1 2 3 4 5 次へ
47件中 41 - 47件表示
  • 2008年ヨーロッパグランプリ

    2008年ヨーロッパグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    マッサは38周目にハミルトンとの差を10秒と広げた所でピットイン。ピットアウトする時にピットレーン後方から来たエイドリアン・スーティルと危うく接触しそうになる。両者何とか接触は逃れたが、マッサがレース後の審議対象となる。41周目にスーティルがクラッシュ。このタイミングでライコネンとヘイッキ・コバライネンが同時ピットイン。このとき、ライコネンが給油リグが抜けないまま発進しようとしてしまい、ピットクルーを負傷させてしまう。このトラブルでヤルノ・トゥルーリにも先に行かれてしまった。2008年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ヨーロッパグランプリ

    2009年ヨーロッパグランプリから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    残り時間がなくなり、アロンソは最終アタック第2セクターまでタイムが伸びないが、第3セクターで挽回し、なんとか8番手に滑り込む。この結果、BMWザウバーのニック・ハイドフェルド、フォース・インディアのエイドリアン・スーティル、トヨタのティモ・グロック、ルノーのロマン・グロージャン、トロ・ロッソのブエミがQ2敗退となった。2009年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1983年

    1983年から見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    1月11日 - エイドリアン・スーティル、F1ドライバー1983年 フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・アロンソ

    フェルナンド・アロンソから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    ヘルメットの後ろにトランプのカラーリングを施すほどのカードゲーム好きである。2008年ドイツGPの開催期間には、フォースインディアのモーターホームでミハエル・シューマッハやバーニー・エクレストンといったメンバーとポーカーを遊んでいた。その後、参加費1000ドルのポーカー大会が行われ、参加メンバーはアロンソ自身のほかに、ルーベンス・バリチェロ、エイドリアン・スーティル、ニック・ハイドフェルド、ロバート・クビサ、ジャンカルロ・フィジケラ、ミハエル・シューマッハ、バーニー・エクレストン、フラビオ・ブリアトーレ、ビジェイ・マリヤなど、豪華な顔ぶれとなった。フェルナンド・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    第12戦ヨーロッパGPではポールポジションを獲得。決勝でも見事なスタートを決め首位を堅持すると、そのまま独走態勢に入りシーズン4勝目をあげた。ファステストラップも記録しており、自身100戦目のレースをハットトリックという完勝劇で飾った。リタイアに終わったライコネンをランキングで抜いて2位に浮上した。また、2度目のピットアウトの際エイドリアン・スーティルと接触寸前になり、レース後の審議で罰金のペナルティを科されたが、順位の変更はなかった。マッサの言い分は「ラップリーダーの人間に進路を譲るものだ。」としている。第13戦ベルギーGPでは2位でレースを終えたが、首位でチェッカーを受けたハミルトンが「シケインのショートカットによるアドバンテージを利用しての追い越し」によりペナルティを受け、その結果マッサが優勝に繰上げとなり、2連勝でシーズン5勝目をあげた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • ニコ・ヒュルケンベルグ

    ニコ・ヒュルケンベルグから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    2012年シーズンはエイドリアン・スーティルがチームから離脱し、レギュラードライバーに昇格した 。ニコ・ヒュルケンベルグ フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ディ・レスタ

    ポール・ディ・レスタから見たエイドリアン・スーティルエイドリアン・スーティル

    2011年より正ドライバーに昇格し、エイドリアン・スーティルと共に参戦する。開幕戦オーストラリアGPではザウバーチームの失格にも助けられ10位入賞を果たし、続く第2戦マレーシアGPでも新人離れした堅実な走りにより再び10位入賞を果たす。第3戦中国GPでも小林可夢偉と終盤まで10位争いを繰り広げていたが、小林にオーバーテイクされてしまい惜しくも11位に終わった。第9戦イギリスGPの予選では自己ベストの6位グリッドを獲得したが、決勝ではピットストップで大幅にタイムロスがあり入賞争いから脱落し15位に終わった。デビューから2戦連続で入賞した後も、いくつかのレースで入賞圏内を走行する場面があったもののなかなかポイントに手が届かなかったが、第11戦ハンガリーGPで7位でフィニッシュし第2戦マレーシアGP以来となるポイントを獲得した。その後のレースでも安定してポイントを稼ぎ、ポイントランキング13位を記録した。またルーキーながらリタイアしたレースは僅か1戦のみと、安定したパフォーマンスを見せた。ポール・ディ・レスタ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
47件中 41 - 47件表示

「エイドリアン・スーティル」のニューストピックワード