66件中 41 - 50件表示
  • クリスチャン・クリエン

    クリスチャン・クリエンから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    レッドブル離脱前後から、中国・日本・ブラジルGPをスパイカーMF1のサードドライバーとして参加するべく動いていたが、スパイカーMF1がそれぞれアレクサンドル・プレマ、エイドリアン・スーティル、アーネスト・ヴィソをサードドライバーに起用すると発表したため、今年のF1公式セッション参加は無くなった。クリスチャン・クリエン フレッシュアイペディアより)

  • ルカ・バドエル

    ルカ・バドエルから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    レース終了後の車両保管所で、フォース・インディアのエイドリアン・スーティルのマシンに追突ルカ・バドエル フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のF1世界選手権

    2017年のF1世界選手権から見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    固定ナンバーで使用されていたナンバーで、最後に使用されてから2年以上経った場合、別のドライバーが使用できるようになっている。そのため、4(マックス・チルトン)、10(小林可夢偉)、25(ジャン=エリック・ベルニュ)、99(エイドリアン・スーティル)はこのシーズンから別のドライバーが使用可能となる。2017年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ピエルルイジ・マルティニ

    ピエルルイジ・マルティニから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    出走した119のレースで一度も表彰台を獲得したことがなく、これは2014年ドイツグランプリでエイドリアン・スーティルに更新されるまで、一度も表彰台に登壇したことのないドライバーの最多出走記録であった。ピエルルイジ・マルティニ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ベルギーグランプリ

    2009年ベルギーグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    まず、フォース・インディアのジャンカルロ・フィジケラがトップタイムをマークする。その後、ルノーのロマン・グロージャンがトップタイムを更新する。直後にウィリアムズのニコ・ロズベルグがトップタイムを更新するが、グロージャンが次の周回で再びトップに立つ。7分が経過し、トヨタのヤルノ・トゥルーリが最初に1分45秒台のタイムをマーク。直後にトロ・ロッソのセバスチャン・ブエミ、フォース・インディアのエイドリアン・スーティル、BMWザウバーのニック・ハイドフェルドがトゥルーリのタイムを更新する。2009年ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    2009年もBMWザウバーから参戦。KERSを搭載したマシンで臨んだ開幕戦オーストラリアGPだったが、決勝レースのスタート直後に他車と接触、終始後方でのレースとなり完走こそ果たしたものの無得点に終わった。足掛け3年にわたり更新し続けた連続完走記録は第13戦イタリアGPまで続き、第14戦シンガポールGPでスピンしたエイドリアン・スーティルに接触されてリタイアを余儀なくされ、連続完走記録は41で止まった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • 2008年ヨーロッパグランプリ

    2008年ヨーロッパグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    マッサは38周目にハミルトンとの差を10秒と広げた所でピットイン。ピットアウトする時にピットレーン後方から来たエイドリアン・スーティルと危うく接触しそうになる。両者何とか接触は逃れたが、マッサがレース後の審議対象となる。41周目にスーティルがクラッシュ。このタイミングでライコネンとヘイッキ・コバライネンが同時ピットイン。このとき、ライコネンが給油リグが抜けないまま発進しようとしてしまい、ピットクルーを負傷させてしまう。このトラブルでヤルノ・トゥルーリにも先に行かれてしまった。2008年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ヨーロッパグランプリ

    2009年ヨーロッパグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    残り時間がなくなり、アロンソは最終アタック第2セクターまでタイムが伸びないが、第3セクターで挽回し、なんとか8番手に滑り込む。この結果、BMWザウバーのニック・ハイドフェルド、フォース・インディアのエイドリアン・スーティル、トヨタのティモ・グロック、ルノーのロマン・グロージャン、トロ・ロッソのブエミがQ2敗退となった。2009年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・クビサ

    ロバート・クビサから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    2010年シーズンはルノーF1から参戦。シーズン前はチームの資金難が続きR30の開発が遅れたが、その後スポンサーが続々と決定され、また建設中であった新しい風洞試験装置が完成するとともに開発のスピードは上がっている。開幕戦バーレーンGPではスタート直後の1コーナーで前を走るマーク・ウェバーの車がエンジンオイル量過多のため突然白煙を噴いたことに驚いたエイドリアン・スーティルが急な進路変更をしクビツァのマシンに接触、クビツァとスーティルの2台のマシンはスピンした。2人ともすぐにレースに戻り、特にクビツァは最後尾から懸命の追い上げを見せたが11位でゴールし、惜しくもポイント獲得(10位までに与えられる)を逃した。ロバート・クビサ フレッシュアイペディアより)

  • ギド・ヴァン・デル・ガルデ

    ギド・ヴァン・デル・ガルデから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    この手の「ペイ・ドライバー」による持ち込み資金によるシート奪取は20年以上前から井上隆智穂によって指摘されており、こうした事態が発生した場合いかなる選択肢であろうが正ドライバーは二人と決まっていて、どちらかがシートを降りなければならない。余談だが、2015年もザウバーと契約しチームメイトになる予定だったエイドリアン・スーティルは、同じくシートを奪われたが問題を当初表沙汰にはしていなかった。ギド・ヴァン・デル・ガルデ フレッシュアイペディアより)

66件中 41 - 50件表示