47件中 21 - 30件表示
  • 2009年ドイツグランプリ

    2009年ドイツグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    残り4分を切ったところでブラウンGPのルーベンス・バリチェロ、ルノーのネルソン・ピケ、フォース・インディアのエイドリアン・スーティルがソフトタイヤでトップ3を占める。それを見て各チームがソフトタイヤに履き替えるが、2分を切ったところで再び雨が強くなり、タイムが伸びない。結局そのままQ2が終了し、BMWのニック・ハイドフェルド、ルノーのフェルナンド・アロンソ、トヨタのヤルノ・トゥルーリ、ウィリアムズの2台がQ2敗退。アロンソとニコ・ロズベルグは今期初めてQ3に進むことができなかった。一方ピケが今期初のQ3進出、スーティルがチーム初、自身にとっても初のQ3進出を果たす。2009年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 全日本F3選手権

    全日本F3選手権から見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    このカテゴリーを経たドライバーは、日本の上位カテゴリー(現在はフォーミュラ・ニッポンやSUPER GT)や、ヨーロッパのF3や上位カテゴリー(GP2など)にステップアップしている。2006年にチャンピオンとなったエイドリアン・スーティルは翌年よりF1に参戦し、高い評価を得た。F3世界一を争うマカオGPでは2007年にオリバー・ジャービス、2008年に国本京佑と全日本F3選手権参戦ドライバーが優勝したことにより、他国からも注目を集めている。全日本F3選手権 フレッシュアイペディアより)

  • スパイカーF1

    スパイカーF1から見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    正式にコンストラクター名をスパイカーに改称した。新チーム体制は前年度にもある通り技術部門はすでに固めており、その他のチーム首脳陣としてはコリン・コレスが引き続きチームを指揮することが発表された。ドライバーもクリスチャン・アルバースが残留し、チームメイトには新しくエイドリアン・スーティルが加入する事が発表された。スパイカーF1 フレッシュアイペディアより)

  • ティアゴ・モンテイロ

    ティアゴ・モンテイロから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    シーズン終了後の12月21日、2006年シーズン終盤にMF1を買収したスパイカーF1チームは翌年のラインナップをアルバースとエイドリアン・スーティルと発表。モンテイロはF1におけるシートを失った。ティアゴ・モンテイロ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年イタリアグランプリ

    2008年イタリアグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    雨のQ1は、ルーベンス・バリチェロ・ネルソン・ピケJr.・中嶋一貴・ジェンソン・バトン・エイドリアン・スーティルの5名が脱落。この時点では、まだ波乱の様相を見せていなかった。2008年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン・アルバース

    クリスチャン・アルバースから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    しかし、個人スポンサーによるチームへの支払い滞納、チームメイトであるエイドリアン・スーティルと比較しても結果が劣る状況が続く。そしてフランスGPで給油ホースを引きちぎってピットロードを激走するという一歩間違えば大惨事ともなる大失態を演じ、イギリスGP後の7月10日、チームは公式に「今後このチームでレースすることはない」と正式解雇を発表した。その後は再びDTMに参戦している。2009年からはル・マン24時間レースにも出場した(2010年まで)。クリスチャン・アルバース フレッシュアイペディアより)

  • ルカ・バドエル

    ルカ・バドエルから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    レース終了後の車両保管所で、フォース・インディアのエイドリアン・スーティルのマシンに追突ルカ・バドエル フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・セナ

    ブルーノ・セナから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    2012年のシート争いで残るシートはウィリアムズとかつて所属していたHRTの2つだけであったが、ルーベンス・バリチェロやエイドリアン・スーティルとの争奪戦の末、かつて叔父のアイルトンが最後に所属していたウィリアムズのシートを獲得した。これに際し、ブルーノの家族(母親や祖父母)は反対せずむしろ大賛成でウィリアムズの加入を喜んだ。なお、メディアではスポンサーマネーで獲得したと報道されたが、ウィリアムズやブルーノ側はこれを否定した。契約締結に至る決め手となったのはウィリアムズ独自のテストに合格したからだとブルーノは発言している。チームの意向により、金曜日のフリー走行1回目の大半(20戦中15戦)はリザーブドライバーのバルテッリ・ボッタスにマシンを譲るという契約になった。ブルーノ・セナ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年シンガポールグランプリ

    2008年シンガポールグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    13周目、ピケが19コーナーでクラッシュ、その影響でセーフティカーが導入された。14周目は隊列走行中に、バリチェロがコース上でストップしてしまった。17周目にピットレーンがオープンとなり、各車がピットへと入っていった。1位を走行していたドライバーズランキング2位のマッサのピット作業で、信号(フェラーリはロリポップの代わりに独自の信号システムを採用している。)を変える担当メカニックのミスで、マッサが給油ホースが抜けていないにもかかわらず、スタートしてしまったため、給油ホースが引きちぎれ、ピットロード出口手前で止まって、メカニックがホースを抜きに来るまで待たなければならず、かなりのタイムロスをしてしまった。また、ピットからスタートするときに、エイドリアン・スーティルの進路を妨害したとして、ドライブスルーペナルティを受けてしまった。また、ニコ・ロズベルグとロバート・クビサとバリチェロには、ピットレーンがオープンとなる前に給油作業をしたとして、10秒ストップペナルティが科された。2008年シンガポールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ベルギーグランプリ

    2009年ベルギーグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    まず、フォース・インディアのジャンカルロ・フィジケラがトップタイムをマークする。その後、ルノーのロマン・グロージャンがトップタイムを更新する。直後にウィリアムズのニコ・ロズベルグがトップタイムを更新するが、グロージャンが次の周回で再びトップに立つ。7分が経過し、トヨタのヤルノ・トゥルーリが最初に1分45秒台のタイムをマーク。直後にトロ・ロッソのセバスチャン・ブエミ、フォース・インディアのエイドリアン・スーティル、BMWザウバーのニック・ハイドフェルドがトゥルーリのタイムを更新する。2009年ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示

「エイドリアン・スーティル」のニューストピックワード