75件中 31 - 40件表示
  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たレーサー

    エイドリアン・スーティル(Adrian Sutil, 1983年1月11日 - )は、ドイツのレーシングドライバー。バイエルン州シュタルンベルク郡出身。血液型AB型、身長183cm。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たゴーカート

    父はバイオリニスト、母はピアニストという音楽一家に生まれる。自身も幼少期よりピアニストになる為の英才教育を受けていたが、14歳の時にゴーカートと出会い、そのエンジン音の虜に。ピアニストからレーサーへの道へ進むことを決める。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たザウバー・C33

    はザウバーに移籍、チームメイトはエステバン・グティエレス(予選成績はスーティルの12勝7敗)。慢性的なチームの資金難とドライブするマシン「C33」の戦闘力不足に泣き、ノーポイントでシーズン終了(決勝最高位は2度の11位)。スーティルとザウバーとの契約は2015年も残っていたが、資金難解決を目論むザウバーチーム首脳が巻き起こした『ドライバー多重契約騒動』の被害に遭い、レギュラーシートを失う。スーティルはチームを告訴し、チューリッヒ最高裁判所はスーティルの弁護団が求めた約4億円の賠償金は妥当だと認める判決を言い渡しスーティルは勝訴した。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2009年中国グランプリ

    2009年も引き続きフォース・インディアから参戦。マシンの競争力は不足しており苦戦を強いられているが、雨中のレースとなった第3戦中国GPでは終盤に6位まで浮上しまたしても雨での強さを見せた。しかし、残り6周でクラッシュし入賞を逃した(17位完走扱い)。イギリスGPでは予選で赤旗中断となる激しいクラッシュに見舞われたが、決勝には無事出走している。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2014年ドイツグランプリ

    F1グランプリに出場したのは128戦を数えるが、一度も表彰台を獲得したことがなく、F1をドライブした7年間の最高位は2009年イタリアグランプリで獲得した4位であった。2014年ドイツグランプリにて、それまでのピエルルイジ・マルティニの「119戦出場、表彰台未登壇」の記録を塗り替えたが、2017年シンガポールグランプリでニコ・ヒュルケンベルグが記録を更新した。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2010年のF1世界選手権

    2010年も引き続きフォース・インディアから参戦。同年のフォースインディアのマシン「VJM03」は開幕戦から高い戦闘力を発揮し、コンスタントにポイントを獲得する過去最良のシーズンとなるも、シーズン途中にテクニカル・ディレクターが離脱したことからチームのパフォーマンスは徐々に低下、シーズン終盤は予選でのQ3進出もままならなくなった。結果、コンストラクターズランキングでウィリアムズチームに6位を奪われた。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た執行猶予

    その後もウィリアムズなどのドライバー候補者に名前が挙がるがF1シート確保には至らない状況で年が明けた2012年1月13日、ドイツの警察当局はスーティルを重傷害罪で起訴、ミュンヘンの地方裁判所に召喚された。1月30日に行われた裁判では被害者であるラックスの他、その場に居たジェローム・ダンブロシオも出廷し証言を行い、スーティル側はラックスに「本当に申し訳ないことをしてしまった、意図的に傷つけるつもりはなかった」と釈明し直接謝罪したが翌31日、スーティルに対し執行猶予付きの懲役1年6ヶ月・罰金20万ユーロ(約2000万円)の有罪判決を下した。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たフォーミュラ・フォード

    2002年にはスイスのフォーミュラ・フォードに参戦し、全12の選手権において全てのレースでポールトゥウィンを達成してチャンピオンに輝いた。2003年はドイツのフォーミュラBMWに参戦し、2回のポールポジションと4回の表彰台を獲得するも優勝には届かず、総合6位でシーズンを終えた。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たスーパーGT

    2016年のウィリアムズはリザーブドライバーとしてディ・レスタとの契約を発表したため、スーティルのF1との関わりは途切れた。以後の活動としてWEC、DTM、日本のスーパーGTなどへ参戦したい意向があったとされる。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2007年日本グランプリ (4輪)

    2007年、MF1を買収したスパイカーから、ティアゴ・モンテイロに代わりレギュラードライバーとしてF1参戦することになった。チームメイトはクリスチャン・アルバース(第11戦ハンガリーGPからはアルバースに代わって山本左近)。マシンの競争力不足から、チームメイトと共にシーズンを通して予選では常に最後方を争うことになる。決勝ではミスも目立ち、7回のリタイアの内5回は、単独でのスピンや他車とのアクシデントによるものとなった。そんな中、第17戦日本GPでは9位でレースを終え、後に8位のヴィタントニオ・リウッツィのペナルティにより8位に繰り上がり、F1での初入賞を果たすとともにスパイカーにチーム初ポイントをもたらした。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

75件中 31 - 40件表示