810件中 41 - 50件表示
  • キト

    キトから見たエクアドルエクアドル

    キト()は、エクアドル共和国の首都。グアヤキルに次いで人口が多い。南米有数の世界都市。人口は2,671,191人(2014年国勢調査)。キトの北23kmに赤道記念碑ミッター・デル・ムンドがあり、線で赤道の位置が示されているが、実際の赤道とは誤差がある。キト フレッシュアイペディアより)

  • 南米諸国連合

    南米諸国連合から見たエクアドルエクアドル

    南米諸国連合(なんべいしょこくれんごう、UNASUR: 、、、)は、2007年に結成された「同一通貨、同一パスポート、一つの議会」を目指す南アメリカの政府間機構。南米国家共同体(なんべいこっかきょうどうたい)ともいう。本部はエクアドルのキト、南米議会はボリビアのコチャバンバに所在。南米諸国連合 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の政治

    2000年の政治から見たエクアドルエクアドル

    1月5日 - エクアドルで非常事態宣言。2000年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ニコラス・ラペンティ

    ニコラス・ラペンティから見たエクアドルエクアドル

    ニコラス・アレクサンダー・ラペンティ・ゴメス(Nicolás Alexander Lapentti Gómez, 1976年8月13日 - )は、エクアドル・グアヤキル出身の男子プロテニス選手。1999年の全豪オープン男子シングルスでベスト4に入った選手で、エクアドルのテニス選手として1990年の全仏オープン優勝者アンドレス・ゴメス以来の世界ランキングトップ10入りを果たした選手である。自己最高ランキングはシングルス6位、ダブルス32位。ATPツアーでシングルス5勝、ダブルス3勝を挙げた。身長188cm、体重86kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。アンドレス・ゴメスとは親族関係でもあり、ゴメスはラペンティの母親のいとこにあたる。弟のもプロテニス選手になった。ニコラス・ラペンティ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥルセ・デ・レチェ

    ドゥルセ・デ・レチェから見たエクアドルエクアドル

    アルゼンチン、チリ、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジルを中心に、ボリビア、ペルー、エクアドル、コロンビア、ベネズエラ、パナマ、コスタリカ、エルサルバドル、ホンジュラス、グアテマラ、メキシコ、ドミニカ共和国などで広く食されている。ドゥルセ・デ・レチェ フレッシュアイペディアより)

  • 盲人、視覚障害者その他の印刷物の判読に障害のある者が発行された著作物を利用する機会を促進するためのマラケシュ条約

    盲人、視覚障害者その他の印刷物の判読に障害のある者が発行された著作物を利用する機会を促進するためのマラケシュ条約から見たエクアドルエクアドル

    2009年3月に開催された第18回世界知的所有権機関(WIPO)著作権及び著作隣接権に関する常設委員会 (Standing Committee on Copyright and Related Rights, SCCR) において、ブラジル、エクアドル、パラグアイから世界盲人連合による条約案 (SCCR/18/5) の提示を受けた。その後、議論が続けられ、2013年6月17日から28日までモロッコのマラケシュで本条約採択のための外交会議が開催された。盲人、視覚障害者その他の印刷物の判読に障害のある者が発行された著作物を利用する機会を促進するためのマラケシュ条約 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホセ・デ・スクレ

    アントニオ・ホセ・デ・スクレから見たエクアドルエクアドル

    ベネズエラ東部のクマナで生まれ、スペイン領アメリカの独立戦争の勃発とともに独立派の軍に入り、士官としてベネズエラ東部で戦歴を重ねた。1819年に准将になり、1820年にはスペイン軍とコロンビア(大コロンビア)軍の休戦にあたって戦争規制条約を結んだ。1821年にエクアドルの独立派の救援に赴き、翌年でこの地のスペイン軍を破った。1823年からはペルーの独立派を援け、1824年にで南米独立戦争の最終的な勝利を決した。この戦功で大元帥になった。ボリバルとともにボリビアの建国にあたり、1826年から1828年まで同国の大統領を務めた。1828年に当時コロンビア領だったキトに住み、ペルー軍の侵攻をで阻止した。1830年にコロンビアの国会議長になったが、同年に暗殺された。アントニオ・ホセ・デ・スクレ フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・スノーデン

    エドワード・スノーデンから見たエクアドルエクアドル

    2013年6月22日、米司法当局により逮捕命令が出され、エクアドルなど第三国への亡命を検討しているとされていたが、同年8月1日にロシア移民局から期限付きの滞在許可証が発給されロシアに滞在中である。2014年1月、ノルウェーの元環境大臣からノーベル平和賞候補に推薦された。エドワード・スノーデン フレッシュアイペディアより)

  • 西宮伸一

    西宮伸一から見たエクアドルエクアドル

    東京都出身。彼の父である西宮一も外交官で、駐ザンビア特命全権大使、衆議院事務局渉外部長、駐エクアドル特命全権大使を歴任した。西宮伸一 フレッシュアイペディアより)

  • ジュリアン・アサンジ

    ジュリアン・アサンジから見たエクアドルエクアドル

    2010年11月下旬、エクアドルの外務副長官Kintto Lucasは「無条件だ。ならば彼はインターネットに留まらず、さまざまな形のパブリックフォーラムで自由に情報を提供し、あらゆる資料を保有できる」と語り、アサンジに居住を提供する構えを見せた。副長官は、アサンジと対話を始めることがエクアドルの利益に繋がると考えた。11月30日、外務長官Ricardo Patinoは提案について「法的、外交的見地から調査する必要がある」との立場を示した。その数時間後、ラファエル・コレア大統領はウィキリークスは「米国法を破り、このような類の情報をリークするという過ちを犯した。正式な提案を行ったことはない」と述べた。大統領はLucasの提案は「彼自身の利益のため」のものだったとした。大統領はエクアドルが公電の流出により受ける影響の調査を開始するという。ジュリアン・アサンジ フレッシュアイペディアより)

810件中 41 - 50件表示

「エクアドル」のニューストピックワード