75件中 41 - 50件表示
  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たA1グランプリ

    2004年にはコリン・コレスのチームからユーロF3に参戦。2度のポールポジション獲得などの活躍を見せるが優勝には至らず、総合15位で初年度を終えた。最終戦ではASMに移籍し、翌2005年も同チームから参戦、チームメイトにはルイス・ハミルトンを迎えた。2勝をあげたものの15勝をあげたハミルトンに敗れ、総合2位で同シリーズを終えた。同年2005年冬には、初開催となる2005-2006A1グランプリにドイツチームとして、ポルトガル、オーストラリア、ドバイのレースにも出場している。最高位は12位が2回、チームは総合15位に終わった。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たルノーF1

    2011年、中国GP後に上海のナイトクラブ「M1NT」にて友人でもあるルイス・ハミルトンの優勝祝賀パーティに参加した際、ロータス・ルノーGPを実質運営しているGENI(ジェニイ)・キャピタルのCEOであるエリック・ラックスに傷害を負わせたとして5月17日、GENI側から刑事告訴を受けた。スーティル自身は「割れたシャンパングラスを持っていて、偶然怪我をさせてしまった」と弁解したが、ラックスは首を24針縫う負傷とされ、聴覚障害にも悩まされているとして11億円の損害賠償を請求した。スーパーライセンスの剥奪も噂されたがFIAは事態を静観し、所属チームであるフォース・インディアも即時解雇等の処分はせずに状況を静観する旨の声明を発表した。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2006年フランスグランプリ

    2006年、日本のトムスからのオファーを受け、全日本F3選手権にフル参戦する契約を結ぶ。雨の富士では接触でリアウイングを失うも、4位で完走するなど驚異的な走りを見せ、18戦中5勝をあげてシリーズチャンピオンに輝いた。また、8月に行われたSUPER GTの鈴鹿1000kmレースに、同じくトムスの36号車のサードドライバーとして、脇阪寿一、アンドレ・ロッテラーと共に出走した。また同年には、F1に新規参戦したミッドランドF1(MF1)チームのサードドライバーとして契約しており、F1の3レースで金曜日フリー走行に出走した(第5戦ヨーロッパGP、第11戦フランスGP、第17戦日本GP)。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た日本

    2006年、日本のトムスからのオファーを受け、全日本F3選手権にフル参戦する契約を結ぶ。雨の富士では接触でリアウイングを失うも、4位で完走するなど驚異的な走りを見せ、18戦中5勝をあげてシリーズチャンピオンに輝いた。また、8月に行われたSUPER GTの鈴鹿1000kmレースに、同じくトムスの36号車のサードドライバーとして、脇阪寿一、アンドレ・ロッテラーと共に出走した。また同年には、F1に新規参戦したミッドランドF1(MF1)チームのサードドライバーとして契約しており、F1の3レースで金曜日フリー走行に出走した(第5戦ヨーロッパGP、第11戦フランスGP、第17戦日本GP)。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たバイエルン州

    エイドリアン・スーティル(Adrian Sutil, 1983年1月11日 - )は、ドイツのレーシングドライバー。バイエルン州シュタルンベルク郡出身。血液型AB型、身長183cm。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2008年のF1世界選手権

    2008年はスパイカーを買収したフォース・インディアと契約。チームメイトはベテランのジャンカルロ・フィジケラ。チーム名こそ衣替えしたものの、昨年同様マシンの競争力不足は変わらず、全18戦中11回のリタイアを喫する。第6戦モナコGPでは雨の中、非力なマシンで終盤まで4位を走行したが、後方からキミ・ライコネンに追突されリタイアに追い込まれた。しかしレース後に「黄旗が振られている区間で3台をオーバーテイクした」として警告を受けたため、完走していたとしてもペナルティのため入賞ではなかったことが濃厚。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たドイツ

    エイドリアン・スーティル(Adrian Sutil, 1983年1月11日 - )は、ドイツのレーシングドライバー。バイエルン州シュタルンベルク郡出身。血液型AB型、身長183cm。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たウィリアムズF1

    2010年も引き続きフォース・インディアから参戦。同年のフォースインディアのマシン「VJM03」は開幕戦から高い戦闘力を発揮し、コンスタントにポイントを獲得する過去最良のシーズンとなるも、シーズン途中にテクニカル・ディレクターが離脱したことからチームのパフォーマンスは徐々に低下、シーズン終盤は予選でのQ3進出もままならなくなった。結果、コンストラクターズランキングでウィリアムズチームに6位を奪われた。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たエステバン・グティエレス

    はザウバーに移籍、チームメイトはエステバン・グティエレス(予選成績はスーティルの12勝7敗)。慢性的なチームの資金難とドライブするマシン「C33」の戦闘力不足に泣き、ノーポイントでシーズン終了(決勝最高位は2度の11位)。スーティルとザウバーとの契約は2015年も残っていたが、資金難解決を目論むザウバーチーム首脳が巻き起こした『ドライバー多重契約騒動』の被害に遭い、レギュラーシートを失う。スーティルはチームを告訴し、チューリッヒ最高裁判所はスーティルの弁護団が求めた約4億円の賠償金は妥当だと認める判決を言い渡しスーティルは勝訴した。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たスパイカーF1

    2007年、MF1を買収したスパイカーから、ティアゴ・モンテイロに代わりレギュラードライバーとしてF1参戦することになった。チームメイトはクリスチャン・アルバース(第11戦ハンガリーGPからはアルバースに代わって山本左近)。マシンの競争力不足から、チームメイトと共にシーズンを通して予選では常に最後方を争うことになる。決勝ではミスも目立ち、7回のリタイアの内5回は、単独でのスピンや他車とのアクシデントによるものとなった。そんな中、第17戦日本GPでは9位でレースを終え、後に8位のヴィタントニオ・リウッツィのペナルティにより8位に繰り上がり、F1での初入賞を果たすとともにスパイカーにチーム初ポイントをもたらした。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

75件中 41 - 50件表示