75件中 21 - 30件表示
  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たピエルルイジ・マルティニ

    F1グランプリに出場したのは128戦を数えるが、一度も表彰台を獲得したことがなく、F1をドライブした7年間の最高位は2009年イタリアグランプリで獲得した4位であった。2014年ドイツグランプリにて、それまでのピエルルイジ・マルティニの「119戦出場、表彰台未登壇」の記録を塗り替えたが、2017年シンガポールグランプリでニコ・ヒュルケンベルグが記録を更新した。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た山本左近

    2007年、MF1を買収したスパイカーから、ティアゴ・モンテイロに代わりレギュラードライバーとしてF1参戦することになった。チームメイトはクリスチャン・アルバース(第11戦ハンガリーGPからはアルバースに代わって山本左近)。マシンの競争力不足から、チームメイトと共にシーズンを通して予選では常に最後方を争うことになる。決勝ではミスも目立ち、7回のリタイアの内5回は、単独でのスピンや他車とのアクシデントによるものとなった。そんな中、第17戦日本GPでは9位でレースを終え、後に8位のヴィタントニオ・リウッツィのペナルティにより8位に繰り上がり、F1での初入賞を果たすとともにスパイカーにチーム初ポイントをもたらした。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たフォーミュラ1

    2006年、日本のトムスからのオファーを受け、全日本F3選手権にフル参戦する契約を結ぶ。雨の富士では接触でリアウイングを失うも、4位で完走するなど驚異的な走りを見せ、18戦中5勝をあげてシリーズチャンピオンに輝いた。また、8月に行われたSUPER GTの鈴鹿1000kmレースに、同じくトムスの36号車のサードドライバーとして、脇阪寿一、アンドレ・ロッテラーと共に出走した。また同年には、F1に新規参戦したミッドランドF1(MF1)チームのサードドライバーとして契約しており、F1の3レースで金曜日フリー走行に出走した(第5戦ヨーロッパGP、第11戦フランスGP、第17戦日本GP)。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たフォース・インディア

    2008年はスパイカーを買収したフォース・インディアと契約。チームメイトはベテランのジャンカルロ・フィジケラ。チーム名こそ衣替えしたものの、昨年同様マシンの競争力不足は変わらず、全18戦中11回のリタイアを喫する。第6戦モナコGPでは雨の中、非力なマシンで終盤まで4位を走行したが、後方からキミ・ライコネンに追突されリタイアに追い込まれた。しかしレース後に「黄旗が振られている区間で3台をオーバーテイクした」として警告を受けたため、完走していたとしてもペナルティのため入賞ではなかったことが濃厚。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たジュール・ビアンキ

    はヒュルケンベルグがザウバーへ移籍したため空いた古巣・フォースインディアのシートを、ジュール・ビアンキと競った末に獲得し、F1復帰を果たす。ディ・レスタとは2年ぶりとなるコンビ復活。スーティルは開幕戦ではトップを走行し、モナコGPでは5位入賞を果たすなど好調であったが、シーズン中盤にタイヤ規定が変更されると後半戦はディ・レスタともども中団に埋もれる苦しい戦いとなった。チームは翌年へ向けてドライバーを総入れ替えし、マクラーレンから移籍のセルジオ・ペレスと、ヒュルケンベルグがザウバーから戻ることが発表され、スーティルは押し出される形でザウバーへの移籍(2014・2015年の2年契約を結んだとされる)が発表された。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たフェラーリ

    ドイツGPではQ1.Q2を余裕を持って勝ち上がり、Q3で自己最高の7番グリッドにつけた。予選を8.9番手で終えたフェラーリの2台より多く燃料を積んでの予選であり、決勝では1回目のピットストップまでのロングランで2位まで順位を上げ、トップを走るルーベンス・バリチェロの直後に着き優勝の期待もされたが、ピットアウト後の1コーナーでキミ・ライコネンと接触。15位までポジションを落とし大きなチャンスを逃した。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たトムス

    2006年、日本のトムスからのオファーを受け、全日本F3選手権にフル参戦する契約を結ぶ。雨の富士では接触でリアウイングを失うも、4位で完走するなど驚異的な走りを見せ、18戦中5勝をあげてシリーズチャンピオンに輝いた。また、8月に行われたSUPER GTの鈴鹿1000kmレースに、同じくトムスの36号車のサードドライバーとして、脇阪寿一、アンドレ・ロッテラーと共に出走した。また同年には、F1に新規参戦したミッドランドF1(MF1)チームのサードドライバーとして契約しており、F1の3レースで金曜日フリー走行に出走した(第5戦ヨーロッパGP、第11戦フランスGP、第17戦日本GP)。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たポールポジション

    2002年にはスイスのフォーミュラ・フォードに参戦し、全12の選手権において全てのレースでポールトゥウィンを達成してチャンピオンに輝いた。2003年はドイツのフォーミュラBMWに参戦し、2回のポールポジションと4回の表彰台を獲得するも優勝には届かず、総合6位でシーズンを終えた。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2009年イタリアグランプリ

    イタリアGP予選では自己最高位更新となる予選2位の速さを見せ、フロントロウを獲得。更に決勝ではマシンの特性を活かして初ファステストラップを記録し、自己最高位の4位でゴール。レースや予選で速さを見せた一方で、シンガポールGPではスピンした直後のリカバーでニック・ハイドフェルドに衝突し、次戦の日本GPではシケインに並走状態で進入したヘイキ・コバライネンのラインを強引にふさぎ接触など、他車を巻き込む荒いドライビングも見参するシーズンとなった。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2009年のF1世界選手権

    2009年も引き続きフォース・インディアから参戦。マシンの競争力は不足しており苦戦を強いられているが、雨中のレースとなった第3戦中国GPでは終盤に6位まで浮上しまたしても雨での強さを見せた。しかし、残り6周でクラッシュし入賞を逃した(17位完走扱い)。イギリスGPでは予選で赤旗中断となる激しいクラッシュに見舞われたが、決勝には無事出走している。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

75件中 21 - 30件表示