1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
75件中 71 - 75件表示
  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2011年のF1世界選手権

    2011年も引き続きフォース・インディアから参戦。チームメイトはルーキーのポール・ディ・レスタ。最終的にディ・レスタに15ポイント差をつける42ポイントを奪い、キャリアハイとなるドライバーズランキング9位獲得、全19戦中リタイアは2度のみと悪くないシーズンを送るが、4月に発生していた傷害事件と裁判沙汰もあり(後述)、シーズン終了後にニコ・ヒュルケンベルグと入れ替わる形でF1シートを失う。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2007年ハンガリーグランプリ

    2007年、MF1を買収したスパイカーから、ティアゴ・モンテイロに代わりレギュラードライバーとしてF1参戦することになった。チームメイトはクリスチャン・アルバース(第11戦ハンガリーGPからはアルバースに代わって山本左近)。マシンの競争力不足から、チームメイトと共にシーズンを通して予選では常に最後方を争うことになる。決勝ではミスも目立ち、7回のリタイアの内5回は、単独でのスピンや他車とのアクシデントによるものとなった。そんな中、第17戦日本GPでは9位でレースを終え、後に8位のヴィタントニオ・リウッツィのペナルティにより8位に繰り上がり、F1での初入賞を果たすとともにスパイカーにチーム初ポイントをもたらした。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2009年ドイツグランプリ

    ドイツGPではQ1.Q2を余裕を持って勝ち上がり、Q3で自己最高の7番グリッドにつけた。予選を8.9番手で終えたフェラーリの2台より多く燃料を積んでの予選であり、決勝では1回目のピットストップまでのロングランで2位まで順位を上げ、トップを走るルーベンス・バリチェロの直後に着き優勝の期待もされたが、ピットアウト後の1コーナーでキミ・ライコネンと接触。15位までポジションを落とし大きなチャンスを逃した。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2017年シンガポールグランプリ

    F1グランプリに出場したのは128戦を数えるが、一度も表彰台を獲得したことがなく、F1をドライブした7年間の最高位は2009年イタリアグランプリで獲得した4位であった。2014年ドイツグランプリにて、それまでのピエルルイジ・マルティニの「119戦出場、表彰台未登壇」の記録を塗り替えたが、2017年シンガポールグランプリでニコ・ヒュルケンベルグが記録を更新した。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見た2013年モナコグランプリ

    はヒュルケンベルグがザウバーへ移籍したため空いた古巣・フォースインディアのシートを、ジュール・ビアンキと競った末に獲得し、F1復帰を果たす。ディ・レスタとは2年ぶりとなるコンビ復活。スーティルは開幕戦ではトップを走行し、モナコGPでは5位入賞を果たすなど好調であったが、シーズン中盤にタイヤ規定が変更されると後半戦はディ・レスタともども中団に埋もれる苦しい戦いとなった。チームは翌年へ向けてドライバーを総入れ替えし、マクラーレンから移籍のセルジオ・ペレスと、ヒュルケンベルグがザウバーから戻ることが発表され、スーティルは押し出される形でザウバーへの移籍(2014・2015年の2年契約を結んだとされる)が発表された。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
75件中 71 - 75件表示