75件中 51 - 60件表示
  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2006年ヨーロッパグランプリ

    2006年、日本のトムスからのオファーを受け、全日本F3選手権にフル参戦する契約を結ぶ。雨の富士では接触でリアウイングを失うも、4位で完走するなど驚異的な走りを見せ、18戦中5勝をあげてシリーズチャンピオンに輝いた。また、8月に行われたSUPER GTの鈴鹿1000kmレースに、同じくトムスの36号車のサードドライバーとして、脇阪寿一、アンドレ・ロッテラーと共に出走した。また同年には、F1に新規参戦したミッドランドF1(MF1)チームのサードドライバーとして契約しており、F1の3レースで金曜日フリー走行に出走した(第5戦ヨーロッパGP、第11戦フランスGP、第17戦日本GP)。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たオーバーテイク

    2008年はスパイカーを買収したフォース・インディアと契約。チームメイトはベテランのジャンカルロ・フィジケラ。チーム名こそ衣替えしたものの、昨年同様マシンの競争力不足は変わらず、全18戦中11回のリタイアを喫する。第6戦モナコGPでは雨の中、非力なマシンで終盤まで4位を走行したが、後方からキミ・ライコネンに追突されリタイアに追い込まれた。しかしレース後に「黄旗が振られている区間で3台をオーバーテイクした」として警告を受けたため、完走していたとしてもペナルティのため入賞ではなかったことが濃厚。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2006年日本グランプリ (4輪)

    2006年、日本のトムスからのオファーを受け、全日本F3選手権にフル参戦する契約を結ぶ。雨の富士では接触でリアウイングを失うも、4位で完走するなど驚異的な走りを見せ、18戦中5勝をあげてシリーズチャンピオンに輝いた。また、8月に行われたSUPER GTの鈴鹿1000kmレースに、同じくトムスの36号車のサードドライバーとして、脇阪寿一、アンドレ・ロッテラーと共に出走した。また同年には、F1に新規参戦したミッドランドF1(MF1)チームのサードドライバーとして契約しており、F1の3レースで金曜日フリー走行に出走した(第5戦ヨーロッパGP、第11戦フランスGP、第17戦日本GP)。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たABO式血液型

    エイドリアン・スーティル(Adrian Sutil, 1983年1月11日 - )は、ドイツのレーシングドライバー。バイエルン州シュタルンベルク郡出身。血液型AB型、身長183cm。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2005年から2006年のA1グランプリ

    2004年にはコリン・コレスのチームからユーロF3に参戦。2度のポールポジション獲得などの活躍を見せるが優勝には至らず、総合15位で初年度を終えた。最終戦ではASMに移籍し、翌2005年も同チームから参戦、チームメイトにはルイス・ハミルトンを迎えた。2勝をあげたものの15勝をあげたハミルトンに敗れ、総合2位で同シリーズを終えた。同年2005年冬には、初開催となる2005-2006A1グランプリにドイツチームとして、ポルトガル、オーストラリア、ドバイのレースにも出場している。最高位は12位が2回、チームは総合15位に終わった。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たポールトゥウィン

    2002年にはスイスのフォーミュラ・フォードに参戦し、全12の選手権において全てのレースでポールトゥウィンを達成してチャンピオンに輝いた。2003年はドイツのフォーミュラBMWに参戦し、2回のポールポジションと4回の表彰台を獲得するも優勝には届かず、総合6位でシーズンを終えた。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2009年イギリスグランプリ

    2009年も引き続きフォース・インディアから参戦。マシンの競争力は不足しており苦戦を強いられているが、雨中のレースとなった第3戦中国GPでは終盤に6位まで浮上しまたしても雨での強さを見せた。しかし、残り6周でクラッシュし入賞を逃した(17位完走扱い)。イギリスGPでは予選で赤旗中断となる激しいクラッシュに見舞われたが、決勝には無事出走している。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たフォーミュラBMW

    2002年にはスイスのフォーミュラ・フォードに参戦し、全12の選手権において全てのレースでポールトゥウィンを達成してチャンピオンに輝いた。2003年はドイツのフォーミュラBMWに参戦し、2回のポールポジションと4回の表彰台を獲得するも優勝には届かず、総合6位でシーズンを終えた。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2009年日本グランプリ (4輪)

    イタリアGP予選では自己最高位更新となる予選2位の速さを見せ、フロントロウを獲得。更に決勝ではマシンの特性を活かして初ファステストラップを記録し、自己最高位の4位でゴール。レースや予選で速さを見せた一方で、シンガポールGPではスピンした直後のリカバーでニック・ハイドフェルドに衝突し、次戦の日本GPではシケインに並走状態で進入したヘイキ・コバライネンのラインを強引にふさぎ接触など、他車を巻き込む荒いドライビングも見参するシーズンとなった。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2008年モナコグランプリ

    2008年はスパイカーを買収したフォース・インディアと契約。チームメイトはベテランのジャンカルロ・フィジケラ。チーム名こそ衣替えしたものの、昨年同様マシンの競争力不足は変わらず、全18戦中11回のリタイアを喫する。第6戦モナコGPでは雨の中、非力なマシンで終盤まで4位を走行したが、後方からキミ・ライコネンに追突されリタイアに追い込まれた。しかしレース後に「黄旗が振られている区間で3台をオーバーテイクした」として警告を受けたため、完走していたとしてもペナルティのため入賞ではなかったことが濃厚。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

75件中 51 - 60件表示