577件中 91 - 100件表示
  • エスタディオ・モヌメンタル・イシドロ・ロメロ・カルボ

    エスタディオ・モヌメンタル・イシドロ・ロメロ・カルボから見たエクアドルエクアドル

    エスタディオ・モヌメンタル・イシドロ・ロメロ・カルボ(Estadio Monumental Isidro Romero Carbo)はエクアドルのグアヤキルに本拠地を置くバルセロナSCのホームスタジアムである。収容人数は59.283名。2008年に命名権制度が導入され、ピチンチャ銀行が命名権を取得した。エスタディオ・モヌメンタル・イシドロ・ロメロ・カルボ フレッシュアイペディアより)

  • ボリーバル県

    ボリーバル県から見たエクアドルエクアドル

    このうち、エクアドルのボリーバル県は「ボリーバル州」とも訳される。ペルーとボリビアにもProvincia de Bolívarがあるが、これはDepartamentoの下位区分で、また面積・人口とも日本の基礎自治体レベルのため「ボリーバル県」とは訳されない。ボリーバル県 フレッシュアイペディアより)

  • ハーフビーク (潜水艦)

    ハーフビーク (潜水艦)から見たエクアドルエクアドル

    カリブ海およびパナマ運河地帯からエクアドル、コロンビアまでのラテンアメリカ沿岸での整調後、ハーフビークは第8潜水戦隊に所属しコネチカット州ニューロンドンを拠点として3年間を訓練および艦隊演習に費やした。1949年9月12日にポーツマス海軍造船所に入渠し、GUPPY II 改修が行われた。この改修によりシュノーケルが装備され水中での行動時間が拡大し、船体構造も流線型に改良された。ハーフビークは1950年1月13日にポーツマスを出航し、ニューロンドンで研究開発グループに配備された。新型音響機材の試験期間中の1951年冬、ハーフビークはイギリス海域に巡航し、ヤンマイエン島沖で活動した。ハーフビーク (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • プランジャー (SS-179)

    プランジャー (SS-179)から見たエクアドルエクアドル

    プランジャーは1937年4月15日にを出航し、グアンタナモ湾、パナマ運河地帯、エクアドルのグアヤキルを巡航した。ポーツマスでの整調後改修を終えると、11月にサンディエゴを出航し第6潜水戦隊第14潜水小艦隊に合流する。続く数年間をサンディエゴ海域での作戦活動に費やし、プランジャーは1938年3月15日にダッチハーバーで潜水母艦ホーランド (USS Holland, AS-3) および他の5隻の潜水艦と合流した。その後数年間、パナマおよびハワイ沖で訓練巡航を行い、1941年11月30日に真珠湾に到着。12月8日の真珠湾攻撃時には、艦長デヴィッド・C・ホワイト少佐(アナポリス1927年組)の指揮下、ダイヤモンドヘッド沖を巡行中であった。プランジャー (SS-179) フレッシュアイペディアより)

  • マルセル・ベルナール

    マルセル・ベルナールから見たエクアドルエクアドル

    1945年に第2次世界大戦が終結し、1946年からテニス4大大会も開催が再開された。マルセル・ベルナールは9年のブランクを経て、32歳という年齢で全仏選手権に復帰する。彼自身はイボン・ペトラとのダブルスのみに出場する予定で、シングルスに出るつもりはなかったというが、周囲の説得でシングルス出場を決めた。終戦後最初の全仏選手権で、ベルナールは男子シングルス・男子ダブルスの2冠獲得を成し遂げた。初進出のシングルス決勝では、チェコスロバキアのヤロスラフ・ドロブニーに 3-6, 2-6, 6-1, 6-4, 6-3 の逆転勝利を収めた。ペトラとの男子ダブルスでは、エンリケ・モレア(アルゼンチン)&パンチョ・セグラ(エクアドル)組に 7-5, 6-3, 0-6, 1-6, 10-8 で競り勝ち、ベルナールは男子ダブルスで1936年以来10年ぶり2度目の優勝を果たした。ベルナール以後、1983年全仏オープンでヤニック・ノアが優勝するまで、37年間フランス人の男子シングルス優勝者は現れなかった。終戦によりデビスカップも再開され、ベルナールは9年ぶりにフランス代表復帰を果たす。この年、彼は当時の男子テニス世界ランキングで「5位」に入った。マルセル・ベルナール フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の政治

    2000年の政治から見たエクアドルエクアドル

    1月5日 - (エクアドル)非常事態宣言。2000年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • エクアドルの軍事

    エクアドルの軍事から見たエクアドルエクアドル

    エクアドルの軍事(エクアドルのぐんじ)では、エクアドルの軍事について述べる。エクアドルの軍事 フレッシュアイペディアより)

  • パンチョ・ゴンザレス

    パンチョ・ゴンザレスから見たエクアドルエクアドル

    プロ選手に転向した当初の時期は、ゴンザレスはプロテニス界の“皇帝”と呼ばれたジャック・クレーマーに歯が立たなかった。しかしクレーマーが1954年に引退した後、ゴンザレスはプロテニスツアーの興行を盛り上げる存在になる。彼の名前がプログラムに載ることは、当時の観客動員に不可欠な要素となった。当時のプロ選手たちには別のトーナメント群があり、「全米プロテニス選手権」(US Pro)/「ウェンブリー・ワールド・プロテニス選手権」(Wembley World Pro)/「全仏プロテニス選手権」(French Pro)が彼らの主要な戦いの場であった。ゴンザレスは「全米プロテニス選手権」で男子シングルス8勝、男子ダブルス5勝の大会最多優勝記録を残し、「ウェンブリー・ワールド・プロ」でも4度の優勝があるが、「全仏プロテニス選手権」は3度の準優勝で止まった。彼の最大の親友はエクアドルのフランシスコ・オレガリオ・セグラ(Francisco Olegario Segura)で、セグラもゴンザレスと同じ“パンチョ”のニックネームをつけられて「パンチョ・セグラ」と呼ばれるようになった。ゴンザレスはプロテニスツアーで先輩選手のドン・バッジや、オーストラリアの実力者になったフランク・セッジマン、ケン・ローズウォール、ルー・ホード、ロッド・レーバーらと戦ったが、1964年の全米プロテニス選手権では決勝でレーバーに敗れ、9度目の優勝を逃している。しかし、ゴンザレスのキャリアはここで終わらなかった。パンチョ・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • 走出去

    走出去から見たエクアドルエクアドル

    表外にも中国の三大国有石油企業(中国石油天然気集団公司(CNPC、子会社に中国石油天然気(ペトロチャイナ))、中国石油化工(Sinopec、子会社に中国石油化工集団公司(シノペック))、中国海洋石油総公司(CNOOC)は旧ソ連諸国(ロシア、カザフスタン、アゼルバイジャンなど)、中東(イラン、オマーン、サウジアラビア、シリアなど)、アフリカ諸国(スーダン、アルジェリア、ナイジェリア、アンゴラなど)、北中南米(カナダ、ベネズエラ、エクアドル、ブラジルなど)にも多くの利権獲得をしている。走出去 フレッシュアイペディアより)

  • アルフレド・パラシオ

    アルフレド・パラシオから見たエクアドル共和国エクアドル

    ルイス・アルフレド・パラシオ・ゴンザレス(Luis Alfredo Palacio González 、1939年1月22日 - ) は、前エクアドル共和国大統領、政治家、心臓医学者。アルフレド・パラシオ フレッシュアイペディアより)

577件中 91 - 100件表示

「エクアドル」のニューストピックワード