー戦でトップを走行した。マルクス・ヴィンケルホック フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ブラジルグランプリ

    2009年ブラジルグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    2番手にはレッドブルのウェバー、3番手には大健闘のエイドリアン・スーティルが入り、以降の順位は4位にトヨタのヤルノ・トゥルーリ、5位にライコネン、6位に予選自己最高位となるブエミ、7番手にウィリアムズのニコ・ロズベルグ、8番手にBMWのロバート・クビサ、9番手に中嶋一貴、10番手はルノーのフェルナンド・アロンソとなった。2009年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年日本グランプリ (4輪)

    2009年日本グランプリ (4輪)から見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    約17分間の中断後、再度セッションが再開。ルノーのフェルナンド・アロンソとウィリアムズのニコ・ロズベルグが真っ先にコースに出る。15分だったQ2が実質半分の時間となってしまったために、ブラウンGPの2台、フォース・インディアのエイドリアン・スーティルなどは1度のみのアタックで勝負をかける。しかし残り10秒を切ったところでブエミがスプーン(13コーナー)の立ち上がりでウォールに接触、西ストレートにパーツが散らばり、イエローフラッグが提示される。しかし1度もタイムを出していないブラウンGPの2台とスーティルはイエローフラッグが提示された区間を速度を落とさずに通過し、3台とも10番手までに入る。2009年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン・クリエン

    クリスチャン・クリエンから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    レッドブル離脱前後から、中国・日本・ブラジルGPをスパイカーMF1のサードドライバーとして参加するべく動いていたが、スパイカーMF1がそれぞれアレクサンドル・プレマ、エイドリアン・スーティル、アーネスト・ヴィソをサードドライバーに起用すると発表したため、今年のF1公式セッション参加は無くなった。クリスチャン・クリエン フレッシュアイペディアより)

  • 2007年オーストラリアグランプリ

    2007年オーストラリアグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    Q1ではルーベンス・バリチェロ、スコット・スピード、デビッド・クルサード、ヴィタントニオ・リウッツィ、エイドリアン・スーティル、アルバースの6台がノックアウトとなった。2007年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年オーストラリアグランプリ

    2009年オーストラリアグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    スタートは、フロントローからスタートしたバリチェロはエンジンストールしかけて大きく順位を落とす。一方KERSを搭載しているフェリペ・マッサとキミ・ライコネンのフェラーリ勢は順位を上げた。タイトな1コーナーではクラッシュが発生。バリチェロとウェバー、ハイドフェルドとヘイッキ・コバライネンが接触し、ハイドフェルドが右リヤタイヤをパンクさせ、コバライネンは接触によってフロントサスペンションにダメージを受けた。ハイドフェルドとウェバーとエイドリアン・スーティルは1度ピットに入った。コバライネンは1周もできないままリタイヤした。2009年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年スペイングランプリ

    2009年スペイングランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    奇数グリッドが有利と言われる中、3番手のルーベンス・バリチェロがスタートに成功しトップで1コーナーを通過する。トヨタは2台ともスタートに失敗。フェリペ・マッサはKERSを使って1コーナー前でセバスチャン・ベッテルをオーバーテイク。後方ではフェルナンド・アロンソとの接触を避けるためにコースを外れたニコ・ロズベルグが2コーナーの終わりでコースに戻るが今度はヤルノ・トゥルーリがそれを避けるためにコースアウト。戻ってきたところにエイドリアン・スーティルが避けられずに衝突。そのすぐ後ろでセバスチャン・ブルデーがチームメイトのセバスチャン・ブエミに乗り上げるかたちで接触。4台がリタイアとなりセーフティーカーが入る。その隙に16番手スタートのライコネンが6つ順位を上げる。トロ・ロッソはスタート後わずか30秒余りで2台ともリタイヤとなる。2009年スペイングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年イギリスグランプリ

    2009年イギリスグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    10分が経過し、レッドブルがワン・ツー体勢。ハードタイヤを履いたマシンは周回を重ねるごとにタイムが上がってくる。残り6分でフェラーリは2台ともノックアウトゾーンにいたが残り3分で2台ともタイムを上げてくる。逆にマクラーレンの2台がノックアウトゾーンに下がってしまう。残り時間が40秒余りでフォース・インディアのエイドリアン・スーティルが11コーナーでクラッシュ。残り時間で24秒で赤旗中断となり、実質的にここでQ1が終了。トップは赤旗中断直前にトップタイムをマークしたウィリアムズの中嶋一貴。2009年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年イタリアグランプリ

    2009年イタリアグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    ライコネンが先頭でコースに出る。ブラウンGPの2台はピットに待機し出るタイミングを伺う。5分程経過したところでブラウンGPの2台がコースに出る。ブラウンGPの2台と、マクラーレンのヘイッキ・コバライネンはハードタイヤを選択。残り時間がなくなり、エイドリアン・スーティルがトップタイムをマークする。しかしハミルトンが再びトップタイムをマークし、ポールポジション獲得。2番手は自己最高グリッドのスーティル。フォース・インディアは全戦のフィジケラに続いてのフロントロー獲得。以下、ライコネン、コバライネン、バリチェロ、バトン、リウィッツィとメルセデスエンジンを搭載した6台全てが7番手までに入った。2009年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

47件中 11 - 20件表示

「エイドリアン・スーティル」のニューストピックワード