63件中 31 - 40件表示
  • 第18回放送映画批評家協会賞

    第18回放送映画批評家協会賞から見たエイミー・アダムスエイミー・アダムス

    エイミー・アダムス - 『ザ・マスター』 - ペギー・ドッド役第18回放送映画批評家協会賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第19回放送映画批評家協会賞

    第19回放送映画批評家協会賞から見たエイミー・アダムスエイミー・アダムス

    エイミー・アダムス - 『アメリカン・ハッスル』 - シドニー・プロッサー役第19回放送映画批評家協会賞 フレッシュアイペディアより)

  • 放送映画批評家協会賞

    放送映画批評家協会賞から見たエイミー・アダムスエイミー・アダムス

    助演女優賞:エイミー・アダムス (ジューンバッグ)/ミシェル・ウィリアムズ (ブロークバック・マウンテン)放送映画批評家協会賞 フレッシュアイペディアより)

  • her/世界でひとつの彼女

    her/世界でひとつの彼女から見たエイミー・アダムスエイミー・アダムス

    エイミー - エイミー・アダムス(園崎未恵)her/世界でひとつの彼女 フレッシュアイペディアより)

  • デニス・オヘア

    デニス・オヘアから見たエイミー・アダムスエイミー・アダムス

    演技派としても知られ、これまでにリチャード・グリーンバーグの『Take Me Out』という舞台劇でトニー賞に輝いているほか、2005年にはブロードウェイミュージカルの『Sweet Charity』にてドラマ・デスク・アワードも授与された。そのほか、スティーヴン・ソンドハイムによるミュージカル『アサシンズ』へ出演して2004年のトニー賞候補にも挙がった。母親譲りの歌唱力を生かして、そのほかにも様々な舞台を踏んでいる。映画においても様々な役柄で出演しており、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の『21グラム』や、ショーン・ペンが二度目のアカデミー主演男優賞を受賞した『ミルク』、クリント・イーストウッド監督の『チェンジリング』、レオナルド・ディカプリオが主演した『J・エドガー』などがある。2012年に、ニューヨークのパブリック・シアターにおいて、スティーヴン・ソンドハイムのミュージカル『イントゥ・ザ・ウッズ』ではエイミー・アダムスらとも共演した。デニス・オヘア フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマンの映画作品

    スーパーマンの映画作品から見たエイミー・アダムスエイミー・アダムス

    2008年に『ダークナイト ライジング』の製作に参加していた、デヴィッド・S・ゴイヤーはワーナー・ブラザースが『スーパーマン』のリブートを計画していることを知り、自身のアイディアをクリストファー・ノーランに話した。ゴイヤーのコンセプトに感銘を受けたノーランは2010年2月にスタジオにアイデアを売り込んだ。『ダークナイト』の成功により、スタジオから信頼を得ていたノーランとゴイヤーは、プロデューサーと脚本家として雇われた。ノーランは『スーパーマン リターンズ』をリチャード・ドナーを賞賛しており、また『バットマン ビギンズ』で豪華キャストを起用した理由として『スーパーマン』を挙げ、「(マーロン・)ブランドとグレン・フォードとネッド・ビーティと全ての素晴らしい役者がいた」「当時のスーパーヒーロー映画としてはエキゾチックなアイデアだった」と語っている。ドナーの映画は子供時代の彼に影響を与え、それは「叙事詩的な映画とは何か、子供のころの試金石の一つ」であった。リブート版の監督としてギレルモ・デル・トロへ話が持ちかけられたが、彼は当時『狂気山脈』の映画化契約があったために断り、またロバート・ゼメキスにも声がかけられていた。さらにベン・アフレックが監督候補になっているという噂が流れ、アフレックはそれを否定しなかったが、「私が学んだのは、映画で重要なのは製作費にいくら掛けるや何処で撮影するかではない。ストーリこそが重要だ」と述べた。他にダーレン・アロノフスキー、ダンカン・ジョーンズ、ジョナサン・リーベスマン、マット・リーヴス、トニー・スコットが監督候補に挙がったが、2010年10月に最終的にザック・スナイダーが雇われた。キャスティングは11月より開始された。スーパーマン役はヘンリー・カヴィルに決まった。スーパーマンをアメリカ人以外の俳優が演じるのは史上初めてである。エイミー・アダムスはロイス・レイン、ダイアン・レインがマーサ・ケント、ケビン・コスナーがジョナサン・ケント、マイケル・シャノンが悪役のゾッド将軍、ラッセル・クロウがスーパーマンの実父のジョー=エルを演じる。またドイツ人女優のアンチュ・トラウェが悪役のファオラを演じる。撮影はで行われ、タイトルは『Man of Steel』となり、2013年に劇場公開された。本作はまたIMAXでも上映される。スーパーマンの映画作品 フレッシュアイペディアより)

  • 第11回オクラホマ映画批評家協会賞

    第11回オクラホマ映画批評家協会賞から見たエイミー・アダムスエイミー・アダムス

    エイミー・アダムス - 『メッセージ』、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』、『ノクターナル・アニマルズ』第11回オクラホマ映画批評家協会賞 フレッシュアイペディアより)

  • 幸せへのキセキ

    幸せへのキセキから見たエイミー・アダムスエイミー・アダムス

    2010年6月にマット・デイモンの出演が決まった。2010年11月、ケリー・フォスター役にスカーレット・ヨハンソン、エイミー・アダムス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、レイチェル・マクアダムスが候補に挙がっていると報じられ、数日後にヨハンソンの出演が実現した。幸せへのキセキ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・マスター

    ザ・マスターから見たエイミー・アダムスエイミー・アダムス

    『ザ・マスター』(The Master)は、ポール・トーマス・アンダーソン監督・脚本・共同製作による2012年のアメリカ映画。主演はホアキン・フェニックス、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス。アメリカ合衆国とカナダでは2012年9月14日にワインスタイン・カンパニー配給で公開される。プレミア上映は第69回ヴェネツィア国際映画祭で行われる。ザ・マスター フレッシュアイペディアより)

  • 第17回放送映画批評家協会賞

    第17回放送映画批評家協会賞から見たエイミー・アダムスエイミー・アダムス

    "Life's a Happy Song" - 歌: ジェイソン・シーゲル、エイミー・アダムス、ウォルター; 作詞: ブレット・マッケンジー - 『ザ・マペッツ』第17回放送映画批評家協会賞 フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「エイミー・アダムス」のニューストピックワード