61件中 51 - 60件表示
  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たスパイカーF1

    2007年、MF1を買収したスパイカーから、ティアゴ・モンテイロに代わりF1に参戦することになった。チームメイトはクリスチャン・アルバース。第11戦ハンガリーGPからはアルバースに代わって山本左近がチームメイトになっている。マシンの競争力不足から、チームメイトと共にシーズンを通して予選では常に最後方を争うことになる。決勝ではミスも目立ち、7回のリタイアの内5回は、単独でのスピンや他車とのアクシデントによるものとなった。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たオーバーテイク

    第6戦モナコGPでは雨の中、非力なマシンで終盤まで4位を走行したが、後方からキミ・ライコネンに追突されリタイアに追い込まれた。しかしレース後には黄旗が振られている区間で3台をオーバーテイクしたとして警告を受けたため、完走していたとしてもペナルティを受け入賞はなかったと思われる。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たポルトガル

    2004年にはコリン・コレスのチームからユーロF3に参戦。2度のポールポジション獲得などの活躍を見せるが優勝には至らず、総合15位で初年度を終えた。最終戦ではASMに移籍し、翌2005年には同チームから参戦、チームメイトにはルイス・ハミルトンを迎えた。2勝をあげたものの15勝をあげたハミルトンに敗れ、総合2位で同シリーズを終えた。同じ2005年冬には、初開催となる2005-2006A1グランプリにドイツチームとして、ポルトガル、オーストラリア、ドバイのレースにも出場している。最高位は12位が2回、チームは総合15位に終わった。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たポールトゥウィン

    2002年にはスイスのフォーミュラ・フォードに参戦し、全12の選手権において全てのレースでポールトゥウィンを達成してチャンピオンに輝いた。2003年はドイツのフォーミュラBMWに参戦し、2回のポールポジションと4回の表彰台を獲得するも優勝には届かず、総合6位でシーズンを終えた。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2007年のF1世界選手権

    2007年、MF1を買収したスパイカーから、ティアゴ・モンテイロに代わりF1に参戦することになった。チームメイトはクリスチャン・アルバース。第11戦ハンガリーGPからはアルバースに代わって山本左近がチームメイトになっている。マシンの競争力不足から、チームメイトと共にシーズンを通して予選では常に最後方を争うことになる。決勝ではミスも目立ち、7回のリタイアの内5回は、単独でのスピンや他車とのアクシデントによるものとなった。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たSUPER GT

    2006年は全日本F3選手権にトムスから参戦すると、雨の富士では接触でリアウイングを失うも、4位で完走するなど驚異的な走りを見せ、18戦中5勝をあげてチャンピオンに輝いた。また、8月に行われたSUPER GTの鈴鹿1000kmレースに、同じくトムスの36号車のサードドライバーとして、脇阪寿一、アンドレ・ロッテラーと共に出走した。この年は、F1に新規参戦したMF1のサードドライバーとなり、金曜日のフリー走行にも出走している。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2009年シンガポールグランプリ

    イタリアGPでは、自己最高位となる予選2位を獲得した。更に決勝ではマシンの特性を活かして初ファステストラップを記録し、自己最高位の4位を獲得した。レースや予選で時折速さを見せるものの、他車を省みない危険なドライビングも目立つシーズンとなった。(シンガポールグランプリでスピンした直後のリカバーでハイドフェルドに衝突し、次戦の日本グランプリではシケインに並走状態で進入したコバライネンのラインを強引にふさぎ接触など)エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2011年のF1世界選手権

    2011年も引き続きフォース・インディアから参戦。チームメイトはルーキーのポール・ディ・レスタ。最終的にディ・レスタに15ポイント差をつける42ポイントを獲得しドライバーズランキング9位につけたが、シーズン終了後にニコ・ヒュルケンベルグと入れ替わる形でシートを失った。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2007年ハンガリーグランプリ

    2007年、MF1を買収したスパイカーから、ティアゴ・モンテイロに代わりF1に参戦することになった。チームメイトはクリスチャン・アルバース。第11戦ハンガリーGPからはアルバースに代わって山本左近がチームメイトになっている。マシンの競争力不足から、チームメイトと共にシーズンを通して予選では常に最後方を争うことになる。決勝ではミスも目立ち、7回のリタイアの内5回は、単独でのスピンや他車とのアクシデントによるものとなった。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たジュール・ビアンキ

    はニコ・ヒュルケンベルグが移籍して空いた古巣フォース・インディアのシートを、ジュール・ビアンキと競った末に獲得し、F1復帰を果たした。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

61件中 51 - 60件表示

「エイドリアン・スーティル」のニューストピックワード