577件中 31 - 40件表示
  • エルニーニョ・南方振動

    エルニーニョ・南方振動から見たエクアドルエクアドル

    エルニーニョ現象(スペイン語:El Niño)はスペイン語で「男の子」の意味である。「エルニーニョ(El Niño)」というのはもともと、南米のペルーとエクアドルの間に位置するグアヤキル湾やその近海の太平洋東部で、毎年12月頃に発生する海水温の上昇現象を指していた。これは南東貿易風の弱化に対応して現れる暖流(エルニーニョ海流)によって発生する。地元の漁業民の間では、この時期がちょうどクリスマスの頃であることから、スペイン語でイエス・キリストを指す(と同時に「男の子」を意味する)「エルニーニョ(El Niño)」と呼んだ。これが原義にあたる。そして数年に1度、この海水温の上昇現象が大規模に発生し、太平洋東部の広範囲に及んで、ペルーの大雨や南米西岸の大不漁、さらにオセアニア・アジア・北米にまで波及する天候の異常が報告されるようになり、海洋学者や気象学者の間ではこれを原義たる「エルニーニョ(El Niño)」から引用して「エルニーニョ現象(El Niño event)」と呼ぶようになった。厳密に言えば、両者は異なる別の現象である。ただし、原義がほとんど知られていないことから、便宜的に「エルニーニョ」が「エルニーニョ現象」の意味で用いられることが多い。エルニーニョ・南方振動 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス諸島

    ガラパゴス諸島から見たエクアドルエクアドル

    ガラパゴス諸島(ガラパゴスしょとう、)は、東太平洋上の赤道下にあるエクアドル領の諸島。Islas Galápagos は「ゾウガメの島」という意味。ガラパゴス諸島の由来は、ゾウガメの甲羅が馬の鞍に似ていることからスペイン語で馬の鞍を意味する galápago からきている。正式名称はコロン諸島()で「コロンブスの群島」を意味する。行政面ではガラパゴス県にある。約2万3千人が居住し、主要言語はスペイン語。ガラパゴス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2008年

    訃報 2008年から見たエクアドルエクアドル

    10月13日 - アントニオ・ホセ・ゴンサレス・スマラガ(Antonio José González Zumárraga)、エクアドルの枢機卿(* 1925年)訃報 2008年 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たエクアドルエクアドル

    コロンビア革命軍(コロンビアかくめいぐん、西:Fuerzas Armadas Revolucionarias de Colombia)は、コロンビアの反政府左翼ゲリラである。スペイン語の正式名称から通称はFARC。中南米最大の反政府武装組織であり、活動地域はコロンビア国内のみならず、ベネズエラ、パナマ、ペルー、ブラジル、エクアドルなどの周辺国へも広がっている。農民主体のゲリラであるにも関わらず、幹部にはインテリも含まれ、組織のホームページを運用(現在は閉鎖中)し情報収集活動も行っている。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年

    2008年から見たエクアドルエクアドル

    エクアドル政府、コロンビアが左翼ゲリラ『コロンビア革命軍』の掃討作戦をエクアドル領土内で行ったことに強く反発、国交断絶をコロンビア政府に通告。2008年 フレッシュアイペディアより)

  • ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約

    ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約から見たエクアドルエクアドル

    1962年10月にキューバ危機が起こり、カリブ海が極度の軍事的な緊張状態となった。この事件を契機にラテンアメリカの非核化が模索された。事件直後の12月の国際連合総会で、ブラジル、ボリビア、チリ、エクアドルの4か国からラテンアメリカ非核化決議案が提出され、メキシコも加って1963年4月にラテンアメリカ非核化に関する共同宣言を発表した。この内容をもとにメキシコ主導で条約作成作業が行われ、1967年にラテンアメリカ14か国がトラテロルコ条約に調印した。ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約 フレッシュアイペディアより)

  • LGBT史年表

    LGBT史年表から見たエクアドルエクアドル

    エクアドルが同性愛を非犯罪化する。LGBT史年表 フレッシュアイペディアより)

  • ワイナ・カパック

    ワイナ・カパックから見たエクアドルエクアドル

    ワイナ・カパック(、:すばらしい若者、?-1527年、在位1493年-1527年)は、インカ帝国の11代サパ・インカ(皇帝)(上王朝6代目)である。父は10代インカ皇帝トゥパック・インカ・ユパンキ、母は現エクアドル南部のカニャーリ族の女と言われている。インカ皇族は通常兄と妹による近親結婚によって生まれた一族であり、最も有力な後継者候補は、この近親結婚により産まれた皇子になるが、父帝の正妻に皇子がなく、側室の子ながら父の後を継ぎ即位したと言われている。王妃はラワ・オクリョ。子にニナン・クヨチ、12代ワスカル、13代アタワルパ、14代トゥパック・ワルパ、15代マンコ・インカ・ユパンキ、パウリュ・トゥパック・ユパンキがいる。ワイナ・カパック フレッシュアイペディアより)

  • シカン文化

    シカン文化から見たエクアドルエクアドル

    前期シカン時代はおよそ750年に始まり、900年に終わった。シカンはおそらくモチェ文化(800年頃滅亡)の末裔であり、遺物の文様に共通性を持つ。他の類似したグループにカハマルカ、ワリ、パチャカマックがある。遺物からは、シカン文化の人々がエクアドルからウミギクガイやイモガイなどの大型貝類、北のコロンビアからエメラルドと琥珀、南のチリから青石、東のマラニョン川流域の金の交易網を保持していたことが分かる(ランバイエケ文化はこれらの人々の一部であった)。このようにシカン文化の優れた品質の土器やナイペと呼ばれる通貨を貝や鉱物等と交換し、周辺の異文化との交易が盛んであったと考えられている。シカン文化 フレッシュアイペディアより)

  • ネガティブ技法

    ネガティブ技法から見たエクアドルエクアドル

    エクアドルの中部海岸で紀元前300年から紀元後700年頃に栄えたとみられる土偶で知られるバイア(Bahía)文化、同時期にエクアドル南高地で栄えたトゥンカワン(Tuncahán)文化、チリのエル・モイエ(El Molle)文化(紀元前後-700年)の土器にもこの技法がみられる。ネガティブ技法 フレッシュアイペディアより)

577件中 31 - 40件表示

「エクアドル」のニューストピックワード