66件中 11 - 20件表示
  • スパイカー・F8-VII

    スパイカー・F8-VIIから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    シーズン当初から10番手以下が続いたが、第13戦イタリアGPからBスペックを投入(前戦のトルコGPで投入予定だったが、リアエンドのクラッシュテストが一度不合格となりイタリアGPへと遅れた)。そして第15戦日本GPでエイドリアン・スーティルは9位でフィニッシュしたが、8位で終えたヴィタントニオ・リウッツィが黄旗の振られている区間で追い越しを行ったとしてペナルティが課せられ、スーティルは8位に繰り上がり、チーム初のポイントをもたらした。スパイカー・F8-VII フレッシュアイペディアより)

  • 2007年ヨーロッパグランプリ

    2007年ヨーロッパグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    スタート直後に降り出した雨で路面コンディションが悪化する中、まず1周目を終える際にピットインしようとしたキミ・ライコネンがオーバーランしピットイン出来ないハプニングが発生、雨がさらに激しさを増す中、3周目第1コーナーでジェンソン・バトンを皮切りにルイス・ハミルトン、エイドリアン・スーティル、ニコ・ロズベルグ、スコット・スピード、アンソニー・デビッドソン、さらにセーフティーカーが出動した直後にヴィタントニオ・リウッツィと、実に7台が次々とスピンしてコースアウト、デビッドソンとハミルトンを除く5台はそのまま棄権するという異常事態となり、赤旗中断となった。2007年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • コリン・コレス

    コリン・コレスから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    ドライバーの変更や、より多くのテストドライバーを設けて行うチーム運営が特徴とも言える。F1でマネージングディレクターに抜擢されたミッドランドF1では、正ドライバーであるティアゴ・モンテイロ、クリスチャン・アルバースの他、マルクス・ヴィンケルホック、エイドリアン・スーティルなどの数々のドライバーをテストに起用した。その後のスパイカーF1時代にはモンテイロに代わりスーティルが正ドライバーになったが、アルバースはスポンサーの資金不足を理由に途中解雇され、ヴィンケルホックと山本左近が残りのシートをシェアする形となった。フォースインディアが買収後の正ドライバー選考では、山本左近、クリスチャン・クリエン、ヴィタントニオ・リウッツィ、ラルフ・シューマッハ、フランク・モンタニー、ジャンカルロ・フィジケラ、ロルダン・ロドリゲス、ギド・ヴァン・デル・ガルデの7名をテストに参加させている。ヒスパニア・レーシングでは中途でクリエンと山本をテストドライバーとして起用し、山本にいたっては正ドライバーのブルーノ・セナ、カルン・チャンドックのシートをシェアさせている。これらの采配は、新人ドライバーに「シート喪失の可能性」という危機感を与え、そのプレッシャーからドライバーとしての真価を発揮させる狙いがある。コリン・コレス フレッシュアイペディアより)

  • 2010年日本グランプリ

    2010年日本グランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    44周目、10位走行中のエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)がエンジンから白煙を上げてストップ。ニコ・ロズベルグとミハエル・シューマッハはチームメイト同士で6位を争っていたが、47周目、逆バンク付近でロズベルグの左リアタイヤが脱輪し、クラッシュを喫した(17位完走扱い)。2010年日本グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年シンガポールグランプリ

    2008年シンガポールグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    13周目、ピケが19コーナーでクラッシュ、その影響でセーフティカーが導入された。14周目は隊列走行中に、バリチェロがコース上でストップしてしまった。17周目にピットレーンがオープンとなり、各車がピットへと入っていった。1位を走行していたドライバーズランキング2位のマッサのピット作業で、信号(フェラーリはロリポップの代わりに独自の信号システムを採用している。)を変える担当メカニックのミスで、マッサが給油ホースが抜けていないにもかかわらず、スタートしてしまったため、給油ホースが引きちぎれ、ピットロード出口手前で止まって、メカニックがホースを抜きに来るまで待たなければならず、かなりのタイムロスをしてしまった。また、ピットからスタートするときに、エイドリアン・スーティルの進路を妨害したとして、ドライブスルーペナルティを受けてしまった。また、ニコ・ロズベルグとロバート・クビサとバリチェロには、ピットレーンがオープンとなる前に給油作業をしたとして、10秒ストップペナルティが科された。2008年シンガポールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年日本グランプリ (4輪)

    2014年日本グランプリ (4輪)から見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    43周目、エイドリアン・スーティルがダンロップコーナー出口でコースオフし、タイヤバリアに接触。マシン撤去作業のためこの区間に黄旗(減速・追い越し禁止)が提示される。その1周後、同じ地点でジュール・ビアンキがコースオフし、スーティルのマシンを吊り上げていた重機に衝突。この事故でビアンキは意識不明に陥り、救出車出動のためセーフティカーが出動する。他車はピットインしタイヤ交換を行うが、46周目に2度目の赤旗が提示され、44周目終了時点の順位でレースが成立した。53周予定の75%(40周)を走行し終えていたため、入賞者には通常のポイントが付与される。2014年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • Fダクト

    Fダクトから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    第7戦トルコGPから投入。チームでは「スイッチャブル・リアウイング (SRW) 」と呼んでいる。BMWザウバーと同じく、ドーサルフィンがメインプレートに接続している。ヴィタントニオ・リウッツィは手首で操作するシステムとコメントしている。また、自分はチームメイトのエイドリアン・スーティルよりもFダクト効果が得られないと漏らしている。Fダクト フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ブラジルグランプリ

    2009年ブラジルグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    2番手にはレッドブルのウェバー、3番手には大健闘のエイドリアン・スーティルが入り、以降の順位は4位にトヨタのヤルノ・トゥルーリ、5位にライコネン、6位に予選自己最高位となるブエミ、7番手にウィリアムズのニコ・ロズベルグ、8番手にBMWのロバート・クビサ、9番手に中嶋一貴、10番手はルノーのフェルナンド・アロンソとなった。2009年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • スパイカーF1

    スパイカーF1から見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    正式にコンストラクター名をスパイカーに改称した。新チーム体制は前年度にもある通り技術部門はすでに固めており、その他のチーム首脳陣としてはコリン・コレスが引き続きチームを指揮することが発表された。ドライバーもクリスチャン・アルバースが残留し、チームメイトには新しくエイドリアン・スーティルが加入する事が発表された。スパイカーF1 フレッシュアイペディアより)

  • スージー・ヴォルフ

    スージー・ヴォルフから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    はテストドライバーに昇進した。この年はレギュラーのボッタスが負傷により第2戦マレーシアGPの出走を取りやめるのではないかとの報道があり、かつリザーブドライバーを置いていなかったウィリアムズで事実上の3番手はヴォルフであったことからデビューが噂された。しかしウィリアムズは対策としてエイドリアン・スーティルをリザーブとして雇用し、また最終的にはボッタスが回復し出走したためヴォルフの参戦は幻に終わった。スージー・ヴォルフ フレッシュアイペディアより)

66件中 11 - 20件表示