577件中 11 - 20件表示
  • インカ帝国

    インカ帝国から見たエクアドルエクアドル

    インカ帝国(インカていこく、スペイン語:Imperio Inca、正式名称:タワンティン・スウユ(Tawantin Suyu, Tahuantinsuyo))は、南アメリカのペルー、ボリビア(チチカカ湖周辺)、エクアドルを中心にケチュア族が作った国。前身となるクスコ王国は13世紀に成立し、1438年のパチャクテク即位による国家としての再編を経て、1533年にスペイン人のコンキスタドールに滅ぼされるまで続いた。最盛期には、80の民族と1,600万人の人口をかかえ、現在のチリ北部から中部、アルゼンチン北西部、コロンビア南部にまで広がっていた。首都はクスコ。インカ帝国 フレッシュアイペディアより)

  • 先コロンブス期

    先コロンブス期から見たエクアドルエクアドル

    紀元後最初の千年紀までに、南アメリカの広大な熱帯雨林、山岳、平原および海岸には1,000万人が住むようになっていた。中には恒久的開拓地を形成した集団もあった。そのような集団には、チブチャ(あるいはムイスカ)、バルディビアおよびタイロナがいた。コロンビアのチブチャ、エクアドルのバルディビア、ペルーのケチュアおよびボリビアのアイマラが、南アメリカで最も重要な4つの定住型インディアン集団だった。先コロンブス期 フレッシュアイペディアより)

  • 近代における世界の一体化

    近代における世界の一体化から見たエクアドルエクアドル

    ラテンアメリカの諸地域では、18世紀末のアメリカ合衆国の独立およびフランス革命やハイチ革命の影響を受け、自由主義思想が流入し、折からスペインによる貿易の統制を嫌い、自由貿易を求めていたクリオージョ(現地生まれの白人)達の間で独立の気運が高まった。1808年の半島戦争によって本国スペインがナポレオン帝国に服し、また大陸封鎖令によって南北アメリカと旧宗主国との連絡が途絶えて自立化が促された。イスパノアメリカ(スペイン語圏アメリカ)のベネズエラ、エクアドル、ボリビア、コロンビア、アルゼンチン、チリ、メキシコなどでは、1809年から1810年にかけてクリオージョの大地主と貿易商人が主導権を握ってナポレオンに服属したスペイン政府からの自治を宣言した。アメリカ合衆国は米英戦争によってイギリスからの政治的独立に続いて経済的自立を図った。近代における世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • ドゥルセ・デ・レチェ

    ドゥルセ・デ・レチェから見たエクアドルエクアドル

    アルゼンチン、チリ、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジルを中心に、ボリビア、ペルー、エクアドル、コロンビア、ベネズエラ、パナマ、コスタリカ、エルサルバドル、ホンジュラス、グアテマラ、メキシコ、ドミニカ共和国などで広く食されている。ドゥルセ・デ・レチェ フレッシュアイペディアより)

  • 南アメリカのスポーツ

    南アメリカのスポーツから見たエクアドルエクアドル

    ブラジルのペレ、ロナウド、ロナウジーニョ、アルゼンチンのマラドーナ、アルフレッド・ディ・ステファノ、メッシ、ペルーのテオフィロ・クビジャス、ウルグアイのエンツォ・フランチェスコリ、パラグアイのアルセニオ・エリコ、コロンビアのカルロス・バルデラマ、チリのエリアス・フィゲロア、エクアドルのアレックス・アギナガなど、南米は数多くの国際的トップ・プレーヤーを生み出してきた。また、多くの選手が報酬と知名度を求めてヨーロッパのプロリーグでプレーしている。南アメリカのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ムスター

    トーマス・ムスターから見たエクアドルエクアドル

    その逆境を乗り越えて、1990年には男子ツアーでシングルス3勝を挙げ、全仏オープンでアンドレス・ゴメス(エクアドル)との準決勝に進んだ。1990年は、オーストリアがデビスカップでチーム最高成績となる「ワールドグループ」準決勝進出を果たした年でもある。この活躍を評価されて、1990年度の男子プロテニス協会「カムバック賞」(Comeback of the Year)を受賞した。1992年はバルセロナ五輪にもオーストリア代表選手として出場したが、シングルス1回戦でフランス代表のアンリ・ルコントに敗退した。トーマス・ムスター フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホセ・デ・スクレ

    アントニオ・ホセ・デ・スクレから見たエクアドルエクアドル

    ベネズエラ東部のクマナで生まれ、スペイン領アメリカの独立戦争の勃発とともに独立派の軍に入り、士官としてベネズエラ東部で戦歴を重ねた。1819年に准将になり、1820年にはスペイン軍とコロンビア(大コロンビア)軍の休戦にあたって戦争規制条約を結んだ。1821年にエクアドルの独立派の救援に赴き、翌年ピチンチャの戦いでこの地のスペイン軍を破った。1823年からはペルーの独立派を援け、1824年にアヤクチョの戦いで南米独立戦争の最終的な勝利を決した。この戦功で大元帥になった。ボリバルとともにボリビアの建国にあたり、1826年から1828年まで同国の大統領を務めた。1828年に当時コロンビア領だったキトに住み、ペルー軍の侵攻をタルキの戦いで阻止した。1830年にコロンビアの国会議長になったが、同年に暗殺された。アントニオ・ホセ・デ・スクレ フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ジャッジ

    マイク・ジャッジから見たエクアドル共和国エクアドル

    マイク・ジャッジ(Mike Judge、1962年10月17日 - )は、エクアドル共和国・グアヤキル生まれの俳優、声優、アニメーター、ミュージシャン、プロデューサー、映画監督である。マイク・ジャッジ フレッシュアイペディアより)

  • 高山気候

    高山気候から見たエクアドルエクアドル

    通常、標高が100m高くなるごとに気温は0.6℃下がる。この気温の逓減率により、この気候帯に属する高地では同緯度の低地よりも気温が低くなる。低緯度地域では気温の年較差が小さいという低地の熱帯気候の特徴を保ったまま全体的に気温が下がるため緯度の割には1年を通じて涼しい、いわゆる「常春」と呼ばれる気候になる。例えばエクアドルの首都キトは赤道直下に位置するにもかかわらず標高2800mを超える高地に位置しているため、月平均気温は1年中13.5℃前後でほとんど変化が無い。高山気候 フレッシュアイペディアより)

  • 干し首

    干し首から見たエクアドルエクアドル

    かつては首狩りを実践していた多数の部族の風習として干し首が作られていた。最も有名な例としては、現在のエクアドルとペルーにあたる地域に住んでいたヒバロー族あるいはシュアール族の干し首が挙げられる。シュアール族の間では、干し首はツァンツァの名で呼ばれていた。干し首の製作には宗教的な意義があり、ヨーロッパ人との交易用に非宗教的な干し首も作られたが、宗教的な干し首と非宗教的な干し首とは明確に区別されていた。干し首 フレッシュアイペディアより)

577件中 11 - 20件表示

「エクアドル」のニューストピックワード