47件中 31 - 40件表示
  • フォース・インディア

    フォース・インディアから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    2008年度のドライバーとしては前身チームであるスパイカーF1との契約期間が残っていたエイドリアン・スーティルともう一人のドライバーにはスーティルのチームメイトの山本左近、元ホンダ(現ヒスパニア・レーシング)テストドライバーであったクリスチャン・クリエン、元トロ・ロッソのヴィタントニオ・リウッツィ、元トヨタ(現DTMドライバー)のラルフ・シューマッハと同テストドライバーであったフランク・モンタニー、元ルノーのジャンカルロ・フィジケラ、加えてフォース・インディアのテストドライバーだったロルダン・ロドリゲスとギド・ヴァン・デル・ガルデの7名(後日、ビジェイ・マリヤは「ラルフは選択肢ではなく、選択肢はクリエン、フィジケラ、モンタニー、リウッツィの4名だけだった」と語っている。またラルフ本人も「マリヤとの個人的関係・約束からのテスト参加であり、ここに所属するとは思えない」と発言していた。)の中から選考の結果、ジャンカルロ・フィジケラが選ばれた。またテストドライバーとしてはヴィタントニオ・リウッツィが起用されている。フォース・インディア フレッシュアイペディアより)

  • Fダクト

    Fダクトから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    第7戦トルコGPから投入。チームでは「スイッチャブル・リアウイング (SRW) 」と呼んでいる。BMWザウバーと同じく、ドーサルフィンがメインプレートに接続している。ヴィタントニオ・リウッツィは手首で操作するシステムとコメントしている。また、自分はチームメイトのエイドリアン・スーティルよりもFダクト効果が得られないと漏らしている。Fダクト フレッシュアイペディアより)

  • 大嶋和也

    大嶋和也から見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    2006年は全日本F3選手権シリーズにステップアップ。当年度は優勝者が6名も誕生するという近年ではまれに見る戦国F3シリーズであったが、シリーズランキング2位(優勝3回)と好成績を収めた。特筆すべきは、彼の速さを強烈に印象付けたことであり、ポールポジション4回・ファステストラップ5回を獲得し、この記録はシリーズチャンピオンのエイドリアン・スーティル(F1のMF1・テストドライバー、翌年スパイカーよりF1デビュー)よりも上回っている。また、F3マカオGPにも出場し、決勝レースでは7位(この年の日本人最高位)となった。なお、この年はSUPER GT・GT300クラス(梁山泊 aprMR-S)に田中実とコンビを組んでデビューした(シリーズランキング15位)。また、このシーズン最終戦でSUPER GTのGT300クラスでの最年少ポールポジション記録をぬりかえた(19歳)。大嶋和也 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年日本グランプリ (4輪)

    2008年日本グランプリ (4輪)から見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    また、このハミルトンのブレーキアクションが原因で後続車両にも影響が出てしまい、1コーナーを抜けた直後に、フォース・インディアのエイドリアン・スーティルとレッドブルのデビッド・クルサードが接触した。クルサードはリアサスペンションを破損し、立ち上がりの加速時にコースを左へ横断。飛び出してきたクルサードと中嶋一貴の走行ラインが重なり、中嶋は接触してフロントウイングを破損し最下位へ転落してしまう。今季で引退が決定しているクルサードは、そのままタイヤバリアに突っ込みリタイア。クルサードにとっての最後の日本GPは、僅か10秒ほどで終わってしまった(しかし、本人は気落ちしておらず、その後ピットウォールにて、無線でウェバーと会話するなど、非常に和やかだったという)。2008年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • ジュール・ビアンキ

    ジュール・ビアンキから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    2013年はニコ・ヒュルケンベルグが移籍して空いたフォース・インディアのシートを、エイドリアン・スーティルと競ったがシートは獲得できなかった。しかし、マルシャと契約していたルイス・ラジアにスポンサーからの支払いが期限内に振り込まれないトラブルが発生したため、代わってシートを得ることが出来た。ジュール・ビアンキ フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    2009年もBMWザウバーから参戦。KERSを搭載したマシンで臨んだ開幕戦オーストラリアGPだったが、決勝レースのスタート直後に他車と接触、終始後方でのレースとなり完走こそ果たしたものの無得点に終わった。足掛け3年にわたり更新し続けた連続完走記録は第13戦イタリアGPまで続き、第14戦シンガポールGPでスピンしたエイドリアン・スーティルに接触されてリタイアを余儀なくされ、連続完走記録は41で止まった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・クビサ

    ロバート・クビサから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    2010年シーズンはルノーF1から参戦。シーズン前はチームの資金難が続きR30の開発が遅れたが、その後スポンサーが続々と決定され、また建設中であった新しい風洞試験装置が完成するとともに開発のスピードは上がっている。開幕戦バーレーンGPではスタート直後の1コーナーで前を走るマーク・ウェバーの車がエンジンオイル量過多のため突然白煙を噴いたことに驚いたエイドリアン・スーティルが急な進路変更をしクビサのマシンに接触、クビサとスーティルの2台のマシンはスピンした。2人ともすぐにレースに戻り、特にクビサは最後尾から懸命の追い上げを見せたが11位でゴールし、惜しくもポイント獲得(10位までに与えられる)を逃した。ロバート・クビサ フレッシュアイペディアより)

  • キミ・ライコネン

    キミ・ライコネンから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    2008年シーズンは予期せぬ形でスタートすることになった。開幕戦オーストラリアGPにおいて、予選Q1終了間際にトラブルが発生。Q2へ進出できず16位に終わる。決勝では序盤は順調に順位を上げていくものの、オーバーランやスピンを喫し、最終的にはエンジントラブルでリタイアとなった。規定周回を満たしていたため完走扱いとなり、後にバリチェロの失格処分で順位が繰り上がり1ポイント獲得。第2戦マレーシアGPにおいてシーズン初優勝を飾ると、第4戦スペインGPでは自身2度目となるハットトリックで完全勝利を達成した。しかし、この勝利がシーズン最後の勝利となった。その後の第6戦モナコGPでは様々なミスを犯し、後方での戦いを余儀なくされたあげく、予選19番手からスタートし5位走行と健闘していたフォース・インディアのエイドリアン・スーティルに追突し、リタイアに追い込んでいる。結果的に完走を果たすも9位ノーポイントに終わる。続く第7戦カナダGPではピットレーン出口でレッドシグナルで停止中に、ハミルトンに追突されリタイアを喫する。更に第8戦フランスGPでは首位を快走していたが、エキゾーストの破損によりペースが下がり、2位に終わった。第12戦ヨーロッパGPから第15戦シンガポールGPまでトラブルやミスが相次ぎ4戦連続ノーポイントに終わっている。これが影響し、第16戦日本GPを終えてタイトル防衛の可能性は消滅した。第17戦中国GPではハミルトンとタイトルを争うチームメイトのフェリペ・マッサを先行させ、最終戦ブラジルGPにおいてもチームプレーに徹し、2年連続のコンストラクターズタイトルに貢献した。ドライバーズタイトルではロバート・クビサと同点であったものの、優勝回数で上回り3位でシーズンを終えた。キミ・ライコネン フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    母国日本GPでは予選14位から、他のドライバーがソフトタイヤでスタートする中、ハードタイヤで走り出した。ハイメ・アルグエルスアリを14周目、エイドリアン・スーティルを18周目にヘアピンで抜き、全53周レースの38周目にピットイン。ソフトタイヤに履き替えると、アルグエルスアリをアウト側から45周目、ルーベンス・バリチェロを48周目、ハイドフェルドを49周目に同じヘアピンで抜き、計5回のオーバーテイクをした。そして2度目のアルグエルスアリをオーバーテイクする際に接触したことでマシン左側のディフレクター、サイドポンツーンの損傷に加えてフロントウィングの一部まで欠損している状況にも拘わらず7位入賞を果たし、観客を熱狂させた。なお、小林自身は何回オーバーテイクを行ったか記憶していないと語っている。続く韓国GPでは8位、ブラジルGPでも10位と3戦連続入賞を果たした。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年ヨーロッパグランプリ

    2007年ヨーロッパグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    スタート直後に降り出した雨で路面コンディションが悪化する中、まず1周目を終える際にピットインしようとしたキミ・ライコネンがオーバーランしピットイン出来ないハプニングが発生、雨がさらに激しさを増す中、3周目第1コーナーでジェンソン・バトンを皮切りにルイス・ハミルトン、エイドリアン・スーティル、ニコ・ロズベルグ、スコット・スピード、アンソニー・デビッドソン、さらにセーフティーカーが出動した直後にヴィタントニオ・リウッツィと、実に7台が次々とスピンしてコースアウト、デビッドソンとハミルトンを除く5台はそのまま棄権するという異常事態となり、赤旗中断となった。2007年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

47件中 31 - 40件表示

「エイドリアン・スーティル」のニューストピックワード