75件中 11 - 20件表示
  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たセルジオ・ペレス

    はヒュルケンベルグがザウバーへ移籍したため空いた古巣・フォースインディアのシートを、ジュール・ビアンキと競った末に獲得し、F1復帰を果たす。ディ・レスタとは2年ぶりとなるコンビ復活。スーティルは開幕戦ではトップを走行し、モナコGPでは5位入賞を果たすなど好調であったが、シーズン中盤にタイヤ規定が変更されると後半戦はディ・レスタともども中団に埋もれる苦しい戦いとなった。チームは翌年へ向けてドライバーを総入れ替えし、マクラーレンから移籍のセルジオ・ペレスと、ヒュルケンベルグがザウバーから戻ることが発表され、スーティルは押し出される形でザウバーへの移籍(2014・2015年の2年契約を結んだとされる)が発表された。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たルーベンス・バリチェロ

    ドイツGPではQ1.Q2を余裕を持って勝ち上がり、Q3で自己最高の7番グリッドにつけた。予選を8.9番手で終えたフェラーリの2台より多く燃料を積んでの予選であり、決勝では1回目のピットストップまでのロングランで2位まで順位を上げ、トップを走るルーベンス・バリチェロの直後に着き優勝の期待もされたが、ピットアウト後の1コーナーでキミ・ライコネンと接触。15位までポジションを落とし大きなチャンスを逃した。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た富士スピードウェイ

    2006年、日本のトムスからのオファーを受け、全日本F3選手権にフル参戦する契約を結ぶ。雨の富士では接触でリアウイングを失うも、4位で完走するなど驚異的な走りを見せ、18戦中5勝をあげてシリーズチャンピオンに輝いた。また、8月に行われたSUPER GTの鈴鹿1000kmレースに、同じくトムスの36号車のサードドライバーとして、脇阪寿一、アンドレ・ロッテラーと共に出走した。また同年には、F1に新規参戦したミッドランドF1(MF1)チームのサードドライバーとして契約しており、F1の3レースで金曜日フリー走行に出走した(第5戦ヨーロッパGP、第11戦フランスGP、第17戦日本GP)。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たピアニスト

    父はバイオリニスト、母はピアニストという音楽一家に生まれる。自身も幼少期よりピアニストになる為の英才教育を受けていたが、14歳の時にゴーカートと出会い、そのエンジン音の虜に。ピアニストからレーサーへの道へ進むことを決める。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たマクラーレン

    はヒュルケンベルグがザウバーへ移籍したため空いた古巣・フォースインディアのシートを、ジュール・ビアンキと競った末に獲得し、F1復帰を果たす。ディ・レスタとは2年ぶりとなるコンビ復活。スーティルは開幕戦ではトップを走行し、モナコGPでは5位入賞を果たすなど好調であったが、シーズン中盤にタイヤ規定が変更されると後半戦はディ・レスタともども中団に埋もれる苦しい戦いとなった。チームは翌年へ向けてドライバーを総入れ替えし、マクラーレンから移籍のセルジオ・ペレスと、ヒュルケンベルグがザウバーから戻ることが発表され、スーティルは押し出される形でザウバーへの移籍(2014・2015年の2年契約を結んだとされる)が発表された。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たザウバー

    はヒュルケンベルグがザウバーへ移籍したため空いた古巣・フォースインディアのシートを、ジュール・ビアンキと競った末に獲得し、F1復帰を果たす。ディ・レスタとは2年ぶりとなるコンビ復活。スーティルは開幕戦ではトップを走行し、モナコGPでは5位入賞を果たすなど好調であったが、シーズン中盤にタイヤ規定が変更されると後半戦はディ・レスタともども中団に埋もれる苦しい戦いとなった。チームは翌年へ向けてドライバーを総入れ替えし、マクラーレンから移籍のセルジオ・ペレスと、ヒュルケンベルグがザウバーから戻ることが発表され、スーティルは押し出される形でザウバーへの移籍(2014・2015年の2年契約を結んだとされる)が発表された。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たコリン・コレス

    2004年にはコリン・コレスのチームからユーロF3に参戦。2度のポールポジション獲得などの活躍を見せるが優勝には至らず、総合15位で初年度を終えた。最終戦ではASMに移籍し、翌2005年も同チームから参戦、チームメイトにはルイス・ハミルトンを迎えた。2勝をあげたものの15勝をあげたハミルトンに敗れ、総合2位で同シリーズを終えた。同年2005年冬には、初開催となる2005-2006A1グランプリにドイツチームとして、ポルトガル、オーストラリア、ドバイのレースにも出場している。最高位は12位が2回、チームは総合15位に終わった。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たヘイキ・コバライネン

    イタリアGP予選では自己最高位更新となる予選2位の速さを見せ、フロントロウを獲得。更に決勝ではマシンの特性を活かして初ファステストラップを記録し、自己最高位の4位でゴール。レースや予選で速さを見せた一方で、シンガポールGPではスピンした直後のリカバーでニック・ハイドフェルドに衝突し、次戦の日本GPではシケインに並走状態で進入したヘイキ・コバライネンのラインを強引にふさぎ接触など、他車を巻き込む荒いドライビングも見参するシーズンとなった。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た脇阪寿一

    2006年、日本のトムスからのオファーを受け、全日本F3選手権にフル参戦する契約を結ぶ。雨の富士では接触でリアウイングを失うも、4位で完走するなど驚異的な走りを見せ、18戦中5勝をあげてシリーズチャンピオンに輝いた。また、8月に行われたSUPER GTの鈴鹿1000kmレースに、同じくトムスの36号車のサードドライバーとして、脇阪寿一、アンドレ・ロッテラーと共に出走した。また同年には、F1に新規参戦したミッドランドF1(MF1)チームのサードドライバーとして契約しており、F1の3レースで金曜日フリー走行に出走した(第5戦ヨーロッパGP、第11戦フランスGP、第17戦日本GP)。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たアンドレ・ロッテラー

    2006年、日本のトムスからのオファーを受け、全日本F3選手権にフル参戦する契約を結ぶ。雨の富士では接触でリアウイングを失うも、4位で完走するなど驚異的な走りを見せ、18戦中5勝をあげてシリーズチャンピオンに輝いた。また、8月に行われたSUPER GTの鈴鹿1000kmレースに、同じくトムスの36号車のサードドライバーとして、脇阪寿一、アンドレ・ロッテラーと共に出走した。また同年には、F1に新規参戦したミッドランドF1(MF1)チームのサードドライバーとして契約しており、F1の3レースで金曜日フリー走行に出走した(第5戦ヨーロッパGP、第11戦フランスGP、第17戦日本GP)。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

75件中 11 - 20件表示