66件中 21 - 30件表示
  • 2009年日本グランプリ (4輪)

    2009年日本グランプリ (4輪)から見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    約17分間の中断後、再度セッションが再開。ルノーのフェルナンド・アロンソとウィリアムズのニコ・ロズベルグが真っ先にコースに出る。15分だったQ2が実質半分の時間となってしまったために、ブラウンGPの2台、フォース・インディアのエイドリアン・スーティルなどは1度のみのアタックで勝負をかける。しかし残り10秒を切ったところでブエミがスプーン(13コーナー)の立ち上がりでウォールに接触、西ストレートにパーツが散らばり、イエローフラッグが提示される。しかし1度もタイムを出していないブラウンGPの2台とスーティルはイエローフラッグが提示された区間を速度を落とさずに通過し、3台とも10番手までに入る。2009年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • シュタルンベルク郡

    シュタルンベルク郡から見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティル - レーシングドライバー (シュタルンベルク)シュタルンベルク郡 フレッシュアイペディアより)

  • マルシャF1チーム

    マルシャF1チームから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    しかし、第15戦日本GPでの42周目のダンロップコーナーにて、直前にクラッシュしたザウバーのエイドリアン・スーティルの駆るマシンを撤去しようとしていたクレーン車にビアンキのマシンが衝突し、ビアンキは意識不明の重体となってしまった(翌年7月17日、意識を回復しないまま死去)。またチームの資金難も深刻化していたため、次戦のロシアGPこそチルトンが出場したものの、第17戦アメリカGPを前にチームが破産申請を行い、残る3戦を欠場した。マルシャF1チーム フレッシュアイペディアより)

  • 2008年イタリアグランプリ

    2008年イタリアグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    雨のQ1は、ルーベンス・バリチェロ・ネルソン・ピケJr.・中嶋一貴・ジェンソン・バトン・エイドリアン・スーティルの5名が脱落。この時点では、まだ波乱の様相を見せていなかった。2008年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年オーストラリアグランプリ

    2009年オーストラリアグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    スタートは、フロントローからスタートしたバリチェロはエンジンストールしかけて大きく順位を落とす。一方KERSを搭載しているフェリペ・マッサとキミ・ライコネンのフェラーリ勢は順位を上げた。タイトな1コーナーではクラッシュが発生。バリチェロとウェバー、ハイドフェルドとヘイッキ・コバライネンが接触し、ハイドフェルドが右リヤタイヤをパンクさせ、コバライネンは接触によってフロントサスペンションにダメージを受けた。ハイドフェルドとウェバーとエイドリアン・スーティルは1度ピットに入った。コバライネンは1周もできないままリタイヤした。2009年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年オーストラリアグランプリ

    2013年オーストラリアグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    1回目のピットストップでミディアムタイヤに履き替えた第2スティントも同じ状況となり、2ストップ作戦で挑んだフォース・インディアのスーティルに前を抑えられる羽目となった。この状況を打破するため、アロンソが早めに2回目のタイヤ交換を行い、ベッテル・マッサの前に出ることに成功した。2013年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年オーストラリアグランプリ

    2007年オーストラリアグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    Q1ではルーベンス・バリチェロ、スコット・スピード、デビッド・クルサード、ヴィタントニオ・リウッツィ、エイドリアン・スーティル、アルバースの6台がノックアウトとなった。2007年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン・アルバース

    クリスチャン・アルバースから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    しかし、個人スポンサーによるチームへの支払い滞納、チームメイトであるエイドリアン・スーティルと比較しても結果が劣る状況が続く。そしてフランスGPで給油ホースを引きちぎってピットロードを激走するという一歩間違えば大惨事ともなる大失態を演じ、イギリスGP後の7月10日、チームは公式に「今後このチームでレースすることはない」と正式解雇を発表した。その後は再びDTMに参戦している。2009年からはル・マン24時間レースにも出場した(2010年まで)。クリスチャン・アルバース フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ディ・レスタ

    ポール・ディ・レスタから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    2011年より正ドライバーに昇格し、エイドリアン・スーティルと共に参戦する。開幕戦オーストラリアGPではザウバーチームの失格にも助けられ10位入賞を果たし、続く第2戦マレーシアGPでも新人離れした堅実な走りにより再び10位入賞を果たす。第3戦中国GPでも小林可夢偉と終盤まで10位争いを繰り広げていたが、小林にオーバーテイクされてしまい惜しくも11位に終わった。第9戦イギリスGPの予選では自己ベストの6位グリッドを獲得したが、決勝ではピットストップで大幅にタイムロスがあり入賞争いから脱落し15位に終わった。デビューから2戦連続で入賞した後も、いくつかのレースで入賞圏内を走行する場面があったもののなかなかポイントに手が届かなかったが、第11戦ハンガリーGPで7位でフィニッシュし第2戦マレーシアGP以来となるポイントを獲得した。その後のレースでも安定してポイントを稼ぎ、ポイントランキング13位を記録した。またルーキーながらリタイアしたレースは僅か1戦のみと、安定したパフォーマンスを見せた。ポール・ディ・レスタ フレッシュアイペディアより)

  • マルクス・ヴィンケルホック

    マルクス・ヴィンケルホックから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    上記のヨーロッパグランプリでは予選で最下位になり、ひとつ順位が上のチームメイトであるエイドリアン・スーティルにも予選のタイムで1秒以上離されるなど低迷した。しかし、決勝レースでは悪天候を予想してフォーメーション・ラップ終了後にピットインをしてレインタイヤに交換を行い、ピットからスタート。その後急変した天気に他車がスピンやピットインを行う中、ポールポジションからドライタイヤでスタートしていたキミ・ライコネンを追い抜き、デビュー戦でトップを走行した。マルクス・ヴィンケルホック フレッシュアイペディアより)

66件中 21 - 30件表示